[お知らせ] 景況感のピークアウト後、株価は上昇する?下落する?

ビットコイン指数とイーサリアム指数の掲載開始

追加指標
スポンサーリンク

ページ紹介

当サイト「株式マーケットデータ」で、ビットコイン指数とイーサリアム指数の推移の掲載を開始しました。

ビットコイン指数(ビットコインインデックス)
ビットコイン指数(ビットコインインデックス)のチャートと時系列です(ティッカーシンボル「SPBTC」)。ビットコイン指数とは?リバランスはいつ?結果の公表日は?指数構成銘柄の条件などわかりやすく解説。
イーサリアム指数(イーサリアムインデックス)
イーサリアム指数(イーサリアムインデックス)のチャートと時系列です。イーサリアム指数とは?リバランスはいつ?結果の公表日は?指数構成銘柄の条件などわかりやすく解説。

「ビットコイン指数」と「イーサリアム指数」のページは、

メニューの為替市場

メニューの「為替市場」のページ内にある「ビットコイン指数」「イーサリアム指数」にあります。

スポンサーリンク

チャート表示について

まずはじめにお詫びですが、ただいま新規追加のチャートが掲載できない状況になっています。

ビットコイン指数とイーサリアム指数のチャート表示説明

ビットコイン指数とイーサリアム指数のページのチャートの欄では、このように「拡大表示はこちら」をクリックしていただいてチャートを表示していただく機能のみ使える状況です。

上画像の青文字で表記されている「拡大表示はこちら」をクリックしてもらえれば、

イーサリアム指数チャート

ビットコイン指数(上画像)とイーサリアム指数(下画像)のチャートが表示されますので、それぞれのチャートは「拡大表示はこちら」でご確認ください。

なお、チャート表示に関しては外部システムを利用しているため、復旧の要請をしている所です。復旧次第それぞれのページで掲載しますが、特に復旧のお知らせは致しません。「拡大表示はこちら」の欄の上部にチャートが表示されていれば復旧していますので、それをお知らせの代わりと致します。

スポンサーリンク

ビットコイン指数とイーサリアム指数

さて、今回掲載を開始したビットコイン指数とイーサリアム指数は、S&P公表の暗号資産(仮想通貨)であるビットコインとイーサリアムの価格指数です。ビットコインやイーサリアムは各取引所に上場していますが、それらの相対的なパフォーマンスを測定した指数です。時価総額加重型の指数ですので、TOPIXなどの株価指数と同じ考え方の指数です。

S&Pのみならず、ブルームバーグやギャラクシーなども暗号資産の指数を算出・公表しており、じわりじわり増えてきています。金融機関も続々と暗号資産に参入してきていますので、市場が活性化してきている状況。注目していただけたらと思います。ただ、ボラタイルな相場になっていますので、そのような相場に慣れていないトレーダーの方が手を出すと、ヤケドぐらいでは済まない致命傷を喰らわされることもあると思いますので注意が必要です。

トレードの初心者の方でなくても、エントリーと同時にストップロスオーダーを入れないトレードをする方はやっちゃダメだと思います。トレードの要は損切りですから、損切りを渋るなど損切りの技術が身についていない方はやらないでくださいということを筆者はオススメしたいです。と、話が逸れましたが、指数のリバランスの時期も記載していますので、ご確認いただけたらと思います。

当サイト「株式マーケットデータ」の各ページの上部には、以下の画像の赤で囲った箇所にフォロー欄がありますので、よかったらご利用されているSNSでフォローしていただけると幸いです。

フォロー欄の紹介

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました