本文へスキップ

失業率(米国)の推移・時系列・失業率とは?米雇用統計との相関性や見方をわかりやすく解説

失業率(米国)unemployment rate

<スマホ対応>
https://stock-marketdata.com/



失業率(米国)


用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


失業率とは(公表日など概要)

失業率とは、米労働省が毎月発表している、米国の16歳以上の男女を対象とした、失業者数を労働人口で割って算出される経済指標です。米国の主要雇用統計として、米雇用統計と並ぶ代表的な指標です。失業率の増減によって米国の政治やFRB(連邦準備制度理事会)金融政策が左右されますので、その動向は極めて重要で世界中が注目しています。


計算式

  • 失業率(%)=失業者数÷労働人口×100

失業率の水準と目安

米国の失業率は、5%台が通常の水準とされており、4%から5%であれば完全雇用状態とされています。失業率は米雇用統計とともにその増減を見るのが一般的で、米国の雇用情勢がよければ失業率は下がりやすく、雇用情勢が悪ければ失業率は上がりやすくなります。通常はこの相関関係がありますが、ストライキなどの時はこの相関関係が崩れることがあり、米国が完全雇用状態の時は、米雇用統計(非農業部門雇用者数)が減少していても失業率が低下しやすくなりますし、労働参加率の低下によって失業率が低下することもあります。


完全雇用とは

完全雇用とは、働く意思と能力がある人全員が仕事についている状態です。


景気に遅行する

一方、雇用系の指標は、基本的に景気に遅行する指標です。先行指標とはなりません。企業は消費が伸びていないと生産を増やしませんので、その状況で雇用を増やしません。消費が伸びて生産を増やす状況になってから雇用を増やしますので、雇用系の指標は景気に遅行しやすいです。






チャート







2020 2019
12月 3.5
11月 3.5
10月 3.6
9月 3.5
8月 3.7
7月 3.7
6月 3.7
5月 3.6
4月 3.6
3月 4.4 3.8
2月 3.5 3.8
1月 3.6 4.0
2018 2017 2016 2015 2014
12月 3.9 4.1 4.7 5.0 5.6
11月 3.7 4.1 4.6 5.0 5.8
10月 3.7 4.1 4.9 5.0 5.8
9月 3.7 4.2 5.0 5.1 5.9
8月 3.9 4.4 4.9 5.1 6.1
7月 3.9 4.3 4.9 5.3 6.2
6月 4.0 4.4 4.9 5.3 6.1
5月 3.8 4.3 4.7 5.5 6.3
4月 3.9 4.4 5.0 5.4 6.3
3月 4.1 4.5 5.0 5.5 6.7
2月 4.1 4.7 4.9 5.5 6.7
1月 4.1 4.8 4.9 5.7 6.6
2013 2012 2011 2010 2009
12月 6.7 7.8 8.5 9.4 10.0
11月 7.0 7.8 8.7 9.8 10.0
10月 7.3 7.9 9.0 9.6 10.1
9月 7.2 7.8 9.1 9.6 9.8
8月 7.3 8.1 9.1 9.6 9.7
7月 7.4 8.3 9.1 9.5 9.4
6月 7.6 8.2 9.2 9.5 9.5
5月 7.6 8.2 9.1 9.7 9.4
4月 7.5 8.1 9.0 9.9 8.9
3月 7.6 8.2 8.8 9.7 8.6
2月 7.7 8.3 8.9 9.7 8.2
1月 7.9 8.3 9.0 9.7 7.7
2008 2007 2006 2005 2004
12月 7.2 5.0 4.5 4.9 5.4
11月 6.8 4.7 4.5 5.0 5.4
10月 6.6 4.8 4.4 5.0 5.4
9月 6.2 4.7 4.6 5.1 5.4
8月 6.2 4.7 4.7 4.9 5.4
7月 5.8 4.7 4.8 5.0 5.5
6月 5.6 4.5 4.6 5.0 5.6
5月 5.5 4.5 4.6 5.1 5.6
4月 5.0 4.5 4.7 5.1 5.6
3月 5.1 4.4 4.7 5.2 5.8
2月 4.8 4.5 4.8 5.4 5.6
1月 4.9 4.6 4.7 5.2 5.7

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。






ナビゲーション



バナースペース


charTrade(チャートレード)


charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、姉妹サイト「投資戦略」で展開中!

charTradeのPR動画はこちら


Infomation

当サイトは

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。

https://stock-marketdata.com/