[お知らせ] チャートの拡大表示の方法が変更になり、目次が新しくなりました。詳しくはこちら
PR

株式マーケットデータ

メニュー

株式マーケットデータにご来訪いただき、誠にありがとうございます。
当サイトは、市場別に投資に必要な指標(データ)を掲載しています。上記メニューからご希望の市場をご選択いただくと指標一覧が表示されますので、そちらから各指標のページにアクセスしてデータをご覧下さい。各指標のページにはデータの見方の説明をわかりやすく記載していますので、もし見たことのないデータがあっても安心です。是非たくさんの指標のデータをチェックして投資の精度を高めて下さい。

新しく掲載を開始した指標

シグナルが出ている指標

現在”シグナル”が出ている指標の一覧です。日本や米国など市場別に掲載しています(タブで市場を選択して下さい)。画像をクリックすれば各指標のデータページが表示されます。各ページには、基本レンジや平均値など目安となる水準の説明も掲載していますので参考にして下さい。新規にシグナルが出た指標は左上に追加されます。

ちゃんとチェックしときや 備えてへんかっても知らんで

  • 日本
  • 米国
  • 欧州
  • 中国
  • 商品

「シグナルが出ている指標」は、後に新しいページあるいはサイドバー等でお知らせする可能性がありますが、しばらくは当欄でお知らせします。

[当欄で掲載するシグナル条件]

  • 各指標、基本レンジに達するあるいは抜いた場合、警戒ゾーンに達した場合(基本レンジや警戒ゾーンは各指標の説明欄やチャートに表記しています)
  • 中央値や平均値、目標値を上抜いたor下抜いた場合(例えば、それまで平均値より上で推移していたものが平均値を下回った場合や、日銀の誘導目標を国債利回りが上抜いたor下抜いた場合等)
  • 比較指標に達した場合あるいは抜いた場合(例えば、株式益利回りは長期金利と比較して見た方がいい指標ですが、株式益利回りが長期金利を下抜いた場合等がそれにあたります)
  • 複数の指標を掲載しているページで1つでもシグナルが出た場合(例えば「株式益利回り(ナスダック100・S&P500・ラッセル2000)」の場合、現時点(2024.6.12)でラッセル2000の株式益利回りが長期金利を下回っているため掲載しています)
  • 指標が極端に振れた場合(例えば「VIX指数(30日)」は20以上で不安が高まる水準ですが、それに達していなくてもVIX指数(30日)以外の超短期のVIX指数が極端に振れた場合やVIXカーブが右肩上がりでなくなった場合などがそれにあたります)
  • 基本レンジを掲載していない指標は省略します(例えば「移動平均乖離率(S&P500)」の場合、当サイトでは一般的によく見られる20日移動平均乖離率と200日移動平均乖離率に基本レンジを掲載しており、その他の5日・10日・50日・100日移動平均乖離率には基本レンジを掲載していません。そういった場合、当欄では20日と200日移動平均乖離率でレンジ突破があった場合のみ掲載します)
  • 普段振れない指標が振れた場合(例えば為替介入などあった場合は掲載します)
  • その他、気になるものは適宜恣意的に掲載する場合があります

※投資判断は自己責任でお願いします

お知らせ

追加指標

投資の新しい指標の追加情報

著名投資家のポートフォリオ

投稿記事

チャート表示と目次の変更について
タブを選択してチャート表示を切り替える方法とチャートをクリックして拡大表示させる説明、新たに設置した「簡易の目次ボタン」や「目次へ戻る」のボタンの使い方と説明。
フォーム13Fとは?(Form13F)
米国の証券取引委員会(SEC)に提出される「フォーム13F(Form13F)」とは?提出日はいつ?どのような情報が公開される?調べ方は?著名投資家のポートフォリオがわかるフォーム13Fをわかりやすく解説。
FRBの物価目標とPCE・CPI・期待インフレ率の見方を解説
FRBの物価目標はなぜ2%なのか?物価目標と個人消費支出(PCE)、消費者物価指数(CPI)、期待インフレ率の見方や平均インフレ目標(FAIT)、為替レートとの関係、物価目標の歴史などわかりやすい解説記事です。
[アンケート] 米国の株価指数は20日騰落レシオと25日騰落レシオ、どちらをお使いですか?
米国の株価指数は20日騰落レシオと25日騰落レシオ、どちらをお使いですか?海外投資家が重視する20日騰落レシオと日本の投資家が重視する25日騰落レシオ、どちらを重視してる?アンケートにご参加下さい。投票結果はサイトに反映されます。
米国債先物とは?わかりやすく解説
米国債先物とは?米国債利回り先物とは?ウルトラ長期国債先物とは?どんな取引?具体例や種類、ティッカーシンボル、国債先物と国債利回り先物の違い、マイクロ国債利回り先物とは?取引参加者の特徴などわかりやすく解説。
[アンケート] 掲載して欲しい国の政策金利を教えてください。追加掲載します
アンケートにご参加いただき、ご希望の(掲載していたらいいなと思う)国の政策金利を教えてください。過去分に遡って必要分の政策金利を掲載できるよう尽力いたします。
市場予想とFRBの政策金利(FF金利)見通しの見方
FRBの政策金利(FF金利)の見通しのチャートと、市場が予想しているFF金利操作の実現確率を示したフェドウォッチのチャートの見方について実際の例を示しながら解説します。
世界景気後退の原油下落と株価(連れ安は危ない)
原油価格は世界景気の先行指標。世界景気後退を原油価格が示唆して下落し、株価が連れ安した場合、過去の傾向では株価は大きく下がります。それをチャートで検証しています。
株価暴落を投資不適格債は先行して予兆していたのか?
金融市場の危機をいち早く察知する傾向があるHYG(ドル建てハイイールド債・ジャンク債)は、株価(S&P500)暴落を先行して予兆していたのか?チャートで検証。
今後のインフレ見通し(原油価格と利上げの影響)
原油価格と利上げ(政策金利引き上げ)が短期的なインフレ見通しにどのように影響するか、NY連銀(ニューヨーク連銀)がレポートを公表しました。その内容です。
リセッションで株価の底打ちは?いつ?景気後退期のボトムを検証
米国(アメリカ)では景気後退(リセッション)期間中に株価が底打ちし、87.5%の確率で絶好の買いのタイミングになった傾向があります。それをチャートと表でわかりやすく解説。ボトムのタイミングも一つずつ掲載していますので参考にしてください。
VIX曲線(VIXカーブ)で株価急落・暴落によるパニックの終わりを捉える
期間別のVIX指数(恐怖指数)を線で結んだVIX曲線(ビックス曲線)VIXカーブ(ビックスカーブ)のチャート・見方をわかりやすく解説。株価急落・暴落による短期のパニック的な警戒感の終わりのポイントがわかります。
ナスダックはベアマーケット(下落相場)入り
米国(アメリカ)のナスダック(総合指数)がベアマーケット入り(下落相場入り)。過去の傾向とこれからの投資戦略・テクニカル分析を記載しています。
大底か?天井か?株価とブルベアの-40%水準に注意!
ブルベア比率(ブルベア指数)のマイナス圏の傾向です。通常は-20%を基準に見ることが多いブルベアですが、時に-40%程度まで低下することがあります。過去傾向ではそこが大底か天井になっていますので考察します。
季節調整済みとは?季節調整なしとは?意味と計算例・わかりやすく解説
指標でよく出てくる「季節調整済み」「季節調整なし」の意味を計算例を交えてわかりやすく解説。原数値とは?季節調整値とは?季節指数とは?の解説も記載しています。
景気後退入り100%の事実!逆イールド(長短金利差マイナス)に要注目!
2022年4月に発生した米国10年国債利回りと2年国債利回りの逆イールド。この長短金利差マイナスは過去100%の確率でその後に景気後退入りしている事実があります。過去の傾向と今回の違いなどを考察します。
FRBのQT(バランスシート縮小)の影響と効果をわかりやすく解説
FRBのQT(バランスシート縮小)の仕組みと財務省・民間銀行・MMFのバランスシートへの影響と関係・効果をわかりやすく解説。
米国のメジャーSQと株価の推移を