[お知らせ] 株価暴落の予兆シグナル「証拠金債務残高」の掲載を開始

自然利子率(米国)

スポンサーリンク

自然利子率について

中長期的に潜在成長率と類似するとされている自然利子率。中央銀行にとっては金融政策スタンスを緩和的か、あるいは引き締め的かを判断するベンチマークの一つとなっています。

  • 当ページは、米国(アメリカ)の自然利子率の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • Source:Federal Reserve Bank of New York
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は改定値を上書きして掲載しています。
  • 当ページでは、市場で最も注目されるジョン・ウィリアムズ現ニューヨーク連銀総裁のLaubach-Williamsモデルの自然利子率を掲載しています(解説は以下)。
  • ウィリアムズ氏のLaubach-Williamsモデルの自然利子率は、現在COVID19パンデミックに関連するGDPの変動性の高まりによって推計値の定期的な更新が停止されています。再開次第の更新となりますので、予めご了承ください。
  • 英語:natural rate of interest
  • 単位:%
スポンサーリンク

自然利子率とは(わかりやすく簡単に解説)

自然利子率(読み方:しぜんりしりつ)とは、1898年にスウェーデンの経済学者クヌート・ビクセル氏が考案した概念で、経済や物価に対して緩和的でも引き締め的でもない利子率(実質金利)の水準です。自然利子率は「Rスター(アールスター)」とも呼ばれています。

需給(需要と供給)が均衡し、完全雇用のもとでインフレデフレも過度に起こさずに順調に経済が成長していく金利水準が「自然利子率」です。

「需給が均衡」とは、あらゆる価格が需給に合わせてすぐに調整されるということを意味しますが、現実の世界ではあらゆる価格が需給に合わせてすぐに調整されないので、あくまで仮想の世界を前提としたものです。その仮想の世界では需給が一致しているので、最適な資産配分が実現します。その最適な資産配分が実現する金利水準が自然利子率です。

利子率(金利)には「名目」と「実質」があります。このうち緩和的でも引き締め的でもない実質利子率(実質金利のこと。名目利子率から期待インフレ率を差し引いた利子率)が自然利子率です。インフレでもデフレでもない、貯蓄と投資が均衡する実質利子率(実質金利)のことを指します。一方、貯蓄と投資を均衡させる名目利子率(名目金利)、つまり名目ベースの利子率を「中立金利」といいます。

※ただし、需給が均衡し中立的な金利であることから、自然利子率のことを「中立金利」と言う場合もあります。

実質金利と期待インフレ率、中立金利の解説ページ

実質金利と期待インフレ率、中立金利のわかりやすい解説と推移(チャートと時系列)は、以下のページで掲載しています。

自然利子率と金融緩和・金融引き締めの関係

自然利子率は、中長期的には潜在成長率と類似するとされており、中央銀行にとって金融政策スタンスを緩和的か、あるいは引き締め的かを判断するベンチマークの一つとなっています。

自然利子率は、需給が均衡しインフレもデフレも過度に起こさずに順調に経済が成長していく金利水準で、最適な資産配分が実現する金利水準ですので、中央銀行は実際の実質金利が自然利子率に一致するよう実質金利を誘導すればいいということになります。

よって、中央銀行は金融政策で、実際の実質金利が自然利子率より高い場合は金融緩和を、実際の実質金利が自然利子率より低い場合は金融引き締めを行うことが望ましいと考えられています。

他方、中央銀行の金融政策スタンスを見る場合は、実際の実質金利が自然利子率より高ければ中央銀行の金融政策スタンスは金融引き締め的、実際の実質金利が自然利子率より低ければ中央銀行の金融政策スタンスは金融緩和的と判断できます。

長期金利と自然利子率の関係・計算式

長期金利の解説と、米国10年国債利回りの解説と推移(チャートと時系列)は、以下のページを参照してください。

長期金利の決定要素について

長期金利の決定要素は複雑ですが、一般的には「自然利子率・期待インフレ率・金融緩和度」が決定要素になると見られています。

計算式は以下のようになります。

  • 長期金利(10年国債利回り)=自然利子率+期待インフレ率+金融緩和度

※金融緩和度は、実質金利で測ることができます。

ただし、マーケットは先行きの予想で動きますので、自然利子率はどれぐらいか、期待インフレ率は今後上がるのか下がるのか、金融政策のスタンスは今後緩和的か引き締め的か、それらを予想して(織り込んで)長期金利は動きます。

自然利子率の推計

需要と供給は刻一刻と変化して直接観察できないため、自然利子率は様々な手法・モデルによって推計されています。推計手法についての確立したコンセンサスはなく、推計手法によってその結果はかなりの乖離があるため、特定の手法に基づいて推計された結果だけでその水準を測ることはできません。よって、各中央銀行はそれぞれ異なる推計結果を見て総合的に自然利子率を判断しています。

自然利子率の研究の大家「ジョン・ウィリアムズ氏」

自然利子率の研究の第一人者は、米国(アメリカ)のジョン・ウィリアムズ氏です。世界的に自然利子率の研究の大家として知られています。ウィリアムズ氏はスタンフォード大学の経済学の博士号を取得し、エコノミストとしてFRB(連邦準備制度理事会)で経験を積んだ後、当時サンフランシスコ連銀総裁であったジャネット・イエレン氏のもとで活躍しました。その後、イエレン氏がFRB副議長に転じたことを受け、2011年サンフランシスコ連銀総裁に就任、2018年には米国の金融政策の実務を取り仕切るニューヨーク連銀の総裁に就任しました。ウィリアムズ氏の自然利子率の研究は米国の金融政策に影響を与え、イエレンFRB議長(当時)は「この研究がFRBの知的基盤確立に役立った」と評価しました。

Laubach-Williamsモデル(当ページの自然利子率について)

そんなウィリアムズ氏は定期的に自然利子率を推計・公表しており(Laubach-Williamsモデル)、リーマンショック以降、世界的に注目を集めました。自然利子率は様々な手法によって推計されていますが、このLaubach-Williamsモデルの自然利子率の推計値が市場で最も注目されています。当ページではその推移を掲載しています。

チャート(自然利子率・米国)

自然利子率(米国・アメリカ)チャート
  • 拡大表示はこちら
  • チャートは「拡大表示はこちら」で拡大できます。拡大表示されたチャートにカーソルを合わせれば、カーソルの位置のデータが表示されます。
スポンサーリンク

時系列

日付自然利子率(米国・単位%)
2020/06/300.360822885
2020/03/311.169727080
2019/12/310.918514028
2019/09/301.001585875
2019/06/300.977141008
2019/03/310.760991256
2018/12/310.880388427
2018/09/300.894738470
2018/06/301.082160315
2018/03/311.051572092
2017/12/310.916910451
2017/09/300.671666224
2017/06/300.663640019
2017/03/310.855789152
2016/12/310.847665154
2016/09/300.935433883
2016/06/300.940736054
2016/03/310.784943284
2015/12/310.491454632
2015/09/300.593295565
2015/06/300.660473393
2015/03/310.339582495
2014/12/310.371543489
2014/09/300.516083297
2014/06/300.491294717
2014/03/310.212248163
2013/12/310.525444034
2013/09/300.396564643
2013/06/300.245120579
2013/03/310.406084993
2012/12/310.417763988
2012/09/300.403892862
2012/06/300.640630523
2012/03/310.890381562
2011/12/310.599708794
2011/09/300.565798251
2011/06/300.701889463
2011/03/310.541616270
2010/12/310.572877137
2010/09/300.613627789
2010/06/300.803881563
2010/03/310.965121568
2009/12/311.332006659
2009/09/300.982820465
2009/06/301.056633708
2009/03/310.644932855
2008/12/310.740804816
2008/09/301.577740116
2008/06/301.875334041
2008/03/312.068110622
2007/12/312.432022336
2007/09/302.287617001
2007/06/302.261072820
2007/03/312.578836342
2006/12/312.357358423
2006/09/302.469784190
2006/06/302.695094252
2006/03/312.600813375
2005/12/312.509288912
2005/09/302.401110940
2005/06/302.549663714
2005/03/312.819112904
2004/12/312.669506684
2004/09/302.600856199
2004/06/302.827190181
2004/03/312.851176508
2003/12/312.750055097
2003/09/302.710510838
2003/06/302.439811775
2003/03/312.530851238
2002/12/312.784681658
2002/09/303.061049349
2002/06/303.188525262
2002/03/312.984707026
2001/12/313.051439225
2001/09/302.847689845
2001/06/303.095224726
2001/03/313.112153701
2000/12/313.145019160
2000/09/303.099356402
2000/06/303.122918110
2000/03/313.191914397
1999/12/313.166484269
1999/09/302.954062592
1999/06/302.926321915
1999/03/312.908897011
1998/12/312.867963706
1998/09/302.712780794
1998/06/302.481725411
1998/03/312.385473665
1997/12/312.348504794
1997/09/302.344362150
1997/06/302.507421415
1997/03/312.214626786
1996/12/312.374708851
1996/09/302.192194300
1996/06/302.185284064
1996/03/311.990087249
1995/12/312.061750424
1995/09/301.998904011
1995/06/302.055753225
1995/03/312.123834237
1994/12/312.213178254
1994/09/302.290578186
1994/06/302.476981897
1994/03/312.267109998
1993/12/312.389111450
1993/09/302.415883836
1993/06/302.655348686
1993/03/312.646550495
1992/12/312.749220007
1992/09/302.683398132
1992/06/302.914872234
1992/03/312.936991358
1991/12/312.941002990
1991/09/303.081070654
1991/06/302.922186355
1991/03/312.852508550
1990/12/313.124670328
1990/09/303.630979050
1990/06/303.692279024
1990/03/313.649330278
1989/12/313.326981825
1989/09/303.305260382
1989/06/303.521807776
1989/03/313.737912736
1988/12/313.699809908
1988/09/303.635089733
1988/06/303.571220131
1988/03/313.250986322
1987/12/313.348016623
1987/09/303.121443313
1987/06/303.109862630
1987/03/312.885020076
1986/12/313.160831414
1986/09/303.105986439
1986/06/303.115906715
1986/03/313.451782549
1985/12/313.313355261
1985/09/303.676653530
1985/06/303.467210629
1985/03/313.723097423
1984/12/313.086627269
1984/09/303.295229546
1984/06/303.455625131
1984/03/313.260046746
1983/12/313.121717516
1983/09/303.489749184
1983/06/302.892433991
1983/03/313.183086355
1982/12/313.120308325
1982/09/303.241080443
1982/06/303.095966776
1982/03/313.158685089
1981/12/313.679873471
1981/09/304.011787163
1981/06/303.908246997
1981/03/314.369394154
1980/12/314.240492035
1980/09/303.765774422
1980/06/303.754073217
1980/03/314.147234575
1979/12/313.866855423
1979/09/303.842706862
1979/06/303.900154428
1979/03/313.461087542
1978/12/313.964622035
1978/09/303.853970708
1978/06/303.889007539
1978/03/313.356193099
1977/12/313.467644232
1977/09/303.800109738
1977/06/303.671484847
1977/03/313.663721799
1976/12/313.599268623
1976/09/303.616111866
1976/06/303.631065190
1976/03/314.053259920
1975/12/314.018696461
1975/09/303.988967028
1975/06/303.966102316
1975/03/314.313664058
1974/12/314.838430705
1974/09/304.974656121
1974/06/304.838894362
1974/03/314.538010524
1973/12/314.594875210
1973/09/304.484471698
1973/06/304.662279956
1973/03/314.498641835
1972/12/314.370872983
1972/09/304.412042029
1972/06/304.536614363
1972/03/314.567295826
1971/12/314.358860925
1971/09/304.779131376
1971/06/304.977956546
1971/03/315.141847865
1970/12/314.806479090
1970/09/305.007978588
1970/06/304.986306245
1970/03/315.040528541
1969/12/315.182628560
1969/09/305.427510644
1969/06/305.463580806
1969/03/315.556389572
1968/12/315.439596599
1968/09/305.516308654
1968/06/305.573379207
1968/03/315.434321791
1967/12/315.146486377
1967/09/305.115121003
1967/06/305.003452726
1967/03/315.146050467
1966/12/315.211580415
1966/09/305.185625832
1966/06/305.164483579
1966/03/315.346973966
1965/12/315.081040085
1965/09/304.845795172
1965/06/304.579778958
1965/03/314.579270304
1964/12/314.166353674
1964/09/304.421083223
1964/06/304.305827208
1964/03/314.384813789
1963/12/314.054339394
1963/09/304.328118882
1963/06/303.939159888
1963/03/313.961004826
1962/12/313.986357050
1962/09/304.569376111
1962/06/304.789820102
1962/03/315.551758208
1961/12/315.896545842
1961/09/306.065524296
1961/06/306.151744577
1961/03/315.600019754
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました