スポンサーリンク

空売り比率

空売り比率について

日経平均株価と逆相関の関係にあるJPX(日本取引所グループ)公表の空売り比率です。

  • 当ページは、空売り比率の解説と最新年の推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • 「各年比較チャート」や「過去データ」は、ページ下部「各年比較チャート・過去データ」の欄のリンク先のページで確認することができます。
  • 各指数・指標の解説「空売り比率とは
  • JPX(日本取引所グループ)公表の空売り比率を掲載しています。
  • [動画で解説]ーYouTube-
    [動画で解説] 空売り比率とは(見方と特徴)
スポンサーリンク

空売り比率の見方と水準・計算・日銀のETF買いの影響

空売り比率(読み方:からうりひりつ)とは、信用取引信用売り(空売り)の残高(信用売残)を平均出来高で割った比率です。信用取引は、いずれ反対売買をしなければならない取引です。そのため、信用売りはいずれ買戻す必要があります。「買戻す」とは、新規で売りつけたもののまだ反対売買で取引の清算を終了していない売りポジションを、反対売買の買い注文で決済することです。

ゆえに、空売り比率が高まってくると買戻しの期待が膨らみ、株価の上昇が期待されます。一方、空売り比率が上昇して高くなる局面は、ヘッジファンドが売り仕掛けている場合が多く、さらに株価が下がる可能性も高いです。また、信用売りは短期売買の資金で買戻す期間が短いため、空売り比率が高まる局面は、投資家が短期の先安観を強めていることも示しています。

当ページの空売り比率について

当ページでは、JPX(日本取引所グループ)が毎営業日公表している空売り比率の推移を掲載しています。この空売り比率は、東証(東京証券取引所)全体に占める株式・ETF・REIT・新株予約権証券の空売りの売買代金の割合です。

このJPXが公表している空売り比率は、株価(日経平均株価)と逆相関の関係にあります。通常は20%から30%程度で推移します。20%以下で相場が天井圏になりやすく、30%以上になれば相場が底値圏になりやすいのが過去の傾向です。

ただ、近年はその水準が切り上がり、40%前後の推移が続いています。これは空売り規制が変更されたことや、日銀のETF買い浮動株が減少し、ボラティリティが高まりやすくなっていることが要因との指摘があります。

チャート(空売り比率)

空売り比率の「各年比較チャート」は、ページ下部「各年比較チャート・過去データ」の欄のリンク先のページで掲載しています。

空売り比率チャート
スポンサーリンク

時系列(2021年)

日付空売り比率
2021.04.0940.3
2021.04.0840.1
2021.04.0739.0
2021.04.0640.5
2021.04.0538.0
2021.04.0238.5
2021.04.0141.0
2021.03.3140.9
2021.03.3036.6
2021.03.2942.7
2021.03.2638.6
2021.03.2543.3
2021.03.2443.2
2021.03.2344.3
2021.03.2241.6
2021.03.1939.2
2021.03.1838.6
2021.03.1738.5
2021.03.1637.6
2021.03.1541.0
2021.03.1243.2
2021.03.1137.8
2021.03.1040.2
2021.03.0940.7
2021.03.0841.4
2021.03.0543.6
2021.03.0442.0
2021.03.0341.5
2021.03.0240.6
2021.03.0141.2
2021.02.2642.9
2021.02.2539.3
2021.02.2439.6
2021.02.2238.9
2021.02.1940.5
2021.02.1838.7
2021.02.1739.1
2021.02.1635.6
2021.02.1533.8
2021.02.1239.1
2021.02.1037.1
2021.02.0937.4
2021.02.0835.0
2021.02.0536.0
2021.02.0438.0
2021.02.0338.3
2021.02.0238.9
2021.02.0140.8
2021.01.2941.8
2021.01.2850.2
2021.01.2737.1
2021.01.2641.3
2021.01.2538.3
2021.01.2238.0
2021.01.2134.9
2021.01.2038.6
2021.01.1937.0
2021.01.1839.1
2021.01.1540.1
2021.01.1439.0
2021.01.1336.4
2021.01.1237.3
2021.01.0839.3
2021.01.0737.8
2021.01.0640.4
2021.01.0540.8
2021.01.0441.7

各年比較チャート・過去データ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました