本文へスキップ

EPS(NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均)の推移(実績EPSと予想EPS)・時系列

3種のダウ平均のEPS(1株当たり利益)の推移です。実績EPSと予想EPSを掲載しています。

EPS(NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均)




目次

目次の項目を選択すれば、その項目の欄へすぐに移動できます。


メニュー


用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


  • 各指数・指標の解説「EPS(1株当たり利益)とは」「NYダウとは」「ダウ・ジョーンズ輸送株平均とは」「ダウ公共株15種平均(ダウ公共株指数)
  • 過去の推移は、ページ下部「過去の推移」。
  • 小数第3位を四捨五入して掲載しています。
  • 「実績」とは、実績EPS(Trailing 12 months:過去4回(12カ月)分の四半期EPSの合計)のことです。
  • 「予想」とは、予想EPS(Forward 12 months:12カ月先の予想EPS)のことです。
  • NYダウ:ダウ工業株30種平均
  • 輸送株平均:ダウ・ジョーンズ輸送株平均(ダウ輸送株20種平均)
  • 公共株平均:ダウ公共株15種平均(ダウ公共株指数)

EPS(読み方:いーぴーえす|英語:Earning Per Share)とは、「1株当たり利益」という1株あたりの当期純利益はいくらかを表した指標です。企業の収益力は当期純利益で見るのが基本ですので、EPSは当期純利益で1株当たりの利益を表しています。ゆえに、EPSが増えていれば企業の収益が増えていることを示し、EPSが減っていれば企業の収益が減っていることを示します。当期純利益が順調に伸びていれば「成長している」と判断されます。今後EPSが増えると見る投資家が多くなれば株価は上昇しやすくなりますし、今後EPSが減ると見る投資家が多くなれば株価は下落しやすくなります。大切なのは将来です。株価は将来を織り込んで推移するのが基本ですので、決算発表時の来期予想でEPS予想が増えているのか減っているのか、その変化率や増減の要因を見ることが大切です。


EPSは、以下の計算式で算出されます。


EPSを上昇させるには、企業が増益する必要がありますが、上記の計算式の通り、分母の株式の数を自社株買い株式消却(自社株消却)をして減らすことでEPSを上昇させることもできます。また、企業が資産売却をして当期純利益が上がっている場合もEPSは上昇します。そのような場合は、企業収益が増えているとは言えないので注意が必要です。逆に、増資をして発行済株式数が増えればEPSが低下する要因となります。

ただし、上記のように実際には収益が増えているとは言えない要因によってEPSが上昇していても、投資家はEPSを上昇させて株価を下げさせないという株主還元と見なして買いが入って株価が上昇することも多いです。EPSが継続的に上昇していれば、基本的に投資家は好感しやすく、EPSの上昇・下落は株価の上昇・下落要因となりやすいです。


当ページでは、NYダウとダウ・ジョーンズ輸送株平均、ダウ公共株15種平均(ダウ公共株指数)の”実績EPS”と”予想EPS”の推移を掲載していますが、株価は実績よりも将来の数字を織り込んで動くことが多いため、EPSは”予想EPS”を見るのが基本です。日本は特にその傾向が強いです。

ただし、米国では事情は異なり、米国は実績を重視しやすい傾向があります。予想はあくまで予想、実際に達成できた実績を見る傾向がありますし、上記のような収益が増えていない理由の場合、過去の実績を見る場合もあります。マーケット環境にもよりますので、両方見ておいた方がよいでしょう。

また、例えば株価が高値から急落した後に反発した場合やその逆の場合、実績EPSを見て過去の実績EPSのピーク・ボトムを探り、経済やマーケット環境を勘案しながらPERの許容範囲を推察して株価の上値メド・下値メドを見るといった使い方もしますので、相場の環境に応じた見方をすれば、投資の判断やトレードの精度が高まりやすくなります。


EPSは、株価が割高か割安かを判断する指標である「PER(株価収益率)」の算出にも使われます。各PERの推移は以下のページで掲載していますので、併せてご利用ください。






NYダウー予想EPSのチャート(2021年)



NYダウー予想EPSのチャート(2020年)



NYダウー予想EPSのチャート(2019年)



NYダウー予想EPSのチャート(2018年)



NYダウー予想EPSのチャート(2017年)




ダウ輸送株平均-予想EPSのチャート(2021年)



ダウ輸送株平均-予想EPSのチャート(2020年)



ダウ輸送株平均-予想EPSのチャート(2019年)




ダウ公共株15種平均ー予想EPSのチャート(2021年)



ダウ公共株15種平均ー予想EPSのチャート(2020年)



ダウ公共株15種平均ー予想EPSのチャート(2019年)




ナスダック100指数とS&P500(S&P500種株価指数)、ラッセル2000指数の”実績EPS”と”予想EPS”の推移は、以下のページで掲載しています。






※スマホの場合、下の表を横にスライドで全体表示。

日付 NYダウ
EPS
輸送株平均
EPS
公共株平均
EPS
実績 予想 実績 予想 実績 予想
2.26 982.92 1,496.49 n.a. 404,84 37.42 37.20
2.25 979.17 - n.a. - 35.69 -
2.24 979.22 - n.a. - 35.48 -
2.23 976.69 - n.a. - 35.48 -
2.22 976.81 - n.a. - 35.49 -
2.19 976.87 1,508.35 n.a. 398.74 35.48 37.18
2.18 976.84 - n.a. - 36.19 -
2.17 991.00 - n.a. - 35.54 -
2.16 990.97 - n.a. - 35.54 -
2.12 991.13 1,516.07 n.a. 359.78 35.80 37.31
2.11 999.07 - n.a. - 35.81 -
2.10 998.98 - n.a. - 36.59 -
2.9 1,000.50 - n.a. - 36.59 -
2.8 1,000.50 - n.a. - 36.59 -
2.5 1,000.59 1,511.32 n.a. 334.87 36.59 37.07
2.4 1,000.51 - n.a. - 36.59 -
2.3 1,011.98 - n.a. - 36.59 -
2.2 1,012.79 - n.a. - 36.40 -
2.1 1,012.80 - n.a. - 36.39 -
1.29 1,012.93 1,495.39 n.a. 330.27 36.40 36.80
1.28 997.18 - n.a. - 37.03 -
1.27 1,035.30 - n.a. - 33.63 -
1.26 1,049.78 - n.a. - 36.80 -
1.25 1,049.85 - n.a. - 36.80 -
1.22 1,049.68 1,316.22 n.a. 136.31 36.79 36.87
1.21 1,055.74 - n.a. - 36.80 -
1.20 1,055.80 - n.a. - 36.80 -
1.19 1,015.78 - n.a. - 36.80 -
1.15 1,007.66 1,210.78 n.a. n.a. 36.80 37.16
1.14 1,007.85 - n.a. - 36.80 -
1.13 1,007.80 - n.a. - 36.79 -
1.12 1,007.74 - n.a. - 36.80 -
1.11 1,007.76 - n.a. - 36.79 -
1.8 1,007.71 1,220.01 n.a. n.a. 36.80 37.00
1.7 1,007.83 - n.a. - 36.79 -
1.6 1,016.47 - n.a. - 36.79 -
1.5 1,016.44 - n.a. - 36.79 -
1.4 1,016.61 - n.a. - 36.80 -

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。




バナースペース


Infomation

当サイトは、

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。


charTrade(チャートレード)

charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、こちらで展開中!