本文へスキップ

MEI指数の推移・時系列・見方をわかりやすく解説

米国の経済活動の活発さをリアルタイムで測る指数です。実質GDPなどマクロ経済指標に先行しやすい傾向があります。

MEI指数Mobility and Engagement Index

<スマホ対応>
https://stock-marketdata.com/



2021年

MEI指数(ダラス連銀)

  • 時系列:小数点第3位以下は切り捨て
  • ダラス連銀(ダラス連邦準備銀行)公表
  • 全米規模分のMEI指数を掲載しています
  • 毎週水曜日(現地時間)公表

用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


MEI指数とは

MEI指数(読み方:めいしすう|英語:Mobility and Engagement Index)とは、「ダラス連銀MEI指数」や「行動指数」とも呼ばれる、米国(アメリカ)のダラス連銀(ダラス連邦準備銀行)が公表している、モバイルデバイス(スマートフォン)の大規模なサンプルから収集されたGPSデータ(地理的位置データ)に基づいて、7つの異なる変数で情報を要約し、人々の移動履歴を数値化した指数です。


MEI指数で何がわかる?MEI指数の見方

MEI指数は、スマホのGPSデータから人々の移動履歴を数値化した指数ですので、MEI指数を見れば経済活動の活発さを即時的に測る指数です。MEI指数の数値が上昇していれば経済活動が活発・改善している、低下していれば鈍化していることを示します。

適切な金融政策財政政策、および人々の健康に対する政策の対応を評価するには、生産量と雇用の短期的な予測が重要です。MEI指数は、モビリティ(移動性・可動性)を示す適切な指数として、経済的影響に関するリアルタイムの洞察を測るために開発されました。






MEI指数は先行指標になる

通常、経済予測の各データは経済活動に関する月次または四半期のデータで、これらのデータは数週間後、または数か月後に公表されます。ゆえに、経済活動の急激な回復、あるいは減速をリアルタイムで測定することができません。しかし、2020年に新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミックの発生によって人的および経済的被害が増大し、経済活動の急激な減速をリアルタイムで測定することが急務であることが明らかになったため、ダラス連銀はMEI指数を開発しました。MEI指数は、新型コロナウィルス(COVID-19)によって誘発される通常の移動行動からの逸脱を測定する指数です。

MEI指数は先行指標としても捉えられています。実質GDP、失業保険継続受給数など、マクロの経済指標に先行しやすい傾向があります。


MEI指数の開発者

MEI指数は、ビジネスエコノミストのTylerAtkinson、シニアリサーチエコノミストのJim Dolmas、Christoffer Koch、Evan Koenig、経済政策顧問のKarel Mertens、Anthony Murphy、ダラス連邦準備銀行副社長のKei-MuYiによって開発されました。


MEI指数の各年比較チャート

MEI指数のチャート(2021年)



MEI指数のチャート(2020年)







時系列(2021年)

日付 MEI指数
1.9 -30.48
1.8 -45.45
1.7 -60.99
1.6 -64.00
1.5 -63.02
1.4 -49.91
1.3 -37.77
1.2 -34.52
1.1 -98.33

時系列(2020年)

日付 MEI指数
12.31 -75.03
12.30 -66.28
12.29 -65.99
12.28 -56.23
12.27 -27.73
12.26 -34.29
12.25 -96.85
12.24 -78.35
12.23 -57.46
12.22 -54.35
12.21 -45.58
12.20 -21.90
12.19 -21.29
12.18 -40.95
12.17 -66.14
12.16 -60.17
12.15 -54.91
12.14 -48.18
12.13 -27.76
12.12 -25.15
12.11 -38.29
12.10 -49.74
12.9 -55.09
12.8 -54.86
12.7 -47.55
12.6 -26.96
12.5 -23.46
12.4 -37.06
12.3 -54.71
12.2 -53.44
12.1 -57.10
11.30 -51.64
11.29 -30.36
11.28 -25.41
11.27 -54.14
11.26 -96.89
11.25 -62.17
11.24 -52.71
11.23 -44.34
11.22 -26.47
11.21 -21.39
11.20 -37.74
11.19 -51.15
11.18 57.50
11.17 -54.29
11.16 -45.36
11.15 -26.95
11.14 -22.47
11.13 -34.48
11.12 -55.50
11.11 -59.80
11.10 -56.86
11.09 -39.89
11.08 -23.04
11.07 -19.58
11.06 -34.30
11.05 -51.20
11.04 -50.58
11.03 -58.43
11.02 -44.78
11.01 -31.91

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。


ナビゲーション










バナースペース


Infomation

当サイトは、上記バナーの各サイト

  • 株初心者のための株式投資と相場分析方法
  • 株式投資大百科
  • 投資戦略
  • 初心者のための仮想通貨専門サイト

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。

https://stock-marketdata.com/


charTrade(チャートレード)


charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、姉妹サイト「投資戦略」で展開中!