本文へスキップ

米国債利回りの推移・時系列(2年債・10年債・30年債)・米国債保有額ランキング

米国債利回り(2年債・10年債・30年債)2・10・30 year-bond

<スマホ対応>
https://stock-marketdata.com/



2020年

米国債利回り


日米金利差 NEW!

日本と米国(米国)の金利差の推移は以下のページで確認することができます(解説付き)。


用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


米国債と米国債利回りをわかりやすく簡単に解説

米国債とは、米国の財務省が国の運営に必要な資金を集めるために発行する債券です。国が発行する債券であるため「国債」と呼ばれています。債券は予め利率や元本(債券へ投資したお金)の返済日が決められています。債券に投資した資金が投資家に返されることを「償還」といいますが、償還までの期間が2年のものは「米国2年国債」、10年のものは「米国10年国債」、30年のものは「米国30年国債」・・・と呼ばれています。

米国の国債は、償還期間が1年以下のものを割引債、1年超(2年以上)のものを利付債として発行されます。

  • 短期国債である2,3日~52週間の割引債を「T-Bills(Treasury Bills)」
  • 中期国債である2・3・5・7・10年物の利付債を「T-Notes(Treasury Notes)」
  • 長期国債である30年物の利付債を「T-Bonds(Treasury Bonds)」

といいます。ゆえに、米国2年国債と米国10年国債は「T-Notes」、米国30年国債は「T-Bonds」にあたります。

米国債の利回りを「米国債利回り」と言います。米国2年国債の利回りを「米国2年国債利回り」、米国10年国債の利回りを「米国10年国債利回り」、米国30年国債の利回りを「米国30年国債利回り」といいます。


債券価格と利回りの関係

債券は、その債券が欲しい人が増えて買う人が増えれば債券価格が上昇し、その債券が欲しい人が減って売る人が増えれば債券価格は下落します。一方、債券の利率は、買う人が増えれば利率を低くしても買ってくれますので低下し、売る人が増えれば利率を高くしなければ誰も買ってくれませんので上昇します。つまり、米国債が買われれば米国債の価格が上がって利回りは低下し、米国債が売られれば米国債の価格が下がって利回りは上昇します。






米国10年国債利回りは長期金利の指標

米国債の中で最も注目されるのは「米国10年国債利回り」です。日本国債の場合も同様ですが、10年物の国債はほとんどの国で発行されており、残高・売買が最も活発であることから、長期金利の指標となっています。ゆえに、一般的に「米国の長期金利は・・・」と言う場合、米国10年国債利回りのことを指しています。特に経済大国である米国の10年国債は、世界で最大の金融商品であり安全資産として世界中の投資家に認識されていますので、米国10年国債利回りが上がっているのか下がっているのかを見れば、投資家がリスクを取りに行っているのか、リスクを回避しているのかが判断しやすくなります。

  • 米国10年国債利回りは、米国10年国債が買われていれば低下します。米国10年国債が買われるということは、安全資産に資金が向かっているということなので、投資家はリスク回避の状態にあることを示します(リスク資産(危険資産)が売られやすくなる)。
  • 米国10年国債利回りは、米国10年国債が売られていれ上昇します。米国10年国債が売られるということは、安全資産から資金が出ていっているということなので、投資家はリスクを取りに行っている状態にあることを示します(リスク資産が買われやすくなる)。

また、米国10年国債利回りは為替とも連動しやすいですし、米国の中央銀行制度の最高意思決定機関であるFRBの金融政策に大きな影響を与えることから、その動向は世界中に注目されています。


米国2年国債利回りとセットで見る

米国債の中で米国10年国債利回りの次に注目されるのは「米国2年国債利回り」です。米国10年国債は、償還までの期間が10年と長く、今後10年の米国の金融政策を織り込みながら推移しますので、長期的な米国の動向を見るには適していますが、短期的な動向を見るには適していません。その点、米国2年国債は償還までの期間が2年と短く、長期的な指標や財政は関係なくなりますので、短期的な米国の金融政策などの動向を見るのに適しています。ゆえに、米国10年国債利回りと米国2年国債利回りはセットで見るのが一般的です。また、米国10年国債利回りと米国2年国債利回りの差は大変注目度が高いです(イールドカーブ)。


米国30年国債利回りの見方

米国10年国債利回りと米国2年国債利回りの次に注目されやすいのは「米国30年国債利回り」です。現在は、米国の国債の中でベンチマークとなっているのは米国10年国債ですが、以前は米国30年国債がベンチマークとなっていました(一時的に発行されなかったことがあるので米国10年国債がベンチマークとなりました)。

米国30年国債利回りの一般的な見方は以下です。

  • 米国30年国債利回りの上昇は、住宅ローンに影響します。住宅ローンが上昇して住宅市況の悪化が警戒される他、米国の財政の圧迫感が強まります。経済や株にとってはネガティブな要因となりやすいです(ただし、米国30年国債利回りの水準による)。
  • 米国30年国債利回りが低下・低迷すれば、金利上昇を嫌がる住宅や不動産にとってはプラス要因となりますが、バブルをはらむ可能性が出てきます。また、米国30年国債利回りの低迷は、米国経済が長期的に過熱に向かっていないことも示唆します。

米国債保有額ランキング(国別)

米財務省が発表した2019年12月時点の国際資本収支統計における米国国別保有残高(MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES)のランキングです。

米国債保有額
(単位:10億ドル)
日本 1,154.9
中国 1,069.9
英国 332.6
ブラジル 281.9
アイルランド 281.8
ルクセンブルク 254.6
スイス 237.5
ケイマン諸島 230.5
香港 223.3
ベルギー 210.2





金利特集

金利やイールドカーブなど諸々の解説は、上記の「各指数・指標の解説」の解説ページや、姉妹サイト「株初心者のための株式投資と相場分析方法」のトップページで「金利特集」と称して金利の解説ページを列挙していますので参考にしてください。



米国債利回りと利回り差のチャート(2020年)







※スマホの場合、下の表を横にスライドで全体表示。

日付 2年 10年 利回り差
10年ー2年
30年 利回り差
30年ー10年
4.3 0.23 0.60 0.37 1.217 0.617
4.2 0.23 0.59 0.36 1.260 0.670
4.1 0.21 0.58 0.37 1.246 0.666
3.31 0.25 0.67 0.42 1.316 0.646
3.30 0.23 0.73 0.50 1.339 0.609
3.27 0.24 0.68 0.44 1.244 0.564
3.26 0.29 0.85 0.56 1.439 0.589
3.25 0.33 0.87 0.54 1.488 0.578
3.24 0.36 0.84 0.48 1.408 0.568
3.23 0.32 0.78 0.46 1.330 0.550
3.20 0.32 0.84 0.52 1.473 0.633
3.19 0.45 1.14 0.69 1.783 0.643
3.18 0.53 1.19 0.66 1.763 0.573
3.17 0.51 1.08 0.57 1.706 0.626
3.16 0.36 0.72 0.36 1.315 0.595
3.13 0.50 0.96 0.46 1.597 0.637
3.12 0.48 0.82 0.34 1.430 0.610
3.11 0.52 0.87 0.35 1.353 0.483
3.10 0.54 0.81 0.27 1.296 0.486
3.9 0.39 0.54 0.15 1.031 0.491
3.6 0.52 0.76 0.24 1.297 0.537
3.5 0.60 0.91 0.31 1.547 0.637
3.4 0.69 1.05 0.36 1.696 0.646
3.3 0.70 1.00 0.30 1.603 0.603
3.2 0.90 1.16 0.26 1.719 0.559
2.28 0.95 1.15 0.24 1.684 0.534
2.27 1.06 1.26 0.20 1.770 0.510
2.26 1.16 1.34 0.18 1.821 0.481
2.25 1.22 1.35 0.13 1.824 0.474
2.24 1.25 1.37 0.12 1.833 0.463
2.21 1.32 1.47 0.15 1.917 0.447
2.20 1.39 1.51 0.12 1.963 0.453
2.19 1.42 1.56 0.14 2.014 0.454
2.18 1.41 1.56 0.15 2.008 0.448
2.14 1.43 1.58 0.15 2.038 0.458
2.13 1.44 1.61 0.17 2.073 0.463
2.12 1.44 1.63 0.19 2.093 0.463
2.11 1.42 1.60 0.18 2.065 0.465
2.10 1.39 1.57 0.18 2.034 0.464
2.7 1.40 1.58 0.18 2.046 0.466
2.6 1.44 1.64 0.20 2.110 0.470
2.5 1.44 1.65 0.21 2.132 0.482
2.4 1.41 1.60 0.19 2.081 0.481
2.3 1.35 1.52 0.17 1.999 0.479
1.31 1.31 1.50 0.19 1.997 0.497
1.30 1.41 1.58 0.17 2.047 0.467
1.29 1.41 1.58 0.17 2.044 0.464
1.28 1.46 1.65 0.19 2.106 0.456
1.27 1.44 1.61 0.17 2.062 0.452
1.24 1.49 1.68 0.19 2.135 0.455
1.23 1.52 1.73 0.21 2.175 0.445
1.22 1.52 1.77 0.25 2.223 0.453
1.21 1.53 1.77 0.24 2.234 0.464
1.17 1.55 1.82 0.27 2.285 0.465
1.16 1.56 1.80 0.24 2.258 0.458
1.15 1.55 1.78 0.23 2.238 0.458
1.14 1.57 1.81 0.24 2.272 0.462
1.13 1.58 1.84 0.26 2.304 0.464
1.10 1.57 1.82 0.25 2.279 0.459
1.9 1.58 1.85 0.27 2.329 0.479
1.8 1.58 1.87 0.29 2.363 0.493
1.7 1.54 1.82 0.28 2.296 0.476
1.6 1.54 1.81 0.27 2.285 0.475
1.3 1.53 1.79 0.26 2.249 0.459
1.2 1.57 1.87 0.30 2.328 0.458

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。


過去の推移




ナビゲーション



バナースペース


charTrade(チャートレード)


charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、姉妹サイト「投資戦略」で展開中!

charTradeのPR動画はこちら


Infomation

当サイトは

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。

https://stock-marketdata.com/