本文へスキップ

日本と米国(アメリカ)の金利差・時系列・ドル円との比較と金利差をわかりやすく解説

日米金利差(2年債・10年債・30年債)JAPAN-USA

<スマホ対応>
https://stock-marketdata.com/



2020年

日米金利差(日本と米国の金利差)


日本国債利回りと米国(アメリカ)国債利回りの推移

日本国債利回り(2年債・10年債・30年債)の推移と、米国債利回り(2年債・10年債・30年債)の推移は、当サイトの以下のページで確認できます。当ページでは、その金利差(利回り差)の推移を掲載しています。


用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


金利とは(わかりやすく簡単に解説)

金利とは、資金の貸借料・使用料のことです。簡単に言えば「お金のレンタル料」です。お金は、自由にモノを買ったり、サービスを受けたりできるものですので、お金を貸すということは、お金を貸した側からすればお金を返してもらうまでその自由が奪われるので、金利はその対価として払うものです。一方、お金を借りた側は、お金がなければできなかったことができるようになりますので、その対価として金利を払うことになります。金利は「年率」で表されるのが約束事ですので、通常は年率は省かれて表記されます。年率とは、元本を一年間運用する、あるいは借りることによってつく金利を意味します。

金利は、お金に対する需給(需要と供給)で変動します。お金を借りたい人が増えれば、お金への需要が高まりますので金利は上昇します。金利が高くてもお金を借りたい人がたくさんいる、ということです。逆に、相対的にお金を借りたい人が減れば、お金への需要が少なくなりますので金利は低下します。このように、市場で需要と供給によって変動する金利を「市中金利(市場金利)」と言います。

金利は、お金を貸し出す期間が長くなれば高くなることが一般的です。長く貸し出すと、貸した側はその長い期間お金を使う自由が奪われますので、金利が高くなるのです。逆に、お金を借りた側は長い期間お金を自由に使えますので、その対価としての金利を多く払わなければならない、ということになります。


長期金利とは・短期金利とは

金利は、期間が長ければ「長期金利」、短ければ「短期金利」に大別されます。現在は、1年以上であれば長期金利、1年未満であれば短期金利としています(一般的には短期金利より長期金利の方が金利は高くなります)。

長期金利は、その国の潜在成長率によってある程度決まるとされています。そして、短期金利は、政策金利によって中央銀行が誘導しています。






政策金利とは(利上げと利下げの解説)

金利でまず押さえておきたいのは「政策金利」です。政策金利は、各国の中央銀行が決める金利です。日本では日本銀行が決定する「無担保コール翌日物金利」、米国(アメリカ)ではFRB(連邦準備制度理事会)が決定する「FFレート(FF金利)」がそれにあたります。

政策金利は、その国の経済に応じて引き上げられたり、引き下げられたりします。中央銀行が金利を引き上げることを「利上げ(りあげ)」、引き下げることを「利下げ(りさげ)」といいます。

中央銀行が利上げを行うということは、金利を引き上げてもいいぐらいその国の経済が良いことを示しますので、その国の通貨が魅力的になり、その国の通貨の買い要因となります。例えば、日本銀行が利上げをすれば、日本円にとっては買い要因となります(円買い要因)。FRBが利上げをすれば、ドルにとっては買い要因となります(ドル買い要因)。

逆に、中央銀行が利下げを行うということは、金利を引き下げて民間にお金を供給しなければならないぐらいその国の経済状況が悪化していることを示しますので、その国の通貨は魅力が下がって売られやすくなります。例えば、日本銀行が利下げをすれば、日本円にとっては売り要因となります(円売り要因)。FRBが利下げをすれば、ドルにとっては売り要因となります(ドル売り要因)。

ただし、これらは金融市場の環境などによって逆の動きをすることがありますので、基本的な要因ということです。

政策金利は、各国の中央銀行が決定する短期の金利誘導水準です。市中金利(市場金利)を実体経済にあった水準に誘導するための基準金利です。つまり、中央銀行が誘導したい短期金利の水準です。政策金利は、その国の中央銀行が市中の銀行にお金を貸す時の金利です。中央銀行が利上げをすれば、市中の銀行はお金が借りにくくなりますので、市場にお金が流れにくくなり、中央銀行が利下げをすれば、市中の銀行はお金が借りやすくなりますので、市場にお金が流れやすくなります。よって、利上げや利下げは、市場で需要と供給によって変動する市中金利(市場金利)にも影響してきます。


金利は「経済の体温計」

各国の金利には、政治や経済、投資家や企業の思惑、資金需給など全ての要素が織り込まれているものです。ゆえに、金利は「経済の体温計」と呼ばれています。また、為替市場では「為替のファンダメンタルズは金利」と言われるほど、投資家は為替の動向を計る際の材料としています。

さて、上記の「政策金利とは(利上げと利下げの解説)」の欄で触れましたが、政策金利はその国の通貨に魅力があるのかないのかを示します。政策金利の引き上げ(利上げ)や政策金利の引き下げ(利下げ)は、市場にお金が流れにくくなるか、市場にお金が流れやすくなるかを示しますが、為替は実際の市場にどれだけお金が流れるのかを重視しますので、投資家は市中金利(市場金利)を常に注目し、その動向を注視しています。


日米金利差の拡大縮小と為替の関係・影響をわかりやすく解説

金利で特に注目されるのが「金利差」です。当ページでは、日米金利差(日本と米国の金利差)の推移を掲載していますので、「日米金利差」と「米ドル/円」の通貨ペアについて解説します。「米ドル/円」は、以下「ドル円」と表記します。

ドル円の相場を見る場合、最も注目されるのが日米金利差です。

例えば、日本がゼロ金利の時に、米国の政策金利が引き上げられた(利上げ)場合、日米金利差は拡大します。これが意味するのは、日本は金利が取れないぐらい経済状況が悪いのに、米国は金利が取れるぐらい経済状況が良いことを示しますので、円安ドル高の要因となります。

逆に、日本がゼロ金利から転換して政策金利が引上げられたとして、米国の政策金利が据え置きの状態となった場合、日本は金利が取れるぐらい経済状況が改善してきており、米国の経済状況は横ばいということを示しますので、円高ドル安の要因となります。よって、金利差の縮小は円高ドル安要因となります。

ゆえに、為替は対象となる国(通貨ペア)同士の金利の差が拡大したのか、縮小したのかを見て動向を判断することが基本となります。ただし、これらも金融市場の環境などによって逆の動きをすることがありますし、相関しないことも多々ありますので、基本的な要因ということです。


市中金利(市場金利)が重視される

市中金利(市場金利)とは、市場の需要と供給によって変動する金利ですが、為替は実際の市場にどれだけお金が流れるのかを重視しますので、市中金利(市場金利)に注目が集まります。市中金利(市場金利)は、お金を借りたい人が増えれば、お金への需要が高まりますので上昇し、相対的にお金を借りたい人が減れば、お金への需要が少なくなりますので低下します。

市場で多くの取引があるのは「短期金融市場」です。これは1年未満のお金を貸し借りを行う市場ですが、参加者は主に銀行です。一般的に市中金利という場合は、短期金融市場の金利を指すことが多いです。一方、市場で最も注目されるのは、市中金利(市場金利)の代表格である「10年国債利回り」です。特に、米国の10年国債利回りは、世界中の投資家が注目していますので、以下でその解説をします。


米国10年国債利回りと日本10年国債利回り差の見方の解説

米国(アメリカ)の国債の中で最も注目されるのは「米国10年国債」です。

10年国債(10年物国債)とは、国の運営に必要な資金を集めるために発行する償還期限が10年の国債です。国が発行する債券ですので、信用力が高い金融商品とされており、10年国債ははほとんどの国で発行されており、残高・売買が最も活発であることから、その利回り「長期金利の指標」となっています。

ゆえに、一般的に「米国の長期金利は・・・」と言う場合、米国10年国債利回りのことを指しています。特に経済大国である米国の10年国債は、世界で最大の金融商品であり、安全資産として世界中の投資家に認識されていますので、米国10年国債利回りが上がっているのか下がっているのかを見れば、世界のお金の動きを見ることができ、リスクオン・リスクオフの状況が判断しやすくなります。

同様の見方で、日本の10年国債を「日本10年国債」といい、その利回りを「日本10年国債利回り」といいます。日本10年国債利回りは日本の長期金利の指標となっています。長期金利は、個人向けローンの金利や長期プライムレート財政投融資金利に影響するため注目度が非常に高いです。

ドル円の動向を把握する際には、米国10年国債利回りと日本10年国債利回りの差(金利差)が最も重視されます。米国10年国債利回りと日本10年国債利回りの金利差が拡大していれば円安要因となりますし、金利差が縮小していれば円高要因となります。ドル円は、この金利差に連動しやすい傾向があります。

ただし、債券市場も為替市場も先行きを見越して動きます。また、債券市場も為替市場も基本的には需給で動きますし、時々の金融政策やマネー量にも影響されますので、金利差と為替相場が必ず連動するというものではありません。それらの要因の解説は「金利差とは」のページを参照してください。


2年国債利回りと30年国債利回り

ドル円の動向を把握する際、最も注目されるのは米国10年国債利回りと日本10年国債利回りの金利差ですが、近いうちに日本・米国の金融政策が変わる場合(予測されてる場合)、2年国債利回りなど、もう少し期間の短い国債の動向を見た方がいい場合もあります。米国2年債利回りと日本2年国債利回りの金利差がドル円との相関が高い場合もあります。30年国債利回りは、住宅ローンに影響する金利で、経済の長期的な過熱・低迷を示唆します。

当ページでは参考に日米30年国債金利差を掲載していますが、金利差とドル円との相関を見る場合、長期の為替の相場との相関性は低い傾向がありますので、長いほど相関性は低いと見た方がいいです。


注意点

それぞれ国債の注意点としては、日米ともに国債の入札週は警戒されますので、相関性がなくなったり相場が不安定になりやすいので注意が必要です。また、米国債を大量に保有しているのは中国で、中国は人民元をある程度安くさせて、米国に輸出して儲けたお金で米国債を買っていますので、基本的に米国債は上がりにくくなっている状況でもあります(2019年に日本が1位となりました。以下参照)。

また、上記では「金利が高くなれば経済状況が良い」と書きましたが、必ずしもそうではないという点も注意が必要です。例えば、経済的に信用力がなくて、政治的に安定していないと調達金利が高くなることもあります。この場合は、金利が高くても通貨が高く推移するとは限りませんので注意が必要です。ゆえに、様々な状況を勘案しながら金利差を見るようにしてください。


米国債保有額ランキング(国別)

2019年、米国債の保有額で日本が中国を抜き1位となりました。以下は、米財務省が発表した2019年12月時点の国際資本収支統計の米国国別保有残高(MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES)のランキングです。

米国債保有額
(単位:10億ドル)
日本 1,154.9
中国 1,069.9
英国 332.6
ブラジル 281.9
アイルランド 281.8
ルクセンブルク 254.6
スイス 237.5
ケイマン諸島 230.5
香港 223.3
ベルギー 210.2





金利特集

金利やイールドカーブなど諸々の解説は、上記の「各指数・指標の解説」の解説ページや、姉妹サイト「株初心者のための株式投資と相場分析方法」のトップページで「金利特集」と称して金利の解説ページを列挙していますので参考にしてください。



日米2年国債金利差とドル円の比較チャート(2020年)



日米10年国債金利差とドル円の比較チャート(2020年)



日米30年国債金利差とドル円の比較チャート(2020年)







※スマホの場合、下の表を横にスライドで全体表示。

日付 ドル/円 日米2年国債
金利差
日米10年国債
金利差
日米30年国債
金利差
4.2 107.90 0.370 0.595 0.865
4.1 107.15 0.350 0.580 0.836
3.31 107.53 0.400 0.665 0.896
3.30 107.81 0.395 0.730 0.944
3.27 107.89 0.415 0.675 0.829
3.26 109.58 0.550 0.850 1.024
3.25 111.19 0.580 0.840 1.033
3.24 111.21 0.595 0.805 0.978
3.23 111.20 0.530 0.700 0.895
3.19 110.69 0.620 1.065 1.343
3.18 108.06 0.710 1.120 1.347
3.17 107.67 0.710 1.080 1.351
3.16 105.85 0.555 0.715 0.975
3.13 107.91 0.705 0.955 1.277
3.12 104.63 0.705 0.885 1.130
3.11 104.53 0.760 0.940 1.058
3.10 105.63 0.790 0.880 1.006
3.9 102.34 0.705 0.705 0.806
3.6 105.30 0.810 0.905 0.992
3.5 106.16 0.855 1.030 1.197
3.4 107.52 0.975 1.175 1.371
3.3 107.12 0.950 1.115 1.283
3.2 108.30 1.165 1.300 1.439
2.28 108.07 1.175 1.305 1.399
2.27 109.58 1.270 1.370 1.430
2.26 110.42 1.360 1.435  1.481
2.25 110.18 1.420 1.455  1.494
2.24 110.71 - -  -
2.21 111.57 1.490 1.530  1.562
2.20 112.11 1.545 1.555  1.608
2.19 111.35 1.580 1.610  1.649
2.18 109.86 1.570 1.625  1.658
2.17 109.88 - -  -
2.14 109.74 1.575 1.615  1.653
2.13 109.81 1.595 1.650  1.688
2.12 110.08 1.595 1.670  1.713
2.11 109.77 - - -
2.10 109.74 1.555 1.630 1.669
2.7 109.72 1.555 1.620 1.656
2.6 109.99 1.575 1.660 1.695
2.5 109.80 1.585 1.690 1.717
2.4 109.51 1.565 1.650 1.691
2.3 108.67 1.515 1.585  1.614
1.31 108.38 1.470 1.565 1.612
1.30 108.95 1.560 1.645  1.692
1.29 108.99 1.545 1.620  1.674
1.28 109.13 1.595 1.690  1.731
1.27 108.89 1.580 1.660  1.697
1.24 109.27 1.625 1.705  1.730
1.23 109.48 1.655 1.760  1.765
1.22 109.83 1.645 1.780  1.783
1.21 109.86 1.660 1.780  1.794
1.20 110.18 - -
1.17 110.14 1.685 1.825 1.830 
1.16 110.14 1.690 1.795  1.803
1.15 109.88 1.675 1.780  1.788
1.14 109.97 1.700 1.800  1.822
1.13 109.93 - -  -
1.10 109.46 1.710 1.825  1.839
1.9 109.51 1.715 1.850  1.894
1.8 109.12 1.715 1.880  1.948
1.7 108.42 1.665 1.820  1.861
1.6 108.36 1.705 1.845  1.885
1.3 108.08 - -
1.2 108.57 - -
1.1 108.70 - -

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。


過去の推移




ナビゲーション



バナースペース


charTrade(チャートレード)


charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、姉妹サイト「投資戦略」で展開中!

charTradeのPR動画はこちら


Infomation

当サイトは

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。

https://stock-marketdata.com/