本文へスキップ

米国(アメリカ)自社株買い額(S&P500)の推移・時系列

自社株買い額(S&P500)Buybacks

<スマホ対応>
https://stock-marketdata.com/



自社株買い額(S&P500)


用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


自社株買いとは(わかりやすく簡単に解説)

自社株買いは、企業がすでに発行している自社の株式を買うことです。自社株買いをした株式は、企業が金庫株として保有したり消却(自社株消却)することもあります。消却した場合は、買い集めた株数が減少することになります。

自社株買いが実施されると、


自社株買いは、理論上は株価に中立と言われていますが、自社の株価下落の対応策としても行われますし、買収時の株式交換に備えるために行われたりします。


当ページの「自社株買い額(S&P500)」について

当ページでは、S&P500種株価指数を構成する企業の自社株買い額の推移を掲載しています。


金利と社債・自社株買い・ストックオプションの関係

当ページで掲載している自社株買い額(S&P500)の推移を見てもらうと、近年は増加していることがわかると思います。
これは、低金利で企業が社債の発行を増やし、その資金で自社株買いを行い、株価を吊り上げてストックオプションで売り逃げることが多くなっているためです。借金をしてでも自社株買いを行っており、企業債務も膨張していることから、金利が上昇すれば経済も相場も危ないと見れます。


自社株買いの規制

現在、米国では、企業が利益を賃上げでなく自社株買いに使うと、株式を持つ富裕層の資産を増やすことに繋がり、格差拡大を招くことから自社株買いの規制導入が提唱されています。一方で、企業は規制強化を見込んで自社株買いを前倒しで行いますので高水準の自社株買いは続くとの見方が多いです。






自社株買い額(S&P500)のチャート・グラフ









日付 自社株買い額(S&P500)
2020.06.30(Q2) 88
2020.03.31(Q1) 198
2019.12.31(Q4) 181
2019.09.30(Q3) 175
2019.06.28(Q2) 165
2019.03.29(Q1) 205
2018.12.31(Q4) 222
2018.09.30(Q3) 203
2018.06.30(Q2) 190
2018.03.29(Q1) 189
2017.12.29(Q4) 136
2017.09.29(Q3) 129
2017.06.30(Q2) 120
2017.03.31(Q1) 133
2016.12.31(Q4) 135
2016.09.30(Q3) 112
2016.06.30(Q2) 127
2016.03.31(Q1) 161
2015.12.31(Q4) 145
2015.09.30(Q3) 150
2015.06.30(Q2) 131
2015.03.31(Q1) 144
2014.12.30(Q4) 132
2014.09.30(Q3) 145
2014.06.30(Q2) 116
2014.03.31(Q1) 159
2013.12.31(Q4) 129
2013.09.30(Q3) 128
2013.06.30(Q2) 118
2013.03.31(Q1) 99

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。






ナビゲーション



バナースペース


charTrade(チャートレード)


charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、姉妹サイト「投資戦略」で展開中!

charTradeのPR動画はこちら


Infomation

当サイトは

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。

https://stock-marketdata.com/