[お知らせ] 景況感のピークアウト後、株価は上昇する?下落する?

中立金利の掲載を開始

追加指標
スポンサーリンク

中立金利(米国)を追加しました

当サイト「株式マーケットデータ」で、米国(アメリカ)の中立金利の推移の掲載を開始しました。

中立金利(米国)
米国の中立金利のチャートと時系列です(速報)。中立金利とは?わかりやすい解説も掲載。FRBは金融政策で中立金利と政策金利の距離を調整しているので非常に注目されています。計算方法や政策金利との関係、金融緩和と金融引き締めの見方の解説も掲載。

中立金利の推移を掲載しているサイトは他にないと思いますので、今後チェックしていただければと思います。

今回掲載を開始した米国の中立金利のページは、

メニュー米国市場

メニューの「米国市場」のページ内にある「債券・金利」→「中立金利(米国)」にあります。

スポンサーリンク

更新停止中

今回掲載を開始した米国の中立金利は、算出の基となるウィリアムズNY連銀総裁の「Laubach-Williamsモデル」という米国の自然利子率の推計が新型コロナの影響で定期的な更新が一旦ストップしているため、20年6月時点までの掲載となっています。更新が再開されれば更新されますので、ご了承ください。更新が再開された時にすぐにお伝えできるよう今回ページを設けました。

米国の中立金利

さて、この中立金利ですが、まずは「自然利子率」について知っておかないと具合が悪いです。自然利子率の話は少し難しいですが、以下のページで解説を掲載していますので参照してください。

自然利子率(米国)
米国の自然利子率のチャートと時系列です。自然利子率とは?わかりやすい解説も掲載。中立金利との違いや金融緩和・金融引き締めの関係、見方も掲載。市場で最も注目されるジョン・ウィリアムズ現NY連銀総裁のLaubach-Williamsモデルを掲載。

中立金利は、名目ベースの自然利子率です。

中央銀行は雇用の最大化と物価を安定させるために、金融政策で中立金利と政策金利の距離を調節しています。中立金利が政策金利より高いか低いかで、中央銀行は緩和状態にあるのか引き締め状態にあるのかがわかります。その解説も記載していますので参照してください。

スポンサーリンク

当サイト「株式マーケットデータ」の各ページの上部には、以下の画像の赤で囲った箇所にフォロー欄がありますので、よかったらご利用されているSNSでフォローしていただけると幸いです。

フォロー欄の紹介

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました