[お知らせ] 景況感のピークアウト後、株価は上昇する?下落する?

裁定売残のチャートを追加

解説・チャート追加情報
スポンサーリンク

裁定取引残高

当サイト「株式マーケットデータ」の

裁定取引(裁定買残・裁定売残・プログラム売買)
裁定買残・裁定売残・プログラム売買といった裁定取引の状況を示した指標のチャートや時系列を掲載。日経平均株価との比較チャートです。先高、先安、急落リスクなどを見ることができます。それぞれの見方や水準、注意点のわかりやすい解説も掲載しています。

のページは、これまで裁定買残だけのチャート表示でしたが、新たに裁定売残のチャートを追加しました。

裁定売りポジション

裁定売り残

是非ご利用ください。

スポンサーリンク

裁定売残の積み上がり・解消と日経平均株価

さて、2020年5月に過去最高に積み上がった裁定売り残ですが、そこから裁定売り残の解消が進んで日経平均株価が大幅上昇。チャートを見てもらえればそれが綺麗に出ているのがわかると思います。

そして、先月だったか先々月だったか、姉妹サイト「投資戦略」や「株初心者のための株式投資と相場分析」の方で書きましたが、過去最高に積み上がった裁定売残の解消が進み、過去最高水準からだいたい半分ぐらいまで減ってきたので、新規の裁定売りのポジションが組みやすくなっており、これは日経平均株価の上値を抑える要因となり、裁定売残が減った後に悪材料が出れば戻り売りの展開になりやすいので気を付けましょう、と書いていましたが、現在はその傾向が出てるかなという所です。

といっても、裁定売残はここから減っても全然おかしくないです。その懸念がこの裁定売残から見て判断できるということですが、日経平均株価は裁定の影響が大きいですし、裁定買残の方も上がってきてて、こちらも裁定解消売りが懸念されるので意識する所だと思います。

上記のリンク先には、裁定売残?裁定買残?裁定解消売り?の解説も記載していますので、解説を読みながらチャートを見ていただけたらと思います。

スポンサーリンク

信用買残も注意

裁定取引(裁定買残・裁定売残・プログラム売買)とあわせて見ておきたいのが「信用取引残高」です。信用取引残高は以下のページで掲載しています。

信用取引残高(信用買残・信用売残・信用評価損益率・信用倍率)
信用取引残高(信用買残・信用売残)、信用評価損益率、信用倍率のチャートと時系列です。それぞれの見方や水準・目安のわかりやすい解説も掲載。信用取引状況を示した指標の一覧で、将来の買い・売り圧力、相場の天井・底を計る指標として注目度が高いです。

このページを見てもらえれば、「信用買残」が積み上がっているのがわかります。時系列を見てもらうと19日時点で3兆に乗せてます。グングン伸びていた後に日経平均株価が下落しましたので、この手仕舞いもという所です。

というわけで、裁定取引残高と信用取引残高は、併せて見ると相場分析の精度が上がりますので参考にしてください。

当サイト「株式マーケットデータ」の各ページの上部には、以下の画像の赤で囲った箇所にフォロー欄がありますので、よかったらご利用されているSNSでフォローしていただけると幸いです。

フォロー欄の紹介

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました