本文へスキップ

消費者物価指数(CPI・米国)の推移・時系列・インフレ・デフレ・原油やドルとの関係をわかりやすく解説

消費者物価指数(CPI・米国)Consumer Price Index

<スマホ対応>
https://stock-marketdata.com/



消費者物価指数(CPI)


用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


消費者物価指数(CPI)とは(公表日など概要)

消費者物価指数(読み方:しょうひしゃぶっかしすう)とは、米労働省が毎月発表している、消費者が実際に購入する商品やサービスの小売価格の動向を示した物価指数です(英語:CPI/Consumers Price Index)。消費者物価指数は物価の動向を見る指標で、物価の動向は国民生活に直接影響してくるため注目度が非常に高いです。また、物価の動向は金融政策にも大きく影響してくため、国にとっても国民にとっても非常に重要な指標となっています。


消費者物価指数の見方と上昇・低下要因

消費者物価指数は、その数値が上昇していれば物価が上昇していることを示します。物価が上昇していれば、金利が上がり、売上も上がって賃金も上がる、というサイクルが機能していることを示します。

消費者物価指数は、その数値が低下していれば物価が低下していることを示します。物価が低下していれば、金利が下がり、売上も下がって賃金も下がる、というデフレ(デフレーション)圧力が強まっていることを示します。

つまり、消費者物価指数を見れば、インフレ(インフレーション)やデフレの度合いをはかることができます。日本の消費者物価指数は、原油安円高で下がりやすく、賃金が上がれば上がりやすい傾向があります。

消費者物価指数は、一般的には、事前の市場予想より実際の数値が高ければドル買い材料となり、事前の市場予想より実際の数値が低ければドル売り材料と見られています。


米国の消費者物価指数の特徴

米国の消費者物価指数は、原油安ドル高で下がりやすくなり、賃金上昇で上がりやすくなる傾向があります。


コアCPIが重視される

消費者物価指数(CPI)は、インフレやデフレの度合いをはかる指標として非常に重要視されますが、インフレやデフレの基調の度合いを見る場合、天候等によって価格変動が大きい食料やエネルギーを除いた「コアCPI」を重視することが多いです。米国のコアCPIの推移は「コアCPI(米国)」のページで確認することができます。






2020
前月比 前年比 前月比 前年比
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月 0.1 2.3
1月 0.1 2.5
2019 2018
前月比 前年比 前月比 前年比
12月 0.2 2.3 -0.1 1.9
11月 0.3 2.1 0.0 2.2
10月 0.4 1.8 0.3 2.5
9月 0.1 1.7 0.1 2.3
8月 0.1 1.7 0.2 2.7
7月 0.3 1.8 0.2 2.9
6月 0.1 1.6 0.1 2.9
5月 0.1 1.8 0.2 2.8
4月 0.3 2.0 0.2 2.5
3月 0.4 1.9 -0.1 2.4
2月 0.2 1.5 0.2 2.2
1月 0.0 1.6 0.5 2.1
2017 2016
前月比 前年比 前月比 前年比
12月 0.2 2.1 0.3 2.1
11月 0.4 2.2 0.2 1.7
10月 0.1 2.0 0.4 1.6
9月 0.5 2.2 0.3 1.5
8月 0.4 1.9 0.2 1.1
7月 0.1 1.7 0.0 0.8
6月 0.0 1.6 0.2 1.0
5月 -0.1 1.9 0.2 1.0
4月 0.2 2.2 0.4 1.1
3月 -0.3 2.4 0.1 0.9
2月 0.1 2.7 -0.2 1.0
1月 0.6 2.5 0.0 1.4
2015 2014
前月比 前年比 前月比 前年比
12月 -0.1 0.7 -0.3 0.8
11月 0.0 0.5 -0.3 1.3
10月 0.2 0.2 0.0 1.7
9月 -0.2 0.0 0.1 1.7
8月 -0.1 0.2 -0.2 1.7
7月 0.1 0.2 0.1 2.0
6月 0.3 0.1 0.3 2.1
5月 0.4 0.0 0.4 2.1
4月 0.1 -0.2 0.3 2.0
3月 0.2 -0.1 0.2 1.5
2月 0.2 0.0 0.1 1.1
1月 -0.7 -0.1 0.1 1.6
2013 2012
前月比 前年比 前月比 前年比
12月 0.2 1.5 0.0 1.7
11月 0.0 1.2 -0.3 1.8
10月 -0.1 1.0 0.1 2.2
9月 0.2 1.2 0.6 2.0
8月 0.1 1.5 0.6 1.7
7月 0.2 2.0 0.0 1.4
6月 0.5 1.8 0.0 1.7
5月 0.1 1.4 -0.3 1.7
4月 -0.4 1.1 0.0 2.3
3月 -0.2 1.5 0.3 2.7
2月 0.7 2.0 0.4 2.9
1月 0.0 1.6 0.2 2.9
2011 2010
前月比 前年比 前月比 前年比
12月 0.0 3.0 0.5 1.5
11月 0.0 3.4 0.1 1.1
10月 -0.1 3.5 0.2 1.2
9月 0.3 3.9 0.1 1.1
8月 0.4 3.8 0.3 1.1
7月 0.5 3.6 0.3 1.2
6月 -0.2 3.6 -0.1 1.1
5月 0.2 3.6 -0.2 2.0
4月 0.4 3.2 -0.1 2.2
3月 0.5 2.7 0.1 2.3
2月 0.5 2.1 0.0 2.1
1月 0.4 1.6 0.2 2.6
2009 2008
前月比 前年比 前月比 前年比
12月 0.2 2.7 0.1 0.1
11月 0.2 1.8 1.1 1.1
10月 0.2 -0.2 3.7 3.7
9月 0.2 -1.3 4.9 4.9
8月 0.4 -1.5 5.4 5.4
7月 0.1 -2.1 5.6 5.6
6月 0.7 -1.4 5.0 5.0
5月 0.1 -1.3 4.2 4.2
4月 0.1 -0.7 3.9 3.9
3月 -0.1 -0.4 4.0 4.0
2月 0.4 0.2 4.0 4.0
1月 0.3 0.0 4.3 4.3
2007 2006
前月比 前年比 前月比 前年比
12月 4.1 4.1 0.4 2.5
11月 4.3 4.3 0.0 2.0
10月 3.5 3.5 -0.4 1.3
9月 2.8 2.8 -0.5 2.1
8月 2.0 2.0 0.3 3.8
7月 2.4 2.4 0.4 4.1
6月 2.7 2.7 0.2 4.3
5月 2.7 2.7 0.5 4.2
4月 2.6 2.6 0.6 3.5
3月 2.8 2.8 0.3 3.4
2月 2.4 2.4 0.1 3.6
1月 2.1 2.1 0.6 4.0
2005 2004
前月比 前年比 前月比 前年比
12月 -0.1 3.4 0.0 3.3
11月 -0.7 3.5 0.3 3.5
10月 0.3 4.3 0.6 3.2
9月 1.2 4.7 0.2 2.5
8月 0.6 3.6 0.1 2.7
7月 0.6 3.2 0.0 3.0
6月 0.0 2.5 0.4 3.3
5月 0.1 2.8 0.6 3.1
4月 0.5 3.5 0.2 2.3
3月 0.5 3.1 0.4 1.7
2月 0.4 3.0 0.3 1.7
1月 0.0 3.0 0.4 1.9

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。






ナビゲーション



バナースペース


charTrade(チャートレード)


charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、姉妹サイト「投資戦略」で展開中!

charTradeのPR動画はこちら


Infomation

当サイトは

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。

https://stock-marketdata.com/