[お知らせ] 「長期金利(米国・アメリカ)」の掲載開始!比較チャートを多数掲載しています。
PR

FRBの金融緩和と金融引き締めの強さ

概要

frbの金融緩和の強さと金融引き締めの強さ・強度と度合い

当ページでは、FRBの金融緩和の強さと金融引き締めの強さはどれくらいか?をチャートで表して掲載しています。金融緩和と金融引き締めの強さは、自然利子率と実質FF金利の差で測ることができ、そのデータをチャート化して視覚的にわかるようにしています。見方の解説も記載していますので、解説を読んでからチャートをご覧ください。

  • 当ページは、FRBの金融緩和の強さと金融引き締めの強さの解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • Source:Board of Governors of the Federal Reserve System,Federal Reserve Bank of New York,Bureau of Economic Analysis,U.S. Bureau of Labor Statistics,株式マーケットデータ
  • FRBの金融緩和の強さと金融引き締めの強さは、ジョン・ウィリアムズ現ニューヨーク連銀総裁のLaubach-Williamsモデルの自然利子率とニューヨーク連銀が公表しているFF金利、米国の商務省と労働省が公表しているPCEコアデフレーターとコアCPIから株式マーケットデータが算出。
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は改定値を上書きして掲載しています。
  • Strength/Monetary Easing,Monetary Tightening(FRB) historical data&chart

FRBの金融緩和の強さと金融引き締めの強さの測り方と計算方法

FRB(連邦準備制度理事会)金融緩和の強さと金融引き締めの強さ、つまりFRBの金融緩和の度合い(金融緩和度)と、金融引き締めの度合い(金融引き締め度)はどれくらいか?は、米国の自然利子率と実質の政策金利実質FF金利)の差で測ることができます。

自然利子率は経済物価に対して金融緩和的でも金融引き締め的でもない中立的な実質金利の水準であり、最適な資産配分が実現する金利水準を意味します。自然利子率は中長期的に潜在成長率と類似し、FRBにとっては金融政策スタンスを金融緩和的か、金融引き締め的かを判断するベンチマークの一つとなっています。これと米国の実質の政策金利である「実質FF金利」の差によって、FRBの金融緩和の強さと金融引き締めの強さが測れます。つまり、金融緩和的でも金融引き締め的でもない中立の水準から実質の政策金利がどれだけ離れているか、でその強さを測ることができます。

実質FF金利の推移はこちら

実質FF金利の推移と解説は、以下のページで掲載しています。

自然利子率の注意点

FRBの金融緩和の強さと金融引き締めの強さを見る場合、上記で説明した自然利子率と実質FF金利の差で測るのが最も一般的ですので、当ページではそのデータを算出しチャートと時系列にして掲載していますが、算出で用いる「自然利子率」には注意点があります。

自然利子率は、需給(需要と供給)が均衡するのが前提です。需給は常に変化して直接観察できないため、自然利子率は様々な手法・モデルによって推計されています。つまり自然利子率は推計値なのです。自然利子率は推計値ですので、手法・モデルによってその数値は異なります。当ページの算出で用いている自然利子率は、自然利子率の研究の第一人者であるジョン・ウィリアムズ現ニューヨーク連銀総裁の「Laubach-Williamsモデル」です。この「Laubach-Williamsモデル」が市場で最も注目度が高い自然利子率ですのでそれを用いています。ウィリアムズ氏は定期的に自然利子率を推計・公表していますが、推計値は過去に遡って修正されますので、当ページの「FRBの金融緩和と金融引き締めの強さ」の数値もそれに合わせて修正されます(当ページの数値は、常に最新の修正値を掲載しています)。

この自然利子率は「rスター」とも呼ばれていますが、FRBがFOMC(連邦公開市場委員会)において見通しを示すFF金利の「ロンガーランレート」に対し、このrスターは物価の影響を取り除いた実質値で示されます。

「ロンガーランレート」の解説や見方は、以下のドットチャートのページに記載しています。

注意点としては、自然利子率は過去に遡って大幅に修正されやすい点です。過去に遡って0.5-1.0%程度の修正は当たり前のようにあり、過去の水準が大幅に修正され景色がガラッと変わることもあります。また、自然利子率はモデルによっても値がかなり異なるため、かなり幅をもって見る必要があります。

当ページの「FRBの金融緩和と金融引き締めの強さ」のデータは「Laubach-Williamsモデル」の自然利子率から算出しているため、過去に遡って自然利子率の値が大きく修正されれば、それに合わせてデータも大きく修正されます。

自然利子率の推移はこちら

自然利子率の推移とさらに詳しい解説は、以下のページで掲載しています。

PCEコアベースとは?コアCPIベースとは?

実質FF金利は、FF金利からインフレ率を差し引いて算出されますが、この際のインフレ率で最も用いられるのはPCEコア(PCEコアデフレーター)コアCPIです。PCEコアで算出したものが「PCEコアベース」、コアCPIで算出したものが「コアCPIベース」で、当ページではその2つを掲載しています。どちらも重要ですが、まずはPCEコアベースを中心に見られるのがいいと思います(以下のPCEコアのリンク先のページの解説を参照してください)。

PCEコアとコアCPIの推移はこちら

PCEコアとコアCPIの推移と解説は、以下のページで掲載しています。

金融緩和と金融引き締めの強さのチャートの見方

当ページでは、米国の自然利子率と実質FF金利の差から金融緩和と金融引き締めの強さを算出し、それをチャートにして掲載しています。この「金融緩和と金融引き締めの強さのチャート」の見方を説明します。

FRBの金融緩和と金融引き締めの強さのチャートの見方と図解
  • 「金融緩和と金融引き締めの強さのチャート」は、プラス圏にあって、且つその数値が高ければ高いほど金融緩和の度合いが強いことを示します。
  • 「金融緩和と金融引き締めの強さのチャート」は、マイナス圏にあって、且つその数値が低ければ低いほど金融引き締めの度合いが強いことを示します。
  • 「金融緩和と金融引き締めの強さのチャート」は、ゼロがベースとなります。数値がゼロということは自然利子率の水準であることを意味しますので、金融緩和的でも金融引き締め的でもない中立的な水準になります。

チャート(FRBの金融緩和と金融引き締めの強さ)

[PCEコアベース] FRBの金融緩和と金融引き締めの強さのチャート

pceコアデフレーターベースのfrbの金融緩和の強さと金融引き締めの強さのチャート
  • 拡大表示はこちら
  • Chart [Strength/Monetary Easing,Monetary Tightening(FRB)-PCE Core/Personal Consumption Expenditures Core]
  • チャートの灰色の期間が米国の景気後退期間です。景気後退期間の解説と推移は、以下のページを参照してください。
景気後退期間(米国・アメリカ)
米国(アメリカ)の景気後退と景気拡大の期間のチャートと時系列です(速報)。全米経済研究所(NBER)公表分。日本と米国の景気後退期の比較チャートも掲載!景気後退はいつからいつまで?過去から現在までの推移と景気循環や公表日のわかりやすい解説付き。

[コアCPIベース] FRBの金融緩和と金融引き締めの強さのチャート

frbの金融緩和の強さと金融引き締めの強さのチャート

時系列(historical data)

日付金融緩和・金融引き締めの強さ
(コアCPIベース)
金融緩和・金融引き締めの強さ
(PCEコアベース)
2023-3Q-0.0420337-0.4920337
2023-2Q0.99069120.4706912
2023-1Q2.38956661.5695666
2022-4Q3.04435842.2143584
2022-3Q5.52895374.3989537
2022-2Q6.04135635.3313563
2022-1Q7.97829556.8430634
2021-4Q7.39432156.9379320
2021-3Q5.65049695.5696399
2021-2Q6.15967215.4614961
2021-1Q3.16029663.6054961
2020-4Q3.01580282.8789319
2020-3Q3.13215432.8920213
2020-2Q2.58386632.3222591
2020-1Q2.94725782.4574957
2019-4Q2.28944901.5776085
2019-3Q1.92567521.2120143
2019-2Q1.19486140.8455177
2019-1Q0.92801000.5599626
2018-4Q1.24772821.1324792
2018-3Q1.59345341.4828126
2018-2Q1.89728381.6338814
2018-1Q2.02324321.9704844
2017-4Q1.79507801.6905956
2017-3Q1.65716941.4921810
2017-2Q1.73527621.7312141
2017-1Q2.37444182.1210136
2016-4Q2.78944652.4178612
2016-3Q2.98046982.4644051
2016-2Q2.98065222.2790591
2016-1Q2.89895342.0834653
2015-4Q2.74583721.7745293
2015-3Q2.71645372.0508070
2015-2Q2.66479742.1547760
2015-1Q2.48311212.0426228
2014-4Q2.24321592.1129276
2014-3Q2.46834142.4746450
2014-2Q2.55468382.3719890
2014-1Q2.11192961.9937667
2013-4Q2.37435612.3323470
2013-3Q2.29455942.1498267
2013-2Q2.02947511.9182194
2013-1Q2.40199451.9980536
2012-4Q2.30446772.0934931
2012-3Q2.43902922.1311933
2012-2Q2.77405832.3934626
2012-1Q3.04329342.7873508
2011-4Q2.82355042.5993627
2011-3Q2.51451332.3650831
2011-2Q2.26565202.2510482
2011-1Q1.69228771.7066527
2010-4Q1.41291041.6685007
2010-3Q1.42527491.9231470
2010-2Q1.64000232.2964757
2010-1Q1.89246652.5698690
2009-4Q2.82433822.5344142
2009-3Q2.24483091.4691019
2009-2Q2.41906051.4388582
2009-1Q2.37735591.3398947
2008-4Q2.59567321.9328263
2008-3Q2.51684592.0608677
2008-2Q2.50367652.3184692
2008-1Q2.00855771.7773685
2007-4Q0.71605040.7205596
2007-3Q-0.3952255-0.3928529
2007-2Q-0.6185630-0.8312088
2007-1Q-0.2118482-0.3334915
2006-4Q-0.1596313-0.4438937
2006-3Q0.1348433-0.1594403
2006-2Q0.28479360.2807407
2006-1Q0.14391650.2112822
2005-4Q0.53093920.6112934
2005-3Q0.82778941.0219085
2005-2Q1.48532871.5714310
2005-1Q2.36179212.3175622
2004-4Q2.62011012.4857138
2004-3Q2.91628512.8642913
2004-2Q3.52506823.7339213
2004-1Q3.28818843.5491160
2003-4Q2.88786893.4263172
2003-3Q2.95185403.2172911
2003-2Q2.83360462.8612276
2003-1Q3.03154133.1000881
2002-4Q3.38145483.2504567
2002-3Q3.42873563.6634736
2002-2Q3.65966012.9530092
2002-1Q3.75082972.7991131
2001-4Q3.99784903.0360916
2001-3Q2.60711101.2251017
2001-2Q2.10098621.4936915
2001-1Q0.78310970.0153384
2000-4Q-0.3010249-1.0300038
2000-3Q-0.4369175-1.1874654
2000-2Q-0.4260953-1.1838205
2000-1Q0.0439882-0.4556144
1999-4Q0.1866567-0.2730220
1999-3Q0.1762877-0.3918775
1999-2Q0.6557379-0.0468620
1999-1Q0.5551921-0.3994708
1998-4Q1.0106477-0.0364861
1998-3Q0.1040128-1.1896897
1998-2Q-0.4378995-1.6579008
1998-1Q-0.5477165-1.4049476
1997-4Q-0.5189999-1.2680764
1997-3Q-0.5703387-1.1494336
1997-2Q-0.3522597-0.7840468
1997-1Q-0.3622938-0.9235697
1996-4Q-0.0716908-0.8102968
1996-3Q-0.1201306-0.9182984
1996-2Q-0.1030587-0.9489410
1996-1Q-0.2797878-1.1220236
1995-4Q-0.3649010-1.2201398
1995-3Q-0.7230653-1.4740701
1995-2Q-0.8572133-1.7652722
1995-1Q-0.7874742-1.5878056
1994-4Q-0.5745589-0.9955706
1994-3Q0.5244858-0.2807498
1994-2Q1.04126200.4069386
1994-1Q1.78880341.2883057
1993-4Q2.53461361.7964894
1993-3Q2.35056161.9418934
1993-2Q2.67074342.2519427
1993-1Q2.76764522.0656776
1992-4Q2.98274042.4783670
1992-3Q2.65453612.0108114
1992-2Q2.75017311.9643364
1992-1Q2.64173702.0309739
1991-4Q2.64831021.7320502
1991-3Q1.86110160.7895686
1991-2Q1.87208400.3402120
1991-1Q1.76883170.2207136
1990-4Q0.8126247-0.3550409
1990-3Q0.6668537-0.4744656
1990-2Q0.0857171-0.7402682
1990-1Q0.1306042-0.7928670
1989-4Q-0.7754665-1.4997166
1989-3Q-1.4126265-1.9626059
1989-2Q-1.6311323-1.9171614
1989-1Q-1.6422650-1.7626931
1988-4Q-0.5853898-0.6584348
1988-3Q-0.4103619-0.3268068
1988-2Q0.39441350.1683642
1988-1Q1.01036400.6045976
1987-4Q0.74991890.1609415
1987-3Q0.1946904-0.6694533
1987-2Q0.5006690-0.4458786
1987-1Q0.8765173-0.3073451
1986-4Q0.0511757-0.5542631
1986-3Q1.39810790.4922789
1986-2Q0.2500738-0.2750586
1986-1Q0.0101052-0.4674936
1985-4Q-0.6527804-0.9933625
1985-3Q-0.3741094-0.2532618
1985-2Q0.2475324-0.1098568
1985-1Q-0.2712818-0.8794079
1984-4Q-0.5106674-1.1086104
1984-3Q-2.9237933-4.2834324
1984-2Q-2.5788629-3.2344634
1984-1Q-1.6774741-2.2575283
1983-4Q-1.5740886-2.1223669
1983-3Q-2.7584522-1.1334078
1983-2Q-3.2423218-1.1361727
1983-1Q-1.2260277-0.3654529
1982-4Q-1.7090038-0.3782527
1982-3Q-1.5738611-1.4039205
1982-2Q-2.7017578-4.7570837
1982-1Q-3.0901909-4.9376303
1981-4Q0.3360472-1.4495865
1981-3Q-0.5678890-3.9384388
1981-2Q-6.4432438-6.9395386
1981-1Q-1.0610246-1.9897341
1980-4Q-3.2746874-5.8280288
1980-3Q4.11986891.6298947
1980-2Q7.06892222.4160649
1980-1Q-1.2859546-4.4373649
1979-4Q0.7843078-2.5371761
1979-3Q1.7597494-0.6168372
1979-2Q2.27039990.3346406
1979-1Q2.2928595-0.2365665
1978-4Q1.86510100.2542675
1978-3Q2.73698491.5715000
1978-2Q2.76965152.3257216
1978-1Q2.21868212.2718945
1977-4Q2.74075972.7245581
1977-3Q3.16969743.4218288
1977-2Q4.19781794.2429011
1977-1Q4.39021724.4793379
1976-4Q4.27359094.0348390
1976-3Q4.40603103.7626074
1976-2Q3.94559603.3799132
1976-1Q4.97648944.4504021
1975-4Q4.56939334.5477450
1975-3Q4.50408693.9607883
1975-2Q6.99335615.8836030
1975-1Q8.93322187.4745164
1974-4Q6.11479345.0604555
1974-3Q2.56607181.5451822
1974-2Q-0.1891342-0.3641251
1974-1Q0.16123490.6633246
1973-4Q-1.3318898-0.9176892
1973-3Q-3.1850467-2.7049235
1973-2Q-1.2251687-0.7306392
1973-1Q-0.0659065-0.1287076
1972-4Q1.48310241.5361469
1972-3Q1.69595392.0261871
1972-2Q2.23882412.4220918
1972-1Q3.27552313.5155397
1971-4Q2.61602483.2629834
1971-3Q2.81485513.0046068
1971-2Q4.10740794.2723666
1971-1Q5.82984945.5949422
1970-4Q5.64537644.0042844
1970-3Q4.20078492.6192776
1970-2Q3.14579041.2700953
1970-1Q2.67285721.2207783
1969-4Q1.70520420.2571497
1969-3Q1.59352440.2397705
1969-2Q1.68846060.5127955
1969-1Q3.75450662.7863714
1968-4Q3.89751523.5191573
1968-3Q4.04541023.7161043
1968-2Q3.54264283.3773938
1968-1Q4.27571683.9096204
1967-4Q3.98893073.3467701
1967-3Q4.34656493.8475455
1967-2Q4.00699733.5865785
1967-1Q3.93713343.4166286
1966-4Q2.80533072.5648422
1966-3Q2.51750832.1339138
1966-2Q2.15701241.9908864
1966-1Q1.99888982.0543723
1965-4Q2.12284852.0843067
1965-3Q2.22389082.0522268
1965-2Q1.66250881.6563407
1965-1Q1.69336811.6569319
1964-4Q1.53813261.6123369
1964-3Q2.27798182.3921797
1964-2Q2.43320042.3310126
1964-1Q2.88459442.7093154
1963-4Q2.35051672.4193519
1963-3Q2.20905812.2114363
1963-2Q2.39301872.3310923
1963-1Q2.13805822.2435973
1962-4Q2.50282792.4572671
1962-3Q2.97062882.9669463
1962-2Q3.60334113.4669806
1962-1Q3.92870253.8678762
1961-4Q4.29806034.1745309
1961-3Q5.05358684.7904852
1961-2Q4.64122254.9133980
1961-1Q3.84632994.4060709
FRBの金融緩和の強さと金融引き締めの強さの時系列データ