[お知らせ] 「当期純利益(S&P500)」の掲載を開始

自社株買い額(S&P500)

米国のS&P500の自社株買い額(金額)の概要

自社株買い額(米国・アメリカ)

かぶー
かぶー

S&P500構成銘柄の自社株買いの金額の推移だよ!低金利下で企業が社債の発行を増やしてその資金で自社株買いをして株価が上がった所でストックオプションで売り逃げることが多くなっているんだ。借金して自社株買いを行ってるから金利が上がった時に困りそうだね!

  • 当ページは、S&P500構成銘柄の自社株買い額の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • 各指数・指標の解説
    自社株買いとは
    S&P500とは(S&P500種株価指数)
  • Source:S&P Global
  • S&P500 buybacks historical data&chart

自社株買いとは?わかりやすく簡単に解説

自社株買いは、企業がすでに発行している自社の株式を買うことです。自社株買いをした株式は、企業が金庫株として保有したり消却(自社株消却)することもあります。消却した場合は、買い集めた株数が減少することになります。

自社株買いが実施されるとどうなる?

自社株買いが実施されると、

自社株買いは、理論上は株価に中立と言われていますが、自社の株価下落の対応策としても行われますし、買収時の株式交換に備えるために行われたりします。

金利と社債・自社株買い・ストックオプションの関係

当ページで掲載している自社株買い額(S&P500)の推移を見てもらうと、近年は増加していることがわかると思います。

これは、低金利で企業が社債の発行を増やし、その資金で自社株買いを行い、株価を吊り上げてストックオプションで売り逃げることが多くなっているためです。借金をしてでも自社株買いを行っており、企業債務も膨張していることから、金利が上昇すれば経済も相場も危ないと見れます。

自社株買いの規制

現在、米国では企業が利益を賃上げでなく自社株買いに使うと株式を持つ富裕層の資産を増やすことに繋がり、格差拡大を招くことから自社株買いの規制導入が提唱されています。一方で、企業は規制強化を見込んで自社株買いを前倒しで行いますので高水準の自社株買いは続くとの見方が多いです。

チャート・グラフ(S&P500の自社株買い額)

米国(アメリカ)の自社株買い額のチャート
  • チャートは2000年12月31日分から掲載。
  • S&P500との比較チャートにしています(四半期ごと月末終値)。
  • Chart [S&P500 buybacks]
米国の自社株買い額のグラフ

2022年第2四半期の自社株買い額の概要

S&P500の2022年第2四半期の買い戻しは2,196億ドルで、2022年第1四半期から21.8%減少し、しました。2021年6月の1,988億ドルから10.5%増加しました。
331 社が四半期に少なくとも500 万ドルの買い戻しを報告し、2022 年第 1 四半期の 374 社から減少し、2021 年第 2 四半期の 294 社から増加しました。2022 年第 1 四半期の 395 社から減少し、2021 年第 2 四半期の 360 社から増加したのは 384 社でした。2022 年 6 月までの 12 か月間に 438 社が自社株買いを行い、前期の 416 社から増加しました。
21.3%の企業が株価収益率(EPS)に使用される株式数を前年比で少なくとも4%削減しました。2022 年第 2 四半期の自社株買いと配当による総株主利益は3,602 億ドルに減少し、2022 年第 1 四半期の記録的な4,186 億ドルから 14.0% 減少し、2021 年第 2 四半期の3,222 億ドルから 11.8% 増加しました。
S&P Global公表分(2022年9月)

今後の自社株買い額の予想

第3四半期には買い戻し支出がわずかに増加し、第4四半期には新しい税を回避するために 2023 年の購入が 2022 年に加速される可能性があり、これは記録的な年になる可能性があります。労働問題が生産に影響を与えているため、企業は将来の収益を懸念しているように見え、支出についてはより慎重になっています。

S&P Global公表分(2022年9月)

時系列(historical data)

  • 単位:$U.S.Billions(10億米ドル)
日付自社株買い額(S&P500)前期比前期比%
2022.06.30219.64-61.37-21.84%
2022.03.31281.01+10.91+4.04%
2021.12.31270.10+35.46+15.11%
2021.09.30234.64+35.80+18.00%
2021.06.30198.84+20.71+11.63%
2021.03.31178.13+47.54+36.41%
2020.12.31130.59+28.80+28.29%
2020.09.30101.79+13.13+14.81%
2020.06.3088.66-110.06-55.38%
2020.03.31198.72+17.14+9.44%
2019.12.31181.58+5.69+3.23%
2019.09.30175.89+10.43+6.30%
2019.06.30165.46-40.35-19.61%
2019.03.31205.81-17.17-7.70%
2018.12.31222.98+19.22+9.43%
2018.09.30203.76+13.14+6.89%
2018.06.30190.62+1.57+0.83%
2018.03.31189.05+52.08+38.02%
2017.12.31136.97+7.80+6.04%
2017.09.30129.17+9.06+7.54%
2017.06.30120.11-13.04-9.79%
2017.03.31133.15-2.14-1.58%
2016.12.31135.29+23.09+20.58%
2016.09.30112.20-15.30-12.00%
2016.06.30127.50-33.89-21.00%
2016.03.31161.39+15.51+10.63%
2015.12.31145.88-4.70-3.12%
2015.09.30150.58+19.02+14.46%
2015.06.30131.56-12.57-8.72%
2015.03.31144.13+11.50+8.67%
2014.12.31132.63-12.56-8.65%
2014.09.30145.19+29.02+24.98%
2014.06.30116.17-43.11-27.07%
2014.03.31159.28+29.87+23.08%
2013.12.31129.41+1.25+0.98%
2013.09.30128.16+10.11+8.56%
2013.06.30118.05+18.08+18.09%
2013.03.3199.97+0.82+0.83%
2012.12.3199.15-4.57-4.41%
2012.09.30103.72-8.03-7.19%
2012.06.30111.75+27.46+32.58%
2012.03.3184.29-3.30-3.77%
2011.12.3187.59-30.82-26.03%
2011.09.30118.41+9.17+8.39%
2011.06.30109.24+19.40+21.59%
2011.03.3189.84+3.48+4.03%
2010.12.3186.36+6.80+8.55%
2010.09.3079.56+1.92+2.47%
2010.06.3077.64+22.38+40.50%
2010.03.3155.26+7.44+15.56%
2009.12.3147.82+12.97+37.22%
2009.09.3034.85+10.65+44.01%
2009.06.3024.20-6.58-21.38%
2009.03.3130.78-17.34-36.03%
2008.12.3148.12-41.59-46.36%
2008.09.3089.71+1.80+2.05%
2008.06.3087.91-25.99-22.82%
2008.03.30113.90-27.81-19.62%
2007.12.31141.71-30.24-17.59%
2007.09.30171.95+14.19+8.99%
2007.06.30157.76+40.06+34.04%
2007.03.31117.70+12.52+11.90%
S&P500の自社株買い額の時系列データ(ヒストリカルデータ)
テキストのコピーはできません。