本文へスキップ

PER(NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均)の推移・時系列・実績PERと予想PER

3種のダウ平均のPER(株価収益率)の推移です。実績PERと予想PERを掲載しています。

PER(NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均)PER




目次

目次の項目を選択すれば、その項目の欄へすぐに移動できます。


メニュー


用語


わからない用語があればこちらで検索してください。



PERのわかりやすい解説は「日経平均のPER・EPS・PBR・配当利回り」を参照してください。ここでは「実績PER」と「予想PER」について解説します。

実績PERは、実績1株利益で計算された実績値のPERです。直近の決算の利益をもとに計算されたPERで、当ページの実績PERは、過去4回(12カ月)分の四半期EPSの合計で計算されています。

予想PERは、予想1株利益で計算された予想値のPERです。予想利益をもとに計算されたPERで、当ページの予想PERは、12カ月先の予想PERを掲載しています。


実績PERはPERの基準を見る際に使われ、予想PERは将来のPERを予想する際に使われるのが一般的です。通常は両方見ますが、株価は将来を予想して推移しますので、一般的には予想PERの方がよく見られる傾向があります。日本は特にその傾向が強いです。ただし、米国では事情は異なり、米国は実績PERを重視しやすい傾向があります。予想はあくまで予想、実際に達成できた実績を見る傾向があります。マーケット環境にもよりますので、両方見ておいた方がよいでしょう。


PERはマイナスになる場合もあります。個別銘柄では時にPERがマイナスになっていることもありますが、株価指数でもマイナスとなる場合があります。株価指数は、複数の銘柄の株価をある一定の計算方法で指数化したものですので、マイナスになることもあります。

PERは、株価をEPS(1株あたり利益)で割って求められます。EPSは、純利益発行済株式数で割って求められます。株価と発行済株式数がマイナスになることはありませんので、PERがマイナスになる時というのは、つまり純利益がマイナスである、すなわち赤字企業であればマイナスとなります。

PERは通常、その数値が高ければ割高、低ければ割安と判断されますが、数値に基準はなく、同業他社と比較したり過去のPERの推移を見て割高・割安と判断するのが一般的な株価指標ですが、マイナスの場合は割安とは言えません。PERは、その数値が「その株式に投資をすれば何年でもとがとれるか」を示します。例えば、PERが10倍であれば10年でもとがとれるということを示しますので、赤字企業の場合はPERを計算しても意味を成さず、指標としては使えません。

さて、当ページでは、実績PERと予想PERの推移を掲載していますが、実績でもマイナス、予想でもマイナスということがあります。予想でもマイナスということは、先行きとしても赤字になる可能性が高いことを示します。

PERがマイナスである場合、指標として意味を成しませんので、通常はPBR(株価純資産倍率)等の他の株価指標で株価が割高か割安かを判断することが多いです。PBRは資産から見た株価の割高・割安を示した指標です。株価を利益から見て判断するPERでなく、資産から見て判断するPBRなどが使われることが多いです。

一方、株価指数のPERがマイナスになる時というのは、大きな災害があった場合や、コロナショックなどが起こった場合にマイナスになることがあります。一時的要因であれば、実力がある企業であれば回復を見込むこともできますので、それぞれの企業の本来の実力で判断することも有効となりやすいです。ゆえに、予想で回復が見えてくれば予想PERで割高・割安を判断することは有効となりやすいです。ただし、予想はあくまで予想ですので、市場の予想・判断が間違っていれば、PERを使った割高・割安の判断も間違える、といったことは注意しておく必要があります。


当サイトの時系列の表などで「n.a.」と記載していることがありますが、これは計測できないことを示します。例えば、コロナショックのように、業績予想を「未定」とする企業が出てきた場合、企業側が利益予想をしなければPERは計算できませんので計測不能となります。その場合は「n.a.」と記載されます。あるいは、上記の解説のようにPERがマイナスの場合も「n.a.」と記載されます。


PERは、「n.a.」と記載されずに異常値が出る場合もあります。近年ではコロナショック時がそうでしたが、これは業績予想を見送る企業が相次いだため、市場予想が遅れて利益予想などをゼロとして算出していたためです。その場合、急激に異常値が出ることもあります。






NYダウー予想PERのチャート(2021年)



NYダウー予想PERのチャート(2020年)



NYダウー予想PERのチャート(2019年)



NYダウー予想PERのチャート(2018年)



NYダウー予想PERのチャート(2017年)




ダウ輸送株平均-予想PERのチャート(2021年)



ダウ輸送株平均-予想PERのチャート(2020年)



ダウ輸送株平均-予想PERのチャート(2019年)




ダウ公共株15種平均ー予想PERのチャート(2021年)



ダウ公共株15種平均ー予想PERのチャート(2020年)



ダウ公共株15種平均ー予想PERのチャート(2019年)




NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均のEPSの推移は、以下のページで掲載しています。






※スマホの場合、下の表を横にスライドで全体表示。

日付 NYダウ
PER
輸送株平均
PER
公共株平均
PER
実績 予想 実績 予想 実績 予想
2.25 32.07 - n.a. - 22.82 -
2.24 32.64 - n.a. - 23.27 -
2.23 32.29 - n.a. - 23.56 -
2.22 32.27 - n.a. - 23.40 -
2.19 32.24 20.88 n.a. 33.29 23.86 22.77
2.18 32.24 - n.a. - 23.71 -
2.17 31.90 - n.a. - 24.00 -
2.16 31.81 - n.a. - 23.95 -
2.12 31.74 20.75 n.a. 36.62 23.94 22.97
2.11 31.46 - n.a. - 24.15 -
2.10 31.47 - n.a. - 23.81 -
2.9 31.36 - n.a. - 23.67 -
2.8 31.37 - n.a. - 23.65 -
2.5 31.13 20.61 n.a. 38.19 23.84 23.53
2.4 31.04 - n.a. - 23.71 -
2.3 30.36 - n.a. - 23.51 -
2.2 30.30 - n.a. - 23.72 -
2.1 29.83 - n.a. - 23.54 -
1.29 29.60 20.05 n.a. 36.60 23.42 23.16
1.28 30.69 - n.a. - 23.04 -
1.27 29.27 - n.a. - 25.11 -
1.26 29.47 - n.a. - 23.49 -
1.25 29.49 - n.a. - 23.70 -
1.22 29.53 23.55 n.a. 94.32 23.32 23.27
1.21 29.53 - n.a. - 23.31 -
1.20 29.54 - n.a. - 23.50 -
1.19 30.45 - n.a. - 23.30 -
1.15 30.58 25.45 n.a. n.a. 23.40 23.17
1.14 30.75 - n.a. - 23.13 -
1.13 30.82 - n.a. - 23.26 -
1.12 30.83 - n.a. - 22.81 -
1.11 30.77 - n.a. - 22.92 -
1.8 30.86 25.49 n.a. n.a. 23.13 23.01
1.7 30.80 - n.a. - 22.94 -
1.6 30.33 - n.a. - 23.31 -
1.5 29.90 - n.a. - 22.89 -
1.4 29.73 - n.a. - 22.91 -

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。




バナースペース


Infomation

当サイトは、

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。


charTrade(チャートレード)

charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、こちらで展開中!