[お知らせ] 本当の期待インフレ率はどれだ?FRBの共通インフレ期待指数の掲載開始!

シャドーレート(影のFF金利)

スポンサーリンク

米国(アメリカ)のシャドーレートについて

シャドーレート(影の金利)

シャドーレートは、政策金利に量的緩和の効果を換算した金利です。中央銀行の真の金融緩和・金融引き締めの度合いが測れる指標で、当ページで掲載している米国(アメリカ)のシャドーレート(影のFF金利)は、FRBも注目しています。以下の見方の解説を読んでから推移を見ていただければわかりやすいと思います。

  • 当ページは、米国のシャドーレートの解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • Source:Federal Reserve Bank of Atlanta
  • アトランタ連銀が公表している最も有名な「Wu-Xia Shadow Federal Funs Rate」を掲載しています(解説は以下に記載します)。
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は改定値を上書きして掲載しています。
  • 英語:Shadow Rate(shadow federal funds rate)
スポンサーリンク

シャドーレートとは?

シャドーレートとは、「影の金利」や「潜在金利」と呼ばれる、金融緩和金融引き締めの真の度合いを測る指標の一つです。2008年のリーマンショック以降、真の金融緩和の度合いを測るために注目された指標で、エコノミストのジン・ シンシア ・ウー氏(Jing Cynthia Wu)と、ファン・ドラ・キア氏(Fan Dora Xia)が提唱したモデルが有名です。

シャドーレートをわかりやすく簡単に解説

シャドーレートを簡単に言うと、政策金利量的緩和(QE)の効果が換算された金利です。

真の金融緩和・金融引き締めの度合いが測れるシャドーレートの見方

2008年のリーマンショック以降、先進国の中央銀行の金融緩和は利下げ(政策金利の引き下げ)から非伝統的な金融緩和策である資産購入(量的緩和)も積極化されましたが、金融緩和の真の度合いを測るには政策金利だけ見るのではなく、量的緩和の効果も考慮する必要が出てきました。そこで登場したのが「シャドーレート」です。

利上げ・利下げの解説は、姉妹サイト「株式投資大百科」の以下のページを参照してください。

米国の政策金利であるFF金利は、FRB(連邦準備制度理事会)がマイナス金利を導入していないためゼロ以下にはなりません。量的緩和時にゼロ以下に下がれないFF金利を見ていても、FRBの真の緩和効果はわかりません。そこで考案されたのが、イールドカーブ(利回り曲線)を基に資金供給量を仮想のマイナス金利幅に換算する「シャドーレート」です。シャドーレートは、米国の政策金利であるFF金利に量的緩和の効果が織り込まれた金利ですので、例えばFF金利がゼロ近辺で推移していたとしても、シャドーレートがそれ以下のマイナスで推移していたとすれば、政策金利をマイナスにしたのと同じ金融状況になっていることを示します。

米国のFF金利の解説と推移(チャートと時系列)は、以下のページで掲載しています。

FF金利(実効FF金利)
米国(アメリカ)のFF金利(FFレート・フェデラルファンド金利)のチャートと時系列です。銀行同士のお金の貸し借りで決定される実効FF金利を掲載。実効FF金利とは?FRBの誘導目標との関係のわかりやすい解説も掲載。

FRBのバランスシート(総資産)は、以下のページで掲載しています。

FRBのバランスシート(総資産)
米国(アメリカ)のFRBのバランスシート(総資産)のチャートと時系列です(速報)。S&P500との比較チャートも掲載。FRBのバランスシート拡大局面と縮小局面の米国株の傾向がわかります。FRBが保有している証券のわかりやすい解説も掲載。

米国のシャドーレートは「影のFF金利」とも呼ばれていますが、FRBもこれを注目しており、アトランタ連銀によって米国のシャドーレート(影のFF金利)が公表されています。アトランタ連銀が公表しているシャドーレートは、上記で紹介したジン・ シンシア ・ウー氏とファン・ドラ・キア氏のモデル「Wu-Xia Shadow Federal Funs Rate」というもので、米国のシャドーレートを見るにはこれが最も有名ですので、当ページではそのシャドーレートを掲載しています。

上記では、例として金融緩和の真の度合いを測る指標としてのシャドーレートの説明をしましたが、量的緩和が解除された場合、シャドーレートはそれも織り込まれますので、金融引き締めの真の度合いを測る指標ともなります。FRBは資産購入を終了してから間をあけて利上げ(政策金利の引き上げ)をする傾向がありますが、FRBが利上げをしていなくてもFRBが資産保有量を減らせば、その減額した額に見合った資金が市場から吸収されるのでシャドーレートは上昇します。これは、影で(暗黙のうちに)利上げの状態にあることを示し、金融引き締めの状況にあることを示します。

FRBが保有している米国債の推移(チャートと時系列)は、以下のページで掲載しています。

FRBが保有する米国債
米国(アメリカ)のFRB(連邦準備制度理事会)が保有している米国債(米財務省証券)の総額(金額)のチャートと時系列です(速報)。過去から現在までの推移がわかります。

シャドーレートと量的緩和・テーパリングと利上げの過去の傾向

ちなみに、シャドーレートは量的緩和が実施されている間は基本的には低下します。そして、2014年の時を例にしますが、テーパリング(量的緩和縮小)が実施されている期間中は概ね底辺に張り付いて横ばいになり、テーパリング終了時から上昇し始め、その後に利上げが実施されてからは利上げに添う形で上昇しています。これが参考になる過去の傾向です。

チャート(シャドーレート・影のFF金利)

スポンサーリンク
シャドーレート(影の金利)のチャート
  • 拡大表示はこちら
  • チャートは「拡大表示はこちら」で拡大できます。拡大表示されたチャートにカーソルを合わせれば、カーソルの位置のデータが表示されます。
  • 毎月最終営業日時点

時系列

スポンサーリンク
日付 シャドーレート(影のFF金利)
2021年09月-1.81
2021年08月-1.80
2021年07月-1.89
2021年06月-1.83
2021年05月-2.00
2021年04月-1.80
2021年03月-1.56
2021年02月-0.48
2021年01月-0.42
2020年12月-0.29
2020年11月-0.23
2020年10月0.17
2020年09月0.08
2020年08月0.26
2020年07月0.25
2020年06月0.40
2020年05月0.48
2020年04月0.50
2020年03月0.69
2020年02月1.41
2020年01月1.63
2019年12月1.61
2019年11月1.64
2019年10月1.66
2019年09月1.96
2019年08月2.02
2019年07月2.17
2019年06月2.19
2019年05月2.41
2019年04月2.41
2019年03月2.40
2019年02月2.46
2019年01月2.49
2018年12月2.53
2018年11月2.40
2018年10月2.30
2018年09月2.17
2018年08月2.01
2018年07月1.92
2018年06月1.89
2018年05月1.77
2018年04月1.71
2018年03月1.65
2018年02月1.55
2018年01月1.40
2017年12月1.41
2017年11月1.28
2017年10月1.16
2017年09月1.10
2017年08月1.11
2017年07月1.08
2017年06月1.06
2017年05月1.03
2017年04月0.85
2017年03月0.64
2017年02月0.39
2017年01月0.38
2016年12月0.42
2016年11月0.43
2016年10月0.52
2016年09月0.51
2016年08月0.45
2016年07月0.47
2016年06月0.42
2016年05月0.48
2016年04月0.41
2016年03月0.51
2016年02月0.53
2016年01月0.40
2015年12月0.26
2015年11月0.00
2015年10月-0.53
2015年09月-0.74
2015年08月-0.92
2015年07月-1.29
2015年06月-1.40
2015年05月-1.43
2015年04月-1.59
2015年03月-1.81
2015年02月-1.97
2015年01月-2.27
2014年12月-2.42
2014年11月-2.77
2014年10月-2.80
2014年09月-2.81
2014年08月-2.89
2014年07月-2.84
2014年06月-2.89
2014年05月-2.99
2014年04月-2.89
2014年03月-2.62
2014年02月-2.54
2014年01月-2.38
2013年12月-2.13
2013年11月-2.00
2013年10月-1.85
2013年09月-1.80
2013年08月-1.67
2013年07月-1.52
2013年06月-0.97
2013年05月-1.27
2013年04月-1.52
2013年03月-1.44
2013年02月-1.42
2013年01月-1.36
2012年12月-1.43
2012年11月-1.42
2012年10月-1.34
2012年09月-1.36
2012年08月-1.26
2012年07月-1.18
2012年06月-1.11
2012年05月-1.24
2012年04月-1.26
2012年03月-1.27
2012年02月-1.45
2012年01月-1.54
2011年12月-1.47
2011年11月-1.48
2011年10月-1.44
2011年09月-1.40
2011年08月-1.38
2011年07月-1.19
2011年06月-1.12
2011年05月-1.14
2011年04月-1.07
2011年03月-0.99
2011年02月-1.09
2011年01月-1.01
2010年12月-0.88
2010年11月-0.96
2010年10月-1.00
2010年09月-0.80
2010年08月-0.70
2010年07月-0.59
2010年06月-0.54
2010年05月-0.48
2010年04月-0.47
2010年03月-0.48
2010年02月-0.54
2010年01月-0.45
2009年12月-0.15
2009年11月-0.61
2009年10月-0.47
2009年09月-0.41
2009年08月-0.28
2009年07月-0.12
2009年06月0.02
2009年05月0.21
2009年04月0.43
2009年03月0.75
2009年02月0.88
2009年01月0.61
2008年12月0.65
2008年11月1.42
2008年10月1.84
2008年09月1.91
2008年08月2.13
2008年07月2.05
2008年06月2.05
2008年05月1.96
2008年04月1.81
2008年03月1.87
2008年02月2.14
2008年01月2.66
2007年12月3.70
2007年11月3.69
2007年10月4.29
2007年09月4.29
2007年08月4.64
2007年07月5.02
2007年06月5.01
2007年05月5.10
2007年04月5.22
2007年03月5.18
2007年02月5.13
2007年01月5.14
2006年12月5.17
2006年11月5.13
2006年10月5.15
2006年09月5.15
2006年08月5.20
2006年07月5.23
2006年06月5.26
2006年05月5.07
2006年04月4.91
2006年03月4.77
2006年02月4.60
2006年01月4.53
2005年12月4.36
2005年11月4.33
2005年10月4.20
2005年09月4.14
2005年08月3.63
2005年07月3.58
2005年06月3.32
2005年05月3.15
2005年04月3.08
2005年03月2.96
2005年02月2.84
2005年01月2.68
2004年12月2.53
2004年11月2.35
2004年10月2.08
2004年09月1.93
2004年08月1.63
2004年07月1.44
2004年06月1.32
2004年05月1.07
2004年04月0.87
2004年03月0.91
2004年02月0.75
2004年01月0.75
2003年12月0.74
2003年11月0.87
2003年10月0.83
2003年09月0.86
2003年08月0.74
2003年07月0.94
2003年06月1.10
2003年05月1.28
2003年04月1.01
2003年03月1.06
2003年02月1.16
2003年01月1.02
2002年12月1.12
2002年11月1.14
2002年10月1.44
2002年09月1.59
2002年08月1.43
2002年07月1.15
2002年06月1.02
2002年05月1.12
2002年04月0.93
2002年03月1.40
2002年02月0.97
2002年01月0.95
2001年12月0.67
2001年11月1.13
2001年10月1.57
2001年09月2.17
2001年08月2.83
2001年07月3.05
2001年06月3.27
2001年05月3.23
2001年04月3.83
2001年03月4.30
2001年02月4.76
2001年01月5.04
2000年12月5.99
2000年11月6.44
2000年10月6.65
2000年09月6.52
2000年08月6.39
2000年07月6.41
2000年06月6.46
2000年05月6.62
2000年04月6.16
2000年03月6.06
2000年02月5.85
2000年01月5.85
1999年12月5.83
1999年11月5.59
1999年10月5.31
1999年09月5.17
1999年08月5.19
1999年07月4.93
1999年06月4.93
1999年05月4.74
1999年04月4.74
1999年03月4.73
1999年02月4.85
1999年01月4.76
1998年12月4.69
1998年11月4.74
1998年10月4.73
1998年09月4.85
1998年08月5.13
1998年07月5.23
1998年06月5.29
1998年05月5.41
1998年04月5.33
1998年03月5.37
1998年02月5.41
1998年01月5.36
1997年12月5.42
1997年11月5.46
1997年10月5.38
1997年09月5.53
1997年08月5.40
1997年07月5.35
1997年06月5.32
1997年05月5.35
1997年04月5.46
1997年03月5.49
1997年02月5.27
1997年01月5.23
1996年12月5.22
1996年11月5.20
1996年10月5.21
1996年09月5.29
1996年08月5.28
1996年07月5.39
1996年06月5.26
1996年05月5.15
1996年04月5.19
1996年03月5.15
1996年02月5.05
1996年01月5.03
1995年12月5.33
1995年11月5.42
1995年10月5.49
1995年09月5.54
1995年08月5.49
1995年07月5.54
1995年06月5.68
1995年05月5.79
1995年04月5.93
1995年03月6.00
1995年02月5.99
1995年01月6.32
1994年12月7.12
1994年11月5.97
1994年10月5.27
1994年09月5.08
1994年08月4.74
1994年07月4.70
1994年06月4.68
1994年05月4.43
1994年04月4.07
1994年03月3.69
1994年02月3.43
1994年01月3.05
1993年12月3.13
1993年11月3.13
1993年10月3.11
1993年09月3.04
1993年08月3.09
1993年07月3.08
1993年06月3.14
1993年05月3.10
1993年04月2.91
1993年03月2.93
1993年02月2.87
1993年01月2.82
1992年12月2.76
1992年11月2.98
1992年10月2.95
1992年09月2.85
1992年08月3.08
1992年07月3.10
1992年06月3.42
1992年05月3.29
1992年04月3.27
1992年03月3.53
1992年02月3.53
1992年01月3.60
1991年12月3.75
1991年11月4.41
1991年10月4.80
1991年09月5.02
1991年08月5.21
1991年07月5.45
1991年06月5.53
1991年05月5.54
1991年04月5.56
1991年03月5.76
1991年02月6.10
1991年01月6.39
1990年12月6.76
1990年11月7.19
1990年10月7.34
1990年09月7.51
1990年08月7.55
1990年07月7.53
1990年06月7.67
1990年05月7.77
1990年04月8.14
1990年03月7.95
1990年02月7.80
1990年01月7.95
シャドーレートの時系列データ
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました