チャート表示が復旧しました
スポンサーリンク

スキュー指数(ブラックスワン指数)

スキュー指数について

スキュー指数は、投資家の不安心理を示したボラティリティ指数の代表格です。暴落を的中させてきた歴史があるため注目度が高い指数です。VIX指数とあわせて見ることが多いです。

スポンサーリンク

スキュー指数とは(わかりやすく簡単に解説)

スキュー指数(読み方:すきゅーしすう)は、市場のゆがみを指数化した指標です。スキューとは「ゆがみ」を意味します。「ブラックスワン」と呼ばれる、起こりえないことが起こって、起こった時の衝撃が強い事象や、「テールリスク」と呼ばれる、発生する確率は低いですが発生した場合に巨大な損失をもたらすリスクが起こる可能性を示す指標として注目度が高いです。

スキュー指数は「ブラックスワン指数(英語:black swan index)」とも呼ばれています。

スキュー指数の計算方法

スキュー指数は、CBOE(シカゴオプション取引所)が算出・公表している指数です。S&P500(S&P500種株価指数)OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)のオプション価格から市場の歪みを指数化しています。簡単には、コールオプションボラティリティからプットオプションのボラティリティを差し引いて算出される指数ですが、計算方法は複雑ですので、詳細を知りたい方はCBOEが公表している「THE CBOE SKEW INDEX」のページを参照してください。

スキュー指数の検証(水準と目安)

スキュー指数は、オプション市場で大きな価格変動リスクに備える取引が増えると上昇します。つまり、ブラックスワンやテールリスクが起こる可能性が高まっていると予想している投資家が増えると上昇する指数です。

スキュー指数は100がフラットの状態で、100より高ければコールオプション(買う権利)よりプットオプション(売る権利)が買われている状態でプットオプションのボラティリティが上がっていますので、ブラックスワンやテールリスクへの警戒が強まっていることを示します。スキュー指数は、英国でブレグジットが決定された時は153.66まで上昇しました。スキュー指数は、チャートが示すように急落を事前に示唆しことごとく当てていますので、注目度が高まっています。

スキュー指数は100を切ることはない

一方で、スキュー指数が100を切ることはまずありません。オプションは急落時の保険として使われることが主ですので、プットオプションの方が多いことが普通です。ゆえに、通常は100以上で推移します。

日銀(日本銀行)も注目している

スキュー指数は、日銀(日本銀行)も注目している指数として有名です。

急落・暴落を予兆するスキュー指数とVIX指数・急落前の高水準

スキュー指数は、スキュー指数と同様のボラティリティ指数である「VIX指数(恐怖指数)」と一緒に見られることが多いです。VIX指数の推移は「VIX指数」のページで掲載しています。

スキュー指数とVIX指数は、どちらもボラティリティの高まりが見れる指数で、それぞれ投資家の不安心理が反映される指数です。

ボラティリティ指数としては、一般的にはVIX指数が有名ですが、スキュー指数も注目度が非常に高くなっています。近年では、2018年世界同時株安の暴落と2020年コロナショックの暴落をスキュー指数は的中させていますので、特に注目度が高いです。ゆえに、スキュー指数とVIX指数は一緒に見られることが多く、その数値が高水準に上昇してきた際は急落への警戒が高まります。

チャート(スキュー指数とS&P500・VIX指数と比較)

スキュー指数の「各年比較チャート」は、ページ下部「各年比較チャート・過去データ」の欄のリンク先のページで掲載しています。

スキュー指数の比較チャート
  • 拡大表示はこちら
  • スキュー指数と一緒に見られることが多いVIX指数のチャートを追加しました。S&P500も含めていますのでチャートが見にくい場合は、上記の「拡大表示はこちら」でチャートを拡大させてご利用ください。
スポンサーリンク

時系列(2021年)

日付スキュー指数
2021.04.14137.67
2021.04.13134.72
2021.04.12134.29
2021.04.09132.88
2021.04.08139.04
2021.04.07140.60
2021.04.06142.44
2021.04.05139.63
2021.04.01136.29
2021.03.31140.93
2021.03.30142.20
2021.03.29143.67
2021.03.26145.46
2021.03.25140.86
2021.03.24143.70
2021.03.23143.44
2021.03.22146.14
2021.03.19141.47
2021.03.18148.11
2021.03.17143.19
2021.03.16142.56
2021.03.15141.26
2021.03.12140.29
2021.03.11139.61
2021.03.10138.57
2021.03.09134.45
2021.03.08137.01
2021.03.05135.90
2021.03.04137.19
2021.03.03140.53
2021.03.02141.68
2021.03.01141.33
2021.02.26136.23
2021.02.25142.07
2021.02.24138.52
2021.02.23136.64
2021.02.22138.82
2021.02.19141.53
2021.02.18142.55
2021.02.17144.45
2021.02.16140.17
2021.02.12137.66
2021.02.11137.60
2021.02.10139.33
2021.02.09140.06
2021.02.08136.65
2021.02.05135.09
2021.02.04136.01
2021.02.03136.59
2021.02.02141.15
2021.02.01141.63
2021.01.29134.30
2021.01.28145.84
2021.01.27137.93
2021.01.26143.31
2021.01.25145.56
2021.01.22145.55
2021.01.21144.20
2021.01.20146.66
2021.01.19141.32
2021.01.15136.70
2021.01.14138.06
2021.01.13139.93
2021.01.12139.99
2021.01.11134.70
2021.01.08139.25
2021.01.07145.92
2021.01.06147.06
2021.01.05145.50
2021.01.04143.84

各年比較チャート・過去データ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました