[お知らせ] 「銅金レシオ(CGレシオ・銅金比率)」の掲載開始

CAPEレシオ(シラーPER)

CAPEレシオの概要(S&P500)

capeレシオ(シラーper)

かぶー
かぶー

CAPEレシオの現在の値(リアルタイム速報・毎営業日の日次データ)と、過去140年の推移を全て掲載したページだよ!S&P500やFRBのバランスシートとの比較チャートも掲載してるんだ。CAPEレシオは、”シラーPER”とも呼ばれるPER(株価収益率)の一種で、実質的な株価の割高・割安を計れるバリュエーション指標だよ!単年度に変動が大きくなるような一時的要因や景気循環の影響を受けないのが特徴なんだ。歴史的に株価の暴落・急落の前兆を示してきた指標だから注目度が高いんだよ!標準偏差+1σ超は要注意!

  • 当ページは、CAPEレシオ(シラーPER)の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • 各指数・指標の解説
    CAPEレシオとは(シラーPERとは)
  • [動画で解説]ーYouTube-
    [動画で解説] CAPEレシオ(シラーPER)とはー見方と特徴ー
  • 単位:%
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は改定値を上書きして掲載しています。
  • 当ページでは、S&P500種株価指数のCAPEレシオ(シラーPER)の毎営業日の現在の値(速報)と過去140年分の推移を掲載しています。S&P500・FRBバランスシートとCAPEレシオの比較チャートも掲載しています。
  • 英語:CAPE RATIO

CAPEレシオとは?

CAPEレシオ(読み方:けいぷれしお)とは、ノーベル経済学賞を受賞した米国(アメリカ)のロバート・シラー氏(Robert James Shiller)が考案したPER(株価収益率)の一種で、株価の割高・割安を計る指標です。シラー氏が考案したことから「シラーPER(Shiller PER)」とも呼ばれています。CAPEレシオは、過去10年間の実績利益の平均値に物価変動を加味して計算されます。

ロバートシラー(robert james shiller)

CAPEレシオ(シラーPER)で何がわかる?PERの違い

株価の割高・割安のバリュエーション(企業価値・株価の評価)を計る株価指標としては「PER(株価収益率)」が有名です。PERは当期純利益を基に計算するEPS(1株当たり利益)を用いて算出されますが、単年度に変動が大きくなることがあります。

一方、CAPEレシオ(シラーPER)は、過去10年間の実績利益の平均値に物価を加味した1株あたり利益を基に計算する指標であるため、単年度に変動が大きくなるような一時的要因や景気循環の影響を受けず、実質的な株価の割高・割安を計れる指標です。

通常のPERは、S&P500構成銘柄の過去12カ月の利益を用いて算出されます。景気拡大局面は、企業は高い利益率と収益を上げますのでPERは低くなり、不況(不景気)の局面は、その逆で低利益率・低収益でPERは高くなります。過去PERは、リーマンショック時の2009年に123倍を付けました。過去の平均が15倍程度ですので、それをはるかに上回る数値です。PER123倍は超割高ですので、これを見ていると株式の購入時期ではありませんが、歴史的にこの時期は最適な株式投資の時期でした。

一方、CAPEレシオ(シラーPER)は同時期に13.3倍程度で過去数十年の最低水準をつけており、株式投資に最適な時期であったことを正確に示していました。

CAPEレシオはバフェット指標に似ている?

CAPEレシオ(シラーPER)は、景気循環中の利益変動を排除した指標で、PERより合理的な市場評価の指標として捉えられており、これはGDPに対する総時価総額の比率で市場評価をする指標「バフェット指標」ににている指標です。米国のバフェット指標(S&P500)は、以下のページで掲載していますので参考にしてください。

バフェット指標(バフェット指数)米国・アメリカ
著名投資家ウォーレン・バフェット氏が注目している相場の過熱感を示す指標「バフェット指標(バフェット指数)米国・アメリカ」のチャートと時系列です(速報)。毎営業日の値(現在)も掲載。水準や目安など見方のわかりやすい解説も掲載。

CAPEレシオの計算

CAPEレシオ(シラーPER)は、過去10年間のS&P500構成銘柄の年間の実績利益と消費者物価指数(CPI)を使用してインフレによる過去の利益を調整して計算されています(ドルベース)。過去10年の調整値を平均して算出され、CAPEレシオはこの平均値に対するS&P500の比率に等しくなります。

株価急落・暴落の前兆シグナル!CAPEレシオの目安と水準

CAPEレシオ(シラーPER)は、株価の暴落・急落の前兆を示す指標として注目されています。非常に注目度の高い指標です。過去の傾向から見た目安と水準を以下に記載します。

CAPEレシオ(シラーPER)の過去平均

CAPEレシオ(シラーPER)は、1881年から2020年までの推移から取得される平均の標準偏差+1σから-1σの間で概ね推移しやすい傾向があります。CAPEレシオが標準偏差+1σを超えて推移した後は、大恐慌やITバブルの崩壊、リーマンショックなどが起こって株価が暴落した歴史があります。2020年のコロナショック前も標準偏差+1σを超えて推移していました。

標準偏差+1σの水準はどれぐらい?

CAPEレシオの標準偏差+1σ水準は、概ね25倍程度です。ゆえに、CAPEレシオが25倍を超えてきた場合は警戒水準と見られやすいです。

FRBのバランスシートとCAPEレシオの相関性

CAPEレシオ(シラーPER)は上記の解説の通り、25倍以上で過熱感を示す指標です。25倍に近付けば過熱感が意識され、25倍以上は警戒水準と見るのが一般的です。ただし、CAPEレシオ(シラーPER)は、FRBのバランスシート(総資産)と正の相関性が認められる傾向があり、FRBがバランスシートを拡大している局面ではCAPEレシオ(シラーPER)の過熱の水準も切り上がるとの見方があります。

下の”チャート”の欄に、CAPEレシオ(シラーPER)とFRBのバランスシートの比較チャートがあるので参考にしてください。

FRBのバランスシートの推移はこちら

FRBのバランスシートの推移は、当サイトの以下のページで掲載しています。

FRBのバランスシート(総資産)
米国(アメリカ)のFRBのバランスシート(総資産)のチャート・グラフと時系列です(速報)。名目GDP比のチャートやS&P500との比較チャートも掲載。FRBのバランスシート拡大・縮小局面の米国株の傾向がわかります。わかりやすい解説も掲載。

リスクプレミアムとCAPEレシオ(シラーPER)の関係

CAPEレシオ(シラーPER)は、米国のリスクプレミアムと比較して見ることも多いです。パウエルFRB議長は、CAPEレシオ(シラーPER)とリスクプレミアムを比較して株式がバブルであるかどうか、2021年1月のFOMC後の会見で発言していました。リスクプレミアムは、株式益利回りから米国10年国債利回りを差し引いたものですが、リスクプレミアムが低水準であればPERのある程度の上昇は割高ではないとの見方を示しました。

米国のリスクプレミアムの推移はこちら

米国(アメリカ)のリスクプレミアムの推移(リスクプレミアムのわかりやすい解説も掲載)は、当サイト「株式マーケットデータ」の以下のページで掲載しています。

リスクプレミアム(米国)
米国(アメリカ)のリスクプレミアムのチャートと時系列です(速報)。リスクプレミアムとは?水準や目安、計算方法、求め方、リスクプレミアムがマイナスの意味、株のバブルの見分け方、長期金利との関係、FRBの融資による影響などわかりやすい解説も掲載。

S&P500の予想PERと実績PERの推移はこちら

通常、一般的に見られているS&P500のPER(予想PERと実績PER)の推移は、以下のページで掲載しています。当ページで掲載しているCAPEレシオと併せてご利用ください。

PER(ナスダック100・S&P500・ラッセル2000)
ナスダック100(NASDAQ100)・S&P500・ラッセル2000のPER(株価収益率)のチャートと時系列です(速報)。それぞれの実績PERと予想PERを掲載。S&P500の平均PERの水準と目安、レンジなどのわかりやすい解説も掲載しています。

当サイト「株式マーケットデータ」では、S&P500のPERの他に、S&P500のEPS(1株当たり利益)や配当利回り、株式益利回り、PBRなど各種バリュエーション指標も掲載していますのでご利用ください(すべて解説付き)。

超過CAPE利回りの推移はこちら

ロバート・シラー氏は、CAPEレシオをベースとした株式益利回りと米国債の実質利回りから算出される「超過CAPE利回り」も株式の割高・割安の指標として用いています。その超過CAPE利回りの推移と解説は以下のページで掲載しています。

超過CAPE利回り
ロバートシラー氏が考案した超過CAPE利回りのチャートと時系列です。現在のリアルタイムの日次データも掲載。CAPEレシオ(シラーPER)ベースの株式益利回りと10年物国債実質利回りから算出される指標で、米国株が割高か割安かがわかります。

チャート

CAPEレシオ(シラーPER)の過去140年分のチャート(米国の景気後退期間と比較)

capeレシオ(シラーper)のチャート
  • 拡大表示はこちら
  • 米国の景気後退期間との比較チャートにしています。灰色の囲みの期間が米国の景気後退期間です。2020年の米国の景気後退期間は2カ月(2月から3月)と短かったため、表記しているもののチャートでは薄過ぎて見えない可能性がありますので考慮して見て下さい。米国の景気後退期間の推移と解説は、以下のページで掲載しています。
景気後退期間(米国・アメリカ)
米国(アメリカ)の景気後退と景気拡大の期間のチャートと時系列です(速報)。全米経済研究所(NBER)公表分。米国の景気後退はいつからいつまで?過去から現在までの景気拡大と景気縮小の推移がわかります。景気循環や公表日のわかりやすい解説付き。

S&P500(米国株)とCAPEレシオの比較チャート

米国株とcapeレシオの比較チャート

FRBバランスシートとCAPEレシオの比較チャート

frbのバランスシートとcapeレシオの比較チャート

リアルタイム(現在)のCAPEレシオの値

2022年7月5日現在(日次データ)
29.0
現在のCAPEレシオ(シラーPER)の値
CAPEレシオは速報値を掲載し、改定で修正があれば改定値に置き換わります。日次データは改定時点から反映されます。

時系列(historical data)

日次

日付CAPEレシオ(シラーPER)
2022.07.0129.0
2022.06.3028.7
2022.06.2928.9
2022.06.2828.9
2022.06.2729.5
2022.06.2429.6
2022.06.2328.7
2022.06.2228.5
2022.06.2128.5
2022.06.1727.8
2022.06.1627.8
2022.06.1529.5
2022.06.1429.1
2022.06.1329.2
2022.06.1030.4
2022.06.0931.3
2022.06.0832.1
2022.06.0732.4
2022.06.0632.1
2022.06.0332.0
2022.06.0232.5
2022.06.0131.9
2022.05.3132.2
2022.05.2732.4
2022.05.2631.6
2022.05.2531.0
2022.05.2430.7
2022.05.2330.9
2022.05.2030.4
2022.05.1930.4
2022.05.1830.6
2022.05.1731.8
2022.05.1631.2
2022.05.1331.3
2022.05.1230.6
2022.05.1130.6
2022.05.1031.2
2022.05.0931.1
2022.05.0632.7
2022.05.0532.9
2022.05.0434.1
2022.05.0333.1
2022.05.0232.9
2022.04.2932.7
2022.04.2834.0
2022.04.2733.2
2022.04.2633.1
2022.04.2534.0
2022.04.2233.9
2022.04.2134.8
2022.04.2035.3
2022.04.1935.4
2022.04.1834.8
2022.04.1434.8
2022.04.1335.2
2022.04.1234.8
2022.04.1135.0
2022.04.0835.6
2022.04.0735.7
2022.04.0635.5
2022.04.0535.9
2022.04.0437.4
2022.04.0137.1
2022.03.3136.9
2022.03.3037.5
2022.03.2937.8
2022.03.2837.3
2022.03.2537.0
2022.03.2436.8
2022.03.2336.3
2022.03.2236.8
2022.03.2136.4
2022.03.1836.4
2022.03.1736.0
2022.03.1635.5
2022.03.1534.7
2022.03.1434.0
2022.03.1134.3
2022.03.1034.7
2022.03.0934.9
2022.03.0834.0
2022.03.0734.2
2022.03.0435.3
2022.03.0335.6
2022.03.0235.8
2022.03.0135.1
2022.02.2835.7
2022.02.2535.7
2022.02.2435.0
2022.02.2334.4
2022.02.2235.1
2022.02.1835.5
2022.02.1735.7
2022.02.1636.5
2022.02.1536.4
2022.02.1435.9
2022.02.1136.0
2022.02.1036.7
2022.02.0937.9
2022.02.0837.3
2022.02.0737.0
2022.02.0437.2
2022.02.0337.0
2022.02.0237.9
2022.02.0137.5
2022.01.3137.3
2022.01.2836.6
2022.01.2735.7
2022.01.2635.9
2022.01.2536.0
2022.01.2436.4
2022.01.2136.3
2022.01.2037.0
2022.01.1937.4
2022.01.1837.8
2022.01.1438.5
2022.01.1338.5
2022.01.1239.0
2022.01.1138.9
2022.01.1038.6
2022.01.0738.6
2022.01.0638.8
2022.01.0538.8
2022.01.0439.8
2022.01.0339.9
日次のCAPEレシオ(シラーPER)の時系列データ

月次

日付CAPEレシオ(シラーPER)前月比
2022年05月30.8-3.1
2022年04月33.9-0.4
2022年03月34.3-1.0
2022年02月35.3-1.6
2022年01月36.9-1.4
2021年12月38.3-0.3
2021年11月38.6+1.3
2021年10月37.3-0.3
2021年09月37.6-0.4
2021年08月38.0+0.6
2021年07月37.4+0.7
2021年06月36.7+0.1
2021年05月36.6-0.1
2021年04月36.7+1.7
2021年03月35.0-0.1
2021年02月35.1+0.6
2021年01月34.5+0.7
2020年12月33.8+1.3
2020年11月32.5+1.2
2020年10月31.3+0.5
2020年09月30.8-0.4
2020年08月31.2+1.6
2020年07月29.6+0.8
2020年06月28.8+1.5
2020年05月27.3+1.4
2020年04月25.9+1.1
2020年03月24.8-5.9
2020年02月30.7-0.3
2020年01月31.0+0.7
2019年12月30.3+0.5
2019年11月29.8+1.0
2019年10月28.8-0.4
2019年09月29.2+0.5
2019年08月28.7-1.3
2019年07月30.0+0.7
2019年06月29.3+0.1
2019年05月29.2-0.9
2019年04月30.1+0.5
2019年03月29.6+0.1
2019年02月29.5+1.1
2019年01月28.4+0.1
2018年12月28.3-1.9
2018年11月30.2-0.8
2018年10月31.0-1.6
2018年09月32.6+0.2
2018年08月32.4+0.5
2018年07月31.9+0.3
2018年06月31.6+0.4
2018年05月31.2+0.2
2018年04月31.0-0.8
2018年03月31.8-0.2
2018年02月32.0-1.3
2018年01月33.3+1.2
2017年12月32.1+0.8
2017年11月31.3+0.4
2017年10月30.9+0.7
2017年09月30.2+0.3
2017年08月29.9-0.1
2017年07月30.0+0.2
2017年06月29.8+0.5
2017年05月29.3+0.4
2017年04月28.9-0.2
2017年03月29.1+0.4
2017年02月28.7+0.6
2017年01月28.1+0.2
2016年12月27.9+1.0
2016年11月26.9+0.4
2016年10月26.5-0.2
2016年09月26.7-0.3
2016年08月27.0+0.3
2016年07月26.7+0.9
2016年06月25.8+0.1
2016年05月25.7-0.2
2016年04月25.9+0.5
2016年03月25.4+1.4
2016年02月24.0-0.2
2016年01月24.2-1.8
2015年12月26.0-0.2
2015年11月26.2+0.7
2015年10月25.5+1.0
2015年09月24.5-1.2
2015年08月25.7-0.7
2015年07月26.4-0.1
2015年06月26.5-0.3
2015年05月26.80.0
2015年04月26.8+0.1
2015年03月26.7-0.3
2015年02月27.0+0.5
2015年01月26.5-0.3
2014年12月26.8+0.2
2014年11月26.6+1.4
2014年10月25.2-0.7
2014年09月25.9+0.3
2014年08月25.6-0.2
2014年07月25.8+0.2
2014年06月25.6+0.7
2014年05月24.9+0.1
2014年04月24.8-0.2
2014年03月25.0+0.4
2014年02月24.6-0.3
2014年01月24.90.0
2013年12月24.9+0.3
2013年11月24.6+0.8
2013年10月23.8+0.4
2013年09月23.40.0
2013年08月23.4-0.1
2013年07月23.5+0.6
2013年06月22.9-0.5
2013年05月23.4+0.8
2013年04月22.6+0.2
2013年03月22.4+0.3
2013年02月22.1+0.2
2013年01月21.9+0.7
月次のCAPEレシオ(シラーPER)の時系列データ(historical data)