[お知らせ] 「長期金利(米国・アメリカ)」の掲載開始!比較チャートを多数掲載しています。
PR

トレくじ(トレードおみくじ)

トレくじ(トレードおみくじ)

あなたのトレードの運勢は・・・

投資のおみくじ

あなたのトレードの運勢は…

トレくじとは?

トレくじ(トレードおみくじ)は、株式マーケットデータ作成のトレードの運勢を占うおみくじです。当ページにアクセスするだけでおみくじを引くシステムになっています。当ページを開いた時点でおみくじを引いており、上の”あなたのトレードの運勢は…”の欄に結果が出ています(背景が黄色の欄)。当ページを更新すればおみくじをもう一度引けますが、おみくじを引くのは基本的に1日に1回までにしましょう。 結果が気に入らない、吉が出るまで引きたい、などという理由で引き直すのはよくありません。

当たるも八卦当たらぬも八卦ですが、トレくじのおみくじの各種類が出る確率は古来からのおみくじ(以下で説明)と同じ設定ですので、忖度なしのおみくじで運試ししてもらえたらと思います。

おみくじの種類と出る確率

一般的なおみくじの種類や何が出るかの確率はお寺や神社によって異なりますが、トレくじのおみくじの種類は「大吉・吉・半吉・小吉・末小吉・末吉・凶・大凶」があり、それぞれ出る確率はおみくじの起源とされている「元三大師百籤(観音百籤)」の割合と同じ設定にしています。

おみくじ出る確率
大吉17%
35%
半吉5%
小吉4%
末小吉3%
末吉6%
29%
大凶1%
トレくじの確率一覧

おみくじの運勢の順番と意味

「大吉・吉・半吉・小吉・末小吉・末吉・凶・大凶」は、運勢の順に並んでいます。一番左の大吉が最も運勢が良く、一番右の大凶が最も運勢が悪いです。それぞれの意味の一般的な解釈は以下。

おみくじ意味
大吉最も運勢が良い。最高の運気である一方、これから下降するとも…
現状維持の努力が必要。
運勢は良い。大吉より運勢が下降する可能性が低く、現状安心。
半吉運勢は吉凶半々。どちらに転ぶかわからない。今後の運勢は努力次第。
小吉運勢は良くも悪くもないが少し良い。ただ停滞の可能性も。
末小吉運勢は良くも悪くもなく安定しない。今は良くないが後になって少し開ける。
末吉運勢は吉の中で最も劣るが、末広がりの可能性もあり期待は持てる。
運勢は良くないが、必ず悪いことが起きるわけではない。
行いの改善次第で運勢上昇も。
大凶運勢最悪でさらに悪くなる可能性も。チャンス到来まで静かに待つのが良い。
おみくじの意味

凶が多い?大凶は激レア

トレくじは、凶が出やすいと思います。元三大師百籤(観音百籤)の割合を採用しているため、凶が出る確率は吉の次に高いからです。元三大師百籤(観音百籤)の割合を採用しているお寺や神社のおみくじは「凶が出やすい」とよく言われますが同じ理由です。

元三大師百籤(観音百籤)の割合を採用しているお寺や神社では「結果に執着することは誤り。吉が出たからといって慢心すれば凶になり、凶が出た時は己を省みて進めば吉となる」と言うことが多いです。マイナスの結果に執着しても良いことは一つもないので、トレードを分析し直して改善する機会と捉えた方が良いでしょう。

元三大師百籤(観音百籤)に大凶はありませんが、トレくじでは特別に大凶を1%の確率で出る設定にしています。1%なのでなかなか出ない激レアくじです。大凶は「運勢最悪でさらに悪くなる可能性も」と言われることが多いです。「ここが底で上がるしかない」という解釈もよくありますが人生そう甘くなく、底なし沼のように悪いことが長期間起こり続けることもあります。底だと思って解釈しててもさらに下がった場合、対応できずパニックになることもありますし、人生は選択の積み重ねですが、それがことごとく失敗して過大なマイナス思考に陥ることもあるので、都合のいい解釈をするより先のリスクを意識した方が良いでしょう。

大凶は神様仏様が先の危険を知らせるメッセージと捉えられています。運勢とは人の持っている幸運・不運の巡り合わせです。大凶はそれが良くないということですが、ウォーレン・バフェット氏は人生よくするためには「損失を最小限に抑えることが重要」と述べています。このルールは絶対忘れてはいけない、としています。つまりリスク管理です。姉妹サイト「投資戦略」のcharTradeでも書いていますが、リスク管理の徹底が重要で最悪期こそリスク管理を徹底、リスク管理は普段からですが、大凶の時は特に徹底してチャンス到来を待つのが良いでしょう。チャンスはその到来を待ってる時間は長いですが来たらすぐに過ぎ去るので、チャンス到来時にそのチャンスをすぐ掴めるように、メンタル面も含めてリスク管理をしっかり!

テキストのコピーはできません。