[お知らせ] 日本円の実効為替レートのページに名目実効為替レートの日次データを追加!

自社株買い額(S&P500)

米国のS&P500の自社株買い額(金額)の概要

自社株買い額(米国・アメリカ)

かぶー
かぶー

S&P500構成銘柄の自社株買いの金額の推移だよ!低金利下で企業が社債の発行を増やしてその資金で自社株買いをして株価が上がった所でストックオプションで売り逃げることが多くなっているんだ。借金して自社株買いを行ってるから金利が上がった時に困りそうだね!

自社株買いとは?わかりやすく簡単に解説

自社株買いは、企業がすでに発行している自社の株式を買うことです。自社株買いをした株式は、企業が金庫株として保有したり消却(自社株消却)することもあります。消却した場合は、買い集めた株数が減少することになります。

自社株買いが実施されるとどうなる?

自社株買いが実施されると、

自社株買いは、理論上は株価に中立と言われていますが、自社の株価下落の対応策としても行われますし、買収時の株式交換に備えるために行われたりします。

金利と社債・自社株買い・ストックオプションの関係

当ページで掲載している自社株買い額(S&P500)の推移を見てもらうと、近年は増加していることがわかると思います。

これは、低金利で企業が社債の発行を増やし、その資金で自社株買いを行い、株価を吊り上げてストックオプションで売り逃げることが多くなっているためです。借金をしてでも自社株買いを行っており、企業債務も膨張していることから、金利が上昇すれば経済も相場も危ないと見れます。

自社株買いの規制

現在、米国では企業が利益を賃上げでなく自社株買いに使うと株式を持つ富裕層の資産を増やすことに繋がり、格差拡大を招くことから自社株買いの規制導入が提唱されています。一方で、企業は規制強化を見込んで自社株買いを前倒しで行いますので高水準の自社株買いは続くとの見方が多いです。

チャート・グラフ(S&P500の自社株買い額)

米国(アメリカ)の自社株買い額のチャート
  • チャートは2000年12月31日分から掲載。
  • S&P500との比較チャートにしています(四半期ごと月末終値)。
米国の自社株買い額のグラフ

2021年第3四半期の自社株買い額の概要

S&P5002021年第4四半期の自社株買いは2,701億ドルで、2021年第3四半期の記録から15.1%増加しました。2021年の自社株買い総額は8,817億ドルで、2020年から69.6%増加し、2018年に設定された以前の年間記録から9.3%増加しました。
325社が四半期に少なくとも500万ドル自社株買いを報告しました。これは2021年第3四半期の309社から2020年第4四半期の244社に増加しました。410社が2021年に少なくとも500万ドル自社株買いを報告しました。2020年から横ばいです。383社がこの四半期に自社株買いを行いました。2020年第3四半期の371社から2020年第4四半期の332社に増加しました。今年は422社が自社株買いを行い、2020年の426社から減少しました。
自社株買いは引き続き上位20社で、2021年第4四半期の自社株買いの51.8%を占め、2021年第3四半期の53.8%から減少し、2020年第4四半期の66.3%を支配していたことから減少し、COVID以前の過去の平均である44.5%から増加しました。
S&P Global公表分(2022年3月)

今後の自社株買い額の予想

現在の兆候は、企業が最近の景気後退を通じて自社株買いを維持していることを示しています。つまり、支出に対する株式を増やし、株式数をさらに減らし、EPSを増やすことになります。第4四半期に記録を樹立し堅調に推移すると予想されますが、記録を樹立せずコストと供給の問題によりマージンが減少しますが、自社株買い、配当、成長を継続するのに十分なキャッシュフローを提供します。
2022年第1四半期の自社株買いは、EPSリフトの恩恵を受ける問題の範囲が広がることで、新記録を樹立すると予想されます。ただし、インフレとロシアとウクライナの紛争により過剰な自社株買いが減少する可能性があるため、第1四半期以降は不明です。期待される収益を考えると、潜在的な消費者の減速と利益率の低下があっても、自社株買いは2022年に別の記録を樹立する可能性があります。

S&P Global公表分(2022年3月)

時系列(historical data)

  • 単位:$U.S.Billions(10億米ドル)
日付自社株買い額(S&P500)前期比前期比%
2021.12.31270.10+35.46+15.11%
2021.09.30234.64+35.80+18.00%
2021.06.30198.84+20.71+11.63%
2021.03.31178.13+47.54+36.41%
2020.12.31130.59+28.80+28.29%
2020.09.30101.79+13.13+14.81%
2020.06.3088.66-110.06-55.38%
2020.03.31198.72+17.14+9.44%
2019.12.31181.58+5.69+3.23%
2019.09.30175.89+10.43+6.30%
2019.06.30165.46-40.35-19.61%
2019.03.31205.81-17.17-7.70%
2018.12.31222.98+19.22+9.43%
2018.09.30203.76+13.14+6.89%
2018.06.30190.62+1.57+0.83%
2018.03.31189.05+52.08+38.02%
2017.12.31136.97+7.80+6.04%
2017.09.30129.17+9.06+7.54%
2017.06.30120.11-13.04-9.79%
2017.03.31133.15-2.14-1.58%
2016.12.31135.29+23.09+20.58%
2016.09.30112.20-15.30-12.00%
2016.06.30127.50-33.89-21.00%
2016.03.31161.39+15.51+10.63%
2015.12.31145.88-4.70-3.12%
2015.09.30150.58+19.02+14.46%
2015.06.30131.56-12.57-8.72%
2015.03.31144.13+11.50+8.67%
2014.12.31132.63-12.56-8.65%
2014.09.30145.19+29.02+24.98%
2014.06.30116.17-43.11-27.07%
2014.03.31159.28+29.87+23.08%
2013.12.31129.41+1.25+0.98%
2013.09.30128.16+10.11+8.56%
2013.06.30118.05+18.08+18.09%
2013.03.3199.97+0.82+0.83%
2012.12.3199.15-4.57-4.41%
2012.09.30103.72-8.03-7.19%
2012.06.30111.75+27.46+32.58%
2012.03.3184.29-3.30-3.77%
2011.12.3187.59-30.82-26.03%
2011.09.30118.41+9.17+8.39%
2011.06.30109.24+19.40+21.59%
2011.03.3189.84+3.48+4.03%
2010.12.3186.36+6.80+8.55%
2010.09.3079.56+1.92+2.47%
2010.06.3077.64+22.38+40.50%
2010.03.3155.26+7.44+15.56%
2009.12.3147.82+12.97+37.22%
2009.09.3034.85+10.65+44.01%
2009.06.3024.20-6.58-21.38%
2009.03.3130.78-17.34-36.03%
2008.12.3148.12-41.59-46.36%
2008.09.3089.71+1.80+2.05%
2008.06.3087.91-25.99-22.82%
2008.03.30113.90-27.81-19.62%
2007.12.31141.71-30.24-17.59%
2007.09.30171.95+14.19+8.99%
2007.06.30157.76+40.06+34.04%
2007.03.31117.70+12.52+11.90%
S&P500の自社株買い額の時系列データ(historical data)
テキストのコピーはできません。