[お知らせ] 教えて!シラー教授!米国株は割高ですか?割安ですか?

悲惨指数(ミザリーインデックス)

悲惨指数について

悲惨指数

経済指標

悲惨指数は、インフレ率と失業率から算出される国民の経済的な悲惨度合いを測る指標です。10%を超えると経済政策への不満が高まり、20%を超えると時の政権のリスク要因になると見られています。スタグフレーションを測る指標としても用いられています。

  • 当ページは、米国(アメリカ)の悲惨指数の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • Source:株式マーケットデータ
  • 単位:%
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は上書きして掲載しています
  • 英語:misery index
スポンサーリンク

悲惨指数とは?

悲惨指数(読み方:ひさんしすう)とは、ミザリーインデックス(ミザリー指数)とも呼ばれる、1960年代後半に米国(アメリカ)の経済学者のアーサー・オークン氏(Arthur M. Okun)が考案したインフレ率と失業率を合計した国民の経済的な悲惨さを数値化した指数です。国民が実感しやすい物価と失業率の両方を考慮して、生活実感を数値化した指数です。通常は消費者物価(CPI)の前年比の上昇率と失業率を合計して算出されます。

消費者物価指数(CPI)

米国の消費者物価指数の解説と推移は、以下のページで掲載しています。

消費者物価指数(CPI・米国)
米国(アメリカ)の消費者物価指数(CPI)のチャートと時系列です。物価動向を示す指数で、FRBの金融政策に大きく影響するため、注目度が非常に高いです。インフレ・デフレ・ドル買い(ドル高)・ドル売り(ドル安)、原油との関係のわかりやすい解説も掲載。

失業率

米国の失業率の解説と推移は、以下のページで掲載しています。

失業率(米国)
米国の失業率のチャートと時系列です。雇用指標の代表格で、その増減は米国政治やFRBの金融政策を左右するため、世界的に注目度が非常に高いです。水準や完全雇用の目安・計算式・GDPとの相関性などわかりやすい解説も掲載しています。

計算式

悲惨指数の一般的な計算式は以下の通りです。

悲惨指数=消費者物価の上昇率(前年比)+失業率

悲惨指数のシグナルと見方

悲惨指数は、インフレ率や失業率が上昇すれば上昇する指数で、その数値が高いほど国民の経済的な悲惨度合いが高いことを示します。10%を超えると国民の間で経済政策への不満が高まってくるとされています。20%を超えると時の政権のリスク要因になるとされています。

スタグフレーションを測る指標となる

悲惨指数は、スタグフレーションを測る指標としても用いられています。10%を超えてくるとスタグフレーションのリスクが高まってきていると見るのが一般的です。

チャート(悲惨指数)

スポンサーリンク
悲惨指数のチャート

時系列

2021年

日付悲惨指数(ミザリーインデックス)
2021年10月10.820
2021年09月10.190
2021年08月10.450
2021年07月10.770
2021年06月11.290
2021年05月10.790
2021年04月10.260
2021年03月8.620
2021年02月7.876
2021年01月7.700
2021年の悲惨指数の時系列データ

2020年

日付悲惨指数(ミザリーインデックス)
2020年12月8.062
2020年11月7.874
2020年10月8.082
2020年09月9.171
2020年08月9.710
2020年07月11.190
2020年06月11.750
2020年05月13.420
2020年04月15.130
2020年03月5.939
2020年02月5.835
2020年01月5.987
2020年の悲惨指数の時系列データ(historical data)
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました