[お知らせ] EthVol指数とドル建て・ユーロ建て日経平均追加情報

日本の実質金利の掲載を開始

追加指標
スポンサーリンク

ページ紹介

当サイト「株式マーケットデータ」で、日本の実質金利の推移の掲載を開始しました。市場で最も注目される実質金利「予想実質金利(10年)」です。日本の実質金利と言えば、通常はこれを見るというやつです。

「実質金利(日本)」のページは、

日本の実質金利のページ紹介

メニューの「日本市場」→「債券・金利」→「実質金利(日本)」にあります。

当サイト「株式マーケットデータ」の各ページの上部には、以下の画像の赤で囲った箇所にフォロー欄がありますので、よかったらご利用されているSNSでフォローしていただけると幸いです。

フォロー欄の紹介

スポンサーリンク

米国の実質金利の推移と解説

米国(アメリカ)の実質金利の推移(チャートと時系列)は、以前から当サイトの以下のページで掲載しています。「実質金利(米国)」のページでは実質金利の解説も記載していますので、「実質金利ってなに?」は以下のページを参照してください。

日本の実質金利の解説

実質金利は、市場が見る潜在成長率を反映しやすいとされています。その国の通貨の強弱・価値や中央銀行の金融緩和度も計れますので超重要指標です。計算式であったり、景気との関係、通貨との関係、利上げ・利下げの影響、実質金利マイナスの影響、量的緩和(QE)の影響、株価との関係、長期金利との関係など、主要な解説は「実質金利(米国)」のページで記載してて、同じことを記載しても仕方ないので、「実質金利(日本)」のページでは、”日本円”や”ドル円”に関することを中心に記載しました。

「実質金利(日本)」のページの目次のラインナップは以下。

実質金利(日本)の目次

日本の投資家の方で為替をトレードする方はドル円はやってると思いますし、ドル円は日本の投資家の方ばかりですから、日本円とドル円と実質金利の解説を簡単に記載しておきました。為替をトレードする方で実質金利を見ないということはあり得ませんので、よかったら一読してみてください。

スポンサーリンク

名目金利と実質金利

解説の後半では「名目金利」についても記載しました。

”名目金利と実質金利、どっちを見ればいい?”

という話です。

名目金利というのは長期金利のことです。長期金利が指標としているのは10年国債利回りですので、日本の場合は日本10年国債利回りのことを指します。日本10年国債利回りは以下のページで掲載しています。以下のページで掲載しているそれぞれの国債利回りが名目金利です。

実質金利10年の意味

今回掲載を開始した日本の実質金利は、実質金利の中で最も注目される「予想実質金利(10年)」というものです。

「日本の実質金利は・・・」

と言う場合、通常はこの「予想実質金利(10年)」のことを指しています。

実質金利は、名目金利と期待インフレ率で計算するのが一般的ですが、それぞれ10年物の国債とインフレ連動国債で計算しています。「予想実質金利(10年)」の”10年”というのは、10年物で計算していますよ、という意味です。

例えば、「予想実質金利(10年)」の次に注目されがちなのは「予想実質金利(5年)」ですが、これは5年物の国債とインフレ連動国債で計算していますよ、という意味です。「予想実質金利(5年)」の場合は、ちゃんと「5年物ですよ」というアナウンスがあると思います。「これは実質金利(5年)です」みたいに。

ゆえに、日本の実質金利は、何も指定がなければ「予想実質金利(10年)」のことを指しており、他の実質金利は指定がある、と思っておいて大丈夫です。

さて、話が飛びましたが、名目金利と実質金利はどちらを見ればいいの?の解説を記載しておきましたので、よかったら一読してください。局面によって変えた方がいいので。

日本の実質金利のデータ

日本の実質金利チャート

このチャートは、「実質金利(日本)」のページで掲載している日本の実質金利のチャートです。

「実質金利(日本)」のページで掲載している日本の実質金利は、日本の10年国債利回りと期待インフレ率(10年)から算出した「予想実質金利(10年)」です。日本の実質金利と言えばこれを見るというやつです。

この日本の実質金利ですが、毎月初旬に前月分をまとめて公表するという形になります。データ更新時は、

メニュー更新情報

当サイトのメニューの「更新情報」のページでお知らせしますのでチェックしていただければと思います。

さて、日本の実質金利は、2020年3月に新型コロナでビュンと上がり、その後は0%あたりまで低下して概ねプラス圏で推移していましたが、近々はマイナス圏推移に復活しています。実質金利がなぜマイナスになるのかの解説やその意味、日本円への影響などの解説は「実質金利(米国)」のページで記載していますので参照してもらいたいですが、日銀はこの実質金利を低く抑えることを重視しています。2021年3月の金融政策の点検時に公表したレポートでも「実質金利ははっきりとしたマイナス圏で推移している」として緩和度をアピールしています。日銀はこの実質金利を金融緩和の効果を測るうえで重視する指標としており、実質金利を低くすることで資金調達コストが低くなり金融環境も改善するなど、そのために色々やってるということです。

一方、他国に比べて日本の実質金利が上昇すれば円高圧力になりますし、日本は政府が物価を上げるような政策をしないので物価が上がりにくい。期待インフレ率が上がらないので実質金利は下がりにくい・上がりやすい状況ではあります。ただ、日銀は金利をグリップしてコントロールしてますので、日銀が政策変更しない限りレンジ内での動きになるかなという所です。

金利だけで為替が動くわけではありませんが、ドル円は長くレンジ内の動きに終始しており実質金利を見ないという選択肢はないと思いますし、為替は「金利の交換」でもあり金利動向は見るべき指標ですので、今後「実質金利(日本)」のページでチェックしていただければと思います。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました