[お知らせ] 「長期金利(米国・アメリカ)」の掲載開始!比較チャートを多数掲載しています。
PR

米国市場

米国市場(アメリカ市場)の指標とデータ

株価指数(米国)

スポンサーリンク
nyダウ・ナスダック総合指数・s&p500
NYダウ・ナスダック・S&P500
NYダウは、輸送株やエネルギー株を中心に構成された株価指数です。原油価格の動向に左右されやすく、海外向けの企業が多いため米ドルの動向にも左右されやすい。ただし、銘柄入替が頻発で優良株ばかり集めた指数なので、下がりにくい特徴もあります。 NASDAQ(ナスダック)は、米国のベンチャー企業向けの株式市場です。ハイテク株多いのが特徴です。日本株との連動性が高い市場とも言われています。
nyダウ先物(ニューヨークダウ先物)とcfd
NYダウ先物・CFD
米国(アメリカ)で最も取引が活発に行われているCBOT(シカゴ商品取引所)のNYダウ先物とNYダウCFDを掲載しています。
ナスダック100先物とcfd
ナスダック100先物・CFD
米国で最も取引が活発に行われているCME(シカゴマーカンタイル取引所)のナスダック100先物とナスダック100CFDを掲載しています。
sp500先物とcfd
S&P500先物・CFD
米国で最も取引が活発に行われているCME(シカゴマーカンタイル取引所)のS&P500先物とS&P500CFDを掲載しています。
ナスダック100指数(NDX)
ナスダック100(NASDAQ100)
ナスダック100指数は、IT関連銘柄(ハイテク関連銘柄)の動きを見るのに適した株価指数です。米国以外の銘柄も対象とした時価総額上位100銘柄で構成されていますので、世界を代表する銘柄の動向を示した指数でもあり注目されています。
S&P500先物の投機筋ポジション
S&P500先物の投機筋ポジション
S&P500の先物取引の投機筋ポジションです。米国株がバブル状態の時は買い越しが過度に膨らむ傾向があるため特に注目されています。
ダウ輸送株20種平均(ダウ輸送株指数)
ダウジョーンズ輸送株平均(ダウ輸送株20種平均・ダウ輸送株指数)
ダウ・ジョーンズ輸送株平均(ダウ輸送株20種平均・ダウ輸送株指数)は、米国市場において米国の景気の先行指標、NYダウの先行指標としても認知されています。
ダウ公共株15種平均(ダウ公共株指数)
ダウ公共株15種平均(ダウ公共株指数)
公共株は高配当のディフェンシブ株です。普段あまり動きませんが、公共株がダメになると全面安になりやすく、その影響は大きいです。
nyfang指数
NYFANG(NYSE FANG+指数)
FANG銘柄を中心に、ネット・ハイテク関連で世界トップクラスの高成長が期待される少数の銘柄で構成される株価指数です。
ラッセル3000とラッセル2000とラッセル1000
ラッセル3000指数・2000指数・1000指数
ラッセル3000指数は時価総額の合計が米国株式市場全体の約95%を占めている米国株式市場の包括的な株価指数です。ラッセル2000指数は3000指数のうち小型株と判定された銘柄で構成された株価指数、ラッセル1000指数は大型株の動きを示す株価指数です。
ウィルシャー指数(ウィルシャー5000)
ウィルシャー指数(ウィルシャー5000)
中小型株を含む5000を超える銘柄で構成される米国の株式市場を最も広範囲にカバーしている株価指数です。米国の株式市場全体を見るのに最適です。
sox指数(フィラデルフィア半導体株指数)ソックス指数
SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)
SOX指数は米国の半導体メーカーや半導体製造装置メーカーの全30銘柄で構成される株価指数です。SOX指数のPERの推移も掲載。日本の半導体関連株の動向にも影響を与えるため注目されています。
ipo指数(ipoインデックス)
IPO指数(米国)
IPO指数(IPOインデックス)は、IPO(新規公開株)した銘柄ばかりで構成される指数です。1月・2月・4月・6月・10月・11月にパフォーマンスがよく、3月・5月・8月・9月・12月にパフォーマンスが悪くなる傾向があります。
グロースバリュー相対株価
グロース/バリュー相対株価(GV相対株価)
グロース株(成長株)への投資が優位か、バリュー株(割安株)への投資が優位か、グロース/バリュー相対株価でわかります。S&P500グロース指数(S&Pグロース株指数)とS&P500バリュー指数(S&Pバリュー株指数)の推移も掲載しています。FRBの金融政策や実質金利との連動性、日本株との関係・影響の解説も記載していますので参照してください。
配当貴族指数(米国・アメリカ)
S&P500配当貴族指数
25年間連続増配している企業(優良大型株)を対象とした株価指数です。金融危機の中でも増配し続けてきた銘柄で構成されており、バランスシートが強固で経済が落ち込む局面で特に注目されやすいです。
ケンショースペース指数
S&P Kenshoスペース指数(宇宙開発関連指数)
活性化している宇宙開発。宇宙ビジネスはこれからどんどん領域が拡大していくことから注目されています。そんな宇宙関連企業ばかりで構成される「S&P Kenshoスペース指数」の推移です。PERやPBR、配当利回りなどバリュエーション指標も掲載しています。
SQの日程(米国・アメリカと日本)メジャーSQ
SQ(米国・アメリカと日本)の日程
米国と日本の先物取引・オプション取引のSQの日程です。SQやNYダウ先物・S&P500先物・オプション・メジャーSQ・オプションSQ・トリプルウィッチング・クアドルプルウィッチングのわかりやすい解説付き。
nyダウのsq値
SQ値(NYダウ先物)
NYダウ先物(ニューヨークダウ先物)のSQ(特別清算指数)の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。

株価指数(米国)

指標(米国)

スポンサーリンク
capeレシオ(シラーper)
CAPEレシオ(シラーPER)
PERの一種です。25倍に近づくと株価の過熱感が意識されて株価は下落に転じやすい傾向があります。機能する場合としない場合がある指標ですが、機能した時はことごとくショック相場になりますのでチェック必須の指標です。CAPEレシオが見れるサイトは日本では当サイトだけだと思いますので活用してください。
超過cape利回り
超過CAPE利回り
ノーベル経済学賞受賞者ロバートシラー氏が開発した米国株は米国債と比較して割高か割安かを見ることができる指標が超過CAPE利回りです。CAPEレシオをベースとした株式益利回りと米国債の実質利回りから算出される利回りで、株式が魅力的か国債が魅力的かがわかります。
nyダウ(ニューヨークダウ)のper
PER(NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均)
NYダウ・ダウ・ジョーンズ輸送株平均・ダウ公共株15種平均のPERの推移です。
per(ナスダック100・s&p500・ラッセル2000)
PER(ナスダック100・S&P500・ラッセル2000)
ナスダック100・S&P500・ラッセル2000指数のPERの推移です。
nyダウ(ニューヨークダウ)のeps
EPS(NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均)
NYダウ・ダウ・ジョーンズ輸送株平均・ダウ公共株15種平均のEPSの推移です。
eps(ナスダックとS&P500)
EPS(ナスダック100・S&P500・ラッセル2000)
ナスダック100・S&P500・ラッセル2000のEPSの推移です。
nyダウ(ニューヨークダウ)の配当利回り
配当利回り(NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均)
NYダウ・ダウ・ジョーンズ輸送株平均・ダウ公共株15種平均の配当利回りの推移です。
配当利回り(ナスダックとS&P500)
配当利回り(ナスダック100・S&P500・ラッセル2000)
ナスダック100・S&P500・ラッセル2000指数の配当利回りの推移です。
NYダウ(ニューヨークダウ)の株式益利回り
株式益利回り(NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均)
NYダウ・ダウ輸送株平均・ダウ公共株15種平均の株式益利回りです。株式益利回りは、株価に対して1株あたり純利益がどれくらいかを示したバリュエーション指標です。PERは解釈が難しい面がありますが、株式益利回りは企業の利益を投資リターンの源泉と解釈した場合の期待投資利回りと考えられています。通常、株式益利回りは長期金利と比較して見るのが一般的です。
株式益利回り(ナスダック100・s&p500・ラッセル2000)
株式益利回り(ナスダック100・S&P500・ラッセル2000)
NASDAQ100(ナスダック100指数)、S&P500種株価指数(S&P500)、ラッセル2000指数の株式利回りです。
イールドスプレッド(米国の株式と長期金利)
イールドスプレッド(S&P500と長期金利・10年国債利回り)
イールドスプレッド(米国のS&P500の株式益利回りと長期金利の差)は、株式と国債を比較して割高・割安を見るバリュエーション指標です。トレーダーやファンドがよく用いている指標で、過去リーマンショックやチャイナショック(中国株の大暴落:中国株のバブルが引き金となった株価の大暴落)、コロナショックの時も同様の動き方をしていましたし、過去20年、水準や目安の傾向が綺麗に出ています。その解説も掲載していま…
イールドレシオ(米国・アメリカ)
イールドレシオ(米国の長期金利とS&P500)
イールドレシオは、債券と比較して株式が割高なのか・割安なのかを表す指標です。これを見ればお金の流れを見ることができ、市場がリスクオンなのかリスクオフなのか、債券投資が有利なのか、株式投資が有利なのかもわかります。
米国(アメリカ)のバフェット指標(バフェット指数)
バフェット指標(バフェット指数)米国・アメリカ
著名投資家ウォーレン・バフェット氏が注目している指標です。株式市場の時価総額は長期的にその国の経済成長に収斂していくという考え方の指標で、100以上で株式市場の過熱感を示します。
バークシャーハサウェイの手元現金
バフェット氏率いるバークシャーハサウェイのキャッシュポジション(手元現金)
著名投資家ウォーレン・バフェット氏の持ち株会社であるバークシャーハサウェイのキャッシュポジション(手元現金)の推移です。バークシャーハサウェイのキャッシュポジション(手元現金)は、概ね米国株が暴落する前にピークをつけ、暴落してからキャッシュポジションを減らす傾向があります。つまり、暴落する前に売り逃げ、暴落した所でしっかり株が買えるようなキャッシュポジションを持っています。見方の解説も掲載していま…
米国株の売上高と売上高伸び率(SP500)
売上高と売上高伸び率(S&P500・米国)
S&P500の売上高と売上高伸び率の推移です。売上高は企業収益のトップライン、売上高伸び率は成長性を示す指標です。売上高は企業規模も示すため、企業規模が伸びているか伸び悩んでいるかがわかります。このページで、米国株(S&P500)の売上が上がっているか下がっているかを見てから、利益はどうか?の営業利益率を見るようにしましょう!
米国株の営業利益率(S&P500)
営業利益率(S&P500・米国)
S&P500の営業利益率の推移です。営業利益率は、企業の収益性がわかる指標。米国の企業は本業で効率よく儲けているのか、どれだけ利益が上がってるのか下がってるのか、それがわかる指標です。
S&P500の純利益(当期純利益)
当期純利益(S&P500・米国)
S&P500の当期純利益の推移です。当期純利益は、企業の本当の儲け。売上高と一緒に見て、米国の企業は成長しているのかチェック!
キャッシュフロー(S&P500)米国・アメリカ
キャッシュフロー(S&P500・米国)
S&P500のキャッシュフロー(営業活動によるキャッシュフロー・投資活動によるキャッシュフロー・財務活動によるキャッシュフロー)の推移です。
米国のs&p500のpbr
PBR(S&P500・米国)
S&P500のPBR(株価純資産倍率)の推移です。
トービンのqレシオ
トービンのq(Qレシオ)
PBRと似た指標で、株価を時価ベースの1株あたり純資産(+含み資産)で割った指標です。市場評価と本質的価値の関係を表しています。一般的に投資結果を予測できていない指標ですが、市場全体の相対価値を見るために使用されることが多いです。
米国(アメリカ)のs&p500のroe(自己資本利益率)
ROE(S&P500・米国)
米国のS&P500のROE(自己資本利益率)の推移です。
nyダウ(ニューヨークダウ)の騰落レシオ
騰落レシオ(NYダウ)
NYダウの騰落レシオです。
ナスダック総合指数とナスダック100指数の騰落レシオ
騰落レシオ(ナスダック総合指数とナスダック100指数)
ナスダックの騰落レシオです。
s&p500(米国株)の騰落レシオ
騰落レシオ(S&P500)
S&P500の騰落レシオです。
自社株買い額(米国・アメリカ)
自社株買い額(S&P500)
S&P500構成銘柄の自社株買い額の推移です。増加傾向にある米国の自社株買い。近年は低金利で企業は社債の発行を増やし、その資金で自社株買いを行っています。自社株買いで株価を吊り上げてストックオプションで売り逃げることが多くなっており、規制の導入も提唱されています。借金をしてでも自社株買いを行っている企業もあり、債務が膨張していることから、金利上昇で相場も経済も危なくなる可能性があります。
ブルベア比率(ブルベアスプレッド)・ブルベア指数
ブルベア比率(ブルベア指数・ブルベアスプレッド)
ブルベア比率は、米国(アメリカ)の個人投資家が今後6カ月の株式市場について、どの程度「強気か」「弱気か」「中立か」を数値化した指標です。強気な投資家が多いのか、弱気な投資家が多いのか、すぐにわかる指標として有名です。
NAAIM持ち高指数(株式エクスポージャー指数)、機関投資家の米国株の保有状況
NAAIM持ち高指数(機関投資家の米国株の保有状況)
NAAIM持ち高指数(NAAIMエクスポージャー指数)は、全米アクティブ投資マネジャーズ協会公表の機関投資家の米国株の保有状況を示した指標です。機関投資家が株式市場に関して楽観的か悲観的かがわかる指標です。
プットコールレシオ(米国・アメリカ)
プットコールレシオ(S&P500・米国|アメリカ)
CBOE(シカゴオプション取引所)のS&P500のプットコールレシオ(PCR)です。市場関係者が先行き強気か弱きかが反映される指標です。弱気な投資家が増えれば上昇、強気な投資家が増えれば低下します。
証拠金債務残高(米国・アメリカ)
証拠金債務残高(マージンデット)
市場参加者が借金をしてまで投資をしている金額の残高です。株価の急落・暴落の予兆シグナルとして注目度が高い指標です。
nyダウ(ニューヨークダウ)の移動平均乖離率
移動平均乖離率(NYダウ)
NYダウの5日移動平均線・10日移動平均線・20日移動平均線・50日移動平均線・100日移動平均線・200日移動平均線との乖離率を掲載しています。それぞれ外国人投資家がよく見ている移動平均線との乖離率を掲載しています。
ナスダックの移動平均乖離率
移動平均乖離率(ナスダック)
ナスダックの5日移動平均線・10日移動平均線・20日移動平均線・50日移動平均線・100日移動平均線・200日移動平均線との乖離率を掲載しています。それぞれ外国人投資家がよく見ている移動平均線との乖離率を掲載しています。
sp&500(spx)の移動平均乖離率
移動平均乖離率(S&P500)
S&P500の5日移動平均線・10日移動平均線・20日移動平均線・50日移動平均線・100日移動平均線・200日移動平均線との乖離率を掲載しています。それぞれ外国人投資家がよく見ている移動平均線との乖離率を掲載しています。

指標(米国)

ボラティリティ(米国)

スポンサーリンク
スキュー指数
スキュー指数
スキュー指数は、起こりえないことが起こる可能性を示す指数です。ボラティリティ指数の代表格で、ショック相場前にことごとくシグナルを出してくれるため、注目が非常に高まっています。100が平常の状態、100以上で警戒心が高まっていることを示します。ブレグジットが決まった時は153.66まで上昇しました。VIX指数と一緒に見るのが一般的です。
vix指数(恐怖指数・ビックス指数)
VIX指数(恐怖指数)
VIX指数は別名「恐怖指数」とも呼ばれる、ボラティリティ指数の代表格です。通常は、14から24程度で推移しやすい指数です。20i以上で先行き不安が高まり、11から12まで低下すれば楽観視する水準と見るのが一般的です。当ページでは最もよく見られる期間30日のVIX指数のほか、9日・3カ月・6カ月・1年のVIX指数も全て掲載しています。
vix先物の投機筋ポジション
VIX先物の買い・売り建玉(ロング・ショートポジション)
VIX先物の投機筋と実需筋の建玉の推移です。ネットポジションのマイナスが拡大している場合は株価急落に警戒が必要です。
vxd指数(nyダウの恐怖指数)
VXD(NYダウ版VIX指数)
NYダウ(ダウ平均)版のVIX指数(恐怖指数)です。数値が高いほど投資家が先行き不安を抱いていることを示し、低いほど先行きを楽観視していることを示します。
vxn指数(ナスダックの恐怖指数)
VXN(ナスダック版VIX指数)
ナスダック(NASDAQ100)版のVIX指数(恐怖指数)です。数値が高いほど投資家が先行き不安を抱いていることを示し、低いほど先行きを楽観視していることを示します。
move指数(ムーブ指数)
MOVE指数(米国債のVIX指数)
MOVE指数(ムーブ指数)のチャートと時系列です。米国10年国債利回りとの比較チャートも掲載。米国債のVIX指数(債券版恐怖指数)とも呼ばれる、MOVE指数とは?算出方法や上昇・低下の意味、FRBの金融政策との関係などわかりやすい解説も掲載。

ボラティリティ(米国)

債券・金利(米国)

スポンサーリンク
米国(アメリカ)の長期金利
長期金利(米国・アメリカ)
米国の長期金利の推移です。他指標との比較チャートを多数掲載しています。米国の政策金利であるFF金利や実質金利、リスクプレミアム、NYダウやナスダック、S&P500、SOX指数、NYFANG指数などの株価指数、ROEなど株価指標、ドル円やドル指数など、金利や債券、株価、株価指標、為替との比較チャートを掲載しています。
米国(アメリカ)の国債利回り
米国の国債利回り(2年国債利回り・10年国債利回り・30年国債利回り)と利回り差
米国2年国債利回り・米国10年国債利回り・米国30年国債利回りとその利回り差を掲載しています。経済大国である米国の「米国10年国債」は、金融商品の中でも最大の金融商品で、米国10年国債利回りは米国の長期金利の指標となっていますので、世界中が注目しています。解説を読んだ上で見方を押さえて動向を必ずチェックしておきましょう。
長短金利差(米国10年国債と3カ月国債の利回り差)
長短金利差(米国10年国債利回りと3カ月国債利回り)
米国(アメリカ)の長短金利差(10年国債利回りと3カ月国債利回りの利回り差)です。長短金利差としては、10年国債利回りと2年国債利回りの利回り差の次に注目されます。
米国(アメリカ)の長短金利差