[お知らせ] 「銅金レシオ(CGレシオ・銅金比率)」の掲載開始

消費者物価指数(CPI・米国)

米国の消費者物価指数の概要

米国(アメリカ)の消費者物価指数cpi

マーケットレーダー
マーケットレーダー

米国(アメリカ)の消費者物価指数(CPI)は、米国の物価動向を示す指数で、FRBの金融政策に大きく影響するため、重要度・注目度が非常に高い指標である。

  • 当ページは、消費者物価指数(CPI・米国)の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • 各指数・指標の解説「米国消費者物価指数(CPI)とは
  • Source:労働省(米国)
  • 単位:%
  • 季節調整済み
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は上書きして掲載しています
  • 英語:Consumer Price Index(us)

消費者物価指数(CPI)とは?公表日など概要

消費者物価指数(読み方:しょうひしゃぶっかしすう)とは、米労働省が毎月発表している、消費者が実際に購入する商品やサービスの小売価格の動向を示した物価指数です(英語:CPI/Consumers Price Index)。消費者物価指数は物価の動向を見る指標で、物価の動向は国民生活に直接影響してくるため注目度が非常に高いです。また、物価の動向は金融政策にも大きく影響してくため、国にとっても国民にとっても非常に重要な指標となっています。

消費者物価指数の上昇要因・低下要因は?

消費者物価指数は、その数値が上昇していれば物価が上昇していることを示します。物価が上昇していれば、金利が上がり、売上も上がって賃金も上がる、というサイクルが機能していることを示します。

消費者物価指数は、その数値が低下していれば物価が低下していることを示します。物価が低下していれば、金利が下がり、売上も下がって賃金も下がる、というデフレ(デフレーション)圧力が強まっていることを示します。つまり、消費者物価指数を見れば、インフレ(インフレーション)やデフレの度合いをはかることができます。

米国の消費者物価指数は、一般的には事前の市場予想より実際の数値が高ければドル買い材料となり、事前の市場予想より実際の数値が低ければドル売り材料と見るのが基本形です。米国の消費者物価指数は、原油安ドル高で下がりやすくなり、原油高や賃金上昇で上がりやすくなる傾向があります。

原油価格の推移はこちら

原油価格の推移は、以下のページで掲載しています。

原油価格(NY原油・WTI原油)
原油価格の世界的な指標であるNY原油(ニューヨーク原油・WTI原油先物)のチャートと時系列です。NY原油は米国(アメリカ)の景気指標としても使われます。上昇要因・下落要因、原油高・原油安の影響、ドバイ原油やブレント原油の違い等の解説も掲載。

ドルインデックスの推移はこちら

ドルの強弱はドルインデックス(ドル指数)で確認できます。ドルインデックスの推移は、以下のページで掲載しています。

ドルインデックス(ドル指数)
ドルインデックス(ドル指数)のリアルタイムチャートと時系列です。米国の実質金利やドル円との比較チャートも掲載。ドルインデックスを見れば、ドルが強いのか弱いのかがわかります。上昇でドル買い(ドル高)、下落でドル売り(ドル安)を示します。

コアCPIが重視される

消費者物価指数(CPI)は、インフレやデフレの度合いをはかる指標として非常に重要視されますが、インフレやデフレの基調の度合いを見る場合、天候等によって価格変動が大きい食料やエネルギーを除いた「コアCPI」を重視することが多いです。米国のコアCPIの推移は、以下の「コアCPI(米国)」のページで確認することができます。

コアCPI(米国)
米国(アメリカ)のコアCPI(コア消費者物価指数)のチャートと時系列です。FRBが金融政策の決定で注目しているため消費者物価指数(CPI)より注目度が高いです。インフレ・デフレ・ドル買い(ドル高)・ドル売り(ドル安)などのわかりやすい解説も掲載。

CPIとPCEの違い(消費者物価指数と個人消費支出の違い)

一般的に注目される物価指数は、当ページで掲載している消費者物価指数(CPI)の他に「個人消費支出(PCE)」があります。CPIは米国の労働省が公表しており、PCEは米国の商務省が公表しています。

CPIとPCEの大きな違いは、CPIは都市部が中心で家計調査を基にした物価指数で、PCEは全米が対象で企業調査を基にした物価指数です。CPIは消費者の購買データが基となっており、PCEは企業の小売販売データが基になっています。

PCEはより注目度が高い

CPIとPCEですが、物価指数としてはPCEが米国の網羅的なデータである上、米国の金融政策を決定するFRB(連邦準備制度理事会)もPCEをインフレ(インフレーション)デフレ(デフレーション)の度合いをはかる指標として重視しているため、CPIよりPCEの方が注目度が高い指標と言えます。

FRBは、PCEから食料とエネルギーを除いた「PCEコアデフレーター」を重視していますので、通常はPCEコアデフレーターが最も注目されます。

PCEコアデフレーターとCPIを比較して見る場合は、CPIはコアCPIと比較して見るようにしましょう。PCEから食料とエネルギーを除いたものが「PCEコアデフレーター」ですが、CPIから食料とエネルギーを除いたものが「コアCPI」ですので、比較して見る場合はPCEコアデフレーターとコアCPIを見るようにしましょう(コアCPIを掲載しているページは上記にリンクを載せていますので、そこからコアCPIのページに飛んでください)。

PCEコアデフレーターの解説と推移(チャートと時系列)は、以下のページで掲載しています。

PCEコアデフレーター(米国)
米国(アメリカ)のPCEコアデフレーター(コアPCEデフレーター・個人消費支出コア)のチャートと時系列です。FRBがインフレ・デフレをはかる指標として重視しているため注目度が高いです。ドル買い(ドル高)・ドル売り(ドル安)などの解説も掲載。

物価上昇が家計を直撃する場合

CPIよりPCEの方が注目度が高く、その中でもPCEコアデフレーターがより注目されると記載しましたが、PCEコアデフレーターは食料とエネルギーを除いた物価指数であるため、例えば食料品価格が上昇していたり、ガソリン価格が上昇しているような時は、それらの物価上昇が家計を直撃します。

ゆえに、そういったケースの場合、政治はCPIを重視した政策を取りやすくなるので、PCEコアデフレーターよりCPIが重視されやすいです。

CPIとPCEの数値の誤差(CPIがPCEより高い理由)

消費者物価指数(CPI)の数値は、個人消費支出(PCE)の数値より0.2%から0.3%程度高く出る傾向があるのは金融市場では周知の事実ですので、比較して見る場合はその分を差し引いて見るのが一般的です。ただし、対象も調査データも異なる物価指数ですので、もちろんその限りではありません。

米国の生産者物価指数(PPI)とコアPPIの推移はこちら

米国のインフレを示す指標として特に重要視されているのは、消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)です。物価の変動は生産者側から消費者物価へと波及します(川上から川下へと波及する)。ゆえに、生産者物価指数は消費者物価指数を占う上で重要視されています。

米国の生産者物価指数(PPI)とコアPPIは、以下のページで掲載しています。

生産者物価指数(PPI・コアPPI)米国・アメリカ
米国(アメリカ)の生産者物価指数(PPI)とコアPPIのチャートと時系列です。消費者物価指数(CPI)とコアCPIとの比較チャートを掲載。インフレを示す指標でドル高・ドル安、平均時給との関係や影響、価格転嫁できているかの見方の解説も掲載。

消費者物価指数に先行性がある指標「CRB指数」はこちら

消費者物価指数(CPI)に対して先行性のある指標はCRB指数です。CRB指数の推移は以下のページで掲載していますので参照してください。

CRB指数(商品先物価格指数)
CRB指数(商品先物価格指数)のチャートと推移です。CRB指数とは、商品(コモディティ)の総合的な値動きを示す指数で、インフレの先行指標として世界的な物価や景気動向を示します。上昇・下落の影響、構成商品などわかりやすい解説も掲載しています。

消費者物価と失業率から算出される悲惨指数はこちら

米国の消費者物価の上昇率(前年比)と失業率から算出される米国民の経済的な悲惨度合いを測る指標「悲惨指数」は、以下のページで掲載しています(悲惨指数はスタグフレーションを測る指標としても用いられています)。

悲惨指数(ミザリーインデックス)
悲惨指数(ミザリーインデックス)のチャートと時系列です。インフレ率(消費者物価・CPI)と失業率から算出される指数で、経済的な悲惨度合いを測る指標です。スタグフレーションを測る指標としても用いられています。

消費者物価指数の先行指標「UIG(基調的インフレ率)」の推移はこちら

消費者物価指数の先行指標として捉えられているNY連銀公表の「UIG(基調的インフレ率)」は以下のページで掲載しています。

UIG(基調的インフレ率)
消費者物価指数(CPI)の先行指標として認知されているUIG(基調的インフレ率)のチャートと時系列です(ニューヨーク連銀公表分)。基調的インフレ率とは?公表日は?など解説も掲載。消費者物価指数との比較チャートも掲載しています。

CPIナウ(米国)の推移はこちら

米国の消費者物価指数(CPI)がどの程度で着地するか、リアルタイムの予想値は以下の「CPIナウ(CPI NOW)米国・アメリカ」のページで確認できます。CPIナウは、精度が非常に高いCPIの予想値として市場で認知されています。

CPIナウ(CPI NOW)米国・アメリカ
米国(アメリカ)のCPIナウのチャートと時系列です(速報)。クリーブランド連銀公表分の的中率と精度が非常に高い消費者物価指数(CPI)とコアCPIのリアルタイムの予想値(推定値)です。見方や公表日などもわかりやすく解説しています。

チャート(米国の消費者物価指数・前月比)

米国の消費者物価指数(cpi)の前月比のチャート
  • 拡大表示はこちら
  • チャートは「拡大表示はこちら」で拡大できます。拡大表示されたチャートにカーソルを合わせれば、カーソルの位置のデータが表示されます。

チャート(米国の消費者物価指数・前年比)

アメリカの消費者物価指数(cpi)の前年比のチャート

時系列(historical data)

日付前月比前年比
2022年05月1.08.6
2022年04月0.38.3
2022年03月1.28.5
2022年02月0.87.9
2022年01月0.67.5
2021年12月0.67.0
2021年11月0.86.8
2021年10月0.96.2
2021年09月0.45.4
2021年08月0.35.3
2021年07月0.55.4
2021年06月0.95.4
2021年05月0.65.0
2021年04月0.84.2
2021年03月0.62.6
2021年02月0.41.7
2021年01月0.31.4
2020年12月0.21.3
2020年11月0.21.2
2020年10月0.21.2
2020年09月0.21.4
2020年08月0.41.3
2020年07月0.61.0
2020年06月0.60.6
2020年05月-0.10.1
2020年04月-0.80.3
2020年03月-0.41.5
2020年02月0.12.3
2020年01月0.12.5
2019年12月0.22.2
2019年11月0.32.1
2019年10月0.41.8
2019年09月0.11.7
2019年08月0.11.7
2019年07月0.31.8
2019年06月0.11.6
2019年05月0.11.8
2019年04月0.32.0
2019年03月0.41.9
2019年02月0.21.5
2019年01月0.01.6
2018年12月-0.11.9
2018年11月0.02.2
2018年10月0.32.5
2018年09月0.12.3
2018年08月0.22.7
2018年07月0.22.9
2018年06月0.12.9
2018年05月0.22.8
2018年04月0.22.5
2018年03月-0.12.4
2018年02月0.22.2
2018年01月0.52.1
2017年12月0.22.1
2017年11月0.42.2
2017年10月0.12.0
2017年09月0.52.2
2017年08月0.41.9
2017年07月0.11.7
2017年06月0.01.6
2017年05月-0.11.9
2017年04月0.22.2
2017年03月-0.32.4
2017年02月0.12.7
2017年01月0.62.5
2016年12月0.32.1
2016年11月0.21.7
2016年10月0.41.6
2016年09月0.31.5
2016年08月0.21.1
2016年07月0.00.8
2016年06月0.21.0
2016年05月0.21.0
2016年04月0.41.1
2016年03月0.10.9
2016年02月-0.21.0
2016年01月0.01.4
2015年12月-0.10.7
2015年11月0.00.5
2015年10月0.20.2
2015年09月-0.20.0
2015年08月-0.10.2
2015年07月0.10.2
2015年06月0.30.1
2015年05月0.40.0
2015年04月0.1-0.2
2015年03月0.2-0.1
2015年02月0.20.0
2015年01月-0.7-0.1
2014年12月-0.30.8
2014年11月-0.31.3
2014年10月0.01.7
2014年09月0.11.7
2014年08月-0.21.7
2014年07月0.12.0
2014年06月0.32.1
2014年05月0.42.1
2014年04月0.32.0
2014年03月0.21.5
2014年02月0.11.1
2014年01月0.11.6
2013年12月0.21.5
2013年11月0.01.2
2013年10月-0.11.0
2013年09月0.21.2
2013年08月0.11.5
2013年07月0.22.0
2013年06月0.51.8
2013年05月0.11.4
2013年04月-0.41.1
2013年03月-0.21.5
2013年02月0.72.0
2013年01月0.01.6
2012年12月0.01.7
2012年11月-0.31.8
2012年10月0.12.2
2012年09月0.62.0
2012年08月0.61.7
2012年07月0.01.4
2012年06月0.01.7
2012年05月-0.31.7
2012年04月0.02.3
2012年03月0.32.7
2012年02月0.42.9
2012年01月0.22.9
2011年12月0.03.0
2011年11月0.03.4
2011年10月-0.13.5
2011年09月0.33.9
2011年08月0.43.8
2011年07月0.53.6
2011年06月-0.23.6
2011年05月0.23.6
2011年04月0.43.2
2011年03月0.52.7
2011年02月0.52.1
2011年01月0.41.6
2010年12月0.51.5
2010年11月0.11.1
2010年10月0.21.2
2010年09月0.11.1
2010年08月0.31.1
2010年07月0.31.2
2010年06月-0.11.1
2010年05月-0.22.0
2010年04月-0.12.2
2010年03月0.12.3
2010年02月0.02.1
2010年01月0.22.6
2009年12月0.22.7
2009年11月0.21.8
2009年10月0.2-0.2
2009年09月0.2-1.3
2009年08月0.4-1.5
2009年07月0.1-2.1
2009年06月0.7-1.4
2009年05月0.1-1.3
2009年04月0.1-0.7
2009年03月-0.1-0.4
2009年02月0.40.2
2009年01月0.30.0
2008年12月-0.70.1
2008年11月-1.71.1
2008年10月-1.03.7
2008年09月0.04.9
2008年08月-0.15.4
2008年07月0.85.6
2008年06月1.15.0
2008年05月0.64.2
2008年04月0.23.9
2008年03月0.34.0
2008年02月0.04.0
2008年01月0.34.3
2007年12月0.34.1
2007年11月0.84.3
2007年10月0.33.5
2007年09月0.42.8
2007年08月0.02.0
2007年07月0.22.4
2007年06月0.22.7
2007年05月0.42.7
2007年04月0.32.6
2007年03月0.52.8
2007年02月0.42.4
2007年01月0.22.1
2006年12月0.52.5
2006年11月0.02.0
2006年10月-0.41.3
2006年09月-0.52.1
2006年08月0.33.8
2006年07月0.44.1
2006年06月0.24.3
2006年05月0.54.2
2006年04月0.63.5
2006年03月0.33.4
2006年02月0.13.6
2006年01月0.64.0
2005年12月-0.13.4
2005年11月-0.73.5
2005年10月0.31.3
2005年09月1.24.7
2005年08月0.63.6
2005年07月0.63.2
2005年06月0.02.5
2005年05月0.12.8
2005年04月0.53.5
2005年03月0.53.1
2005年02月0.43.0
2005年01月0.03.0
2004年12月0.03.3
2004年11月0.33.5
2004年10月0.63.2
2004年09月0.22.5
2004年08月0.12.7
2004年07月0.03.0
2004年06月0.43.3
2004年05月0.63.1
2004年04月0.22.3
2004年03月0.41.7
2004年02月0.31.7
2004年01月0.41.9
米国の消費者物価指数(CPI)の時系列データ(historical data)