本文へスキップ

トービンのq(Qレシオ)の推移・時系列・計算式と見方をわかりやすく解説

PBRと似た指標ですが、PBRより実質的な評価ができる指標です。ただし信頼度に欠けるので参考的に使う指標です。

トービンのq(Qレシオ)Tobin's Q(Q ratio)




目次


メニュー


用語


わからない用語があればこちらで検索してください。



Qレシオとは、「実質株価純資産倍率」と呼ばれる、企業の将来の収益性や資産の利用効率性を示す指標です。Qレシオは、「トービンのq(トービンのq理論)」で有名なノーベル経済学賞受賞者ジェームス・トービン氏が作成者とされており、Qレシオの「Q」は、トービンのqから命名されましたが、1966年に経済学者のニコラスカルドール氏が最初に提案したものであるため「カルドールのv」と呼ばれることもあります。過去の出版物では「カルドールのv」と書かれていることが多いです。


Qレシオは、株価を時価ベースの1株あたり純資産(+含み資産)で割って算出されます。計算式は以下です。

  • 株価÷1株あたり時価評価資産

QレシオはPBR(株価純資産倍率)と似た指標ですが、PBRは株価を簿価ベースの1株あたり純資産で割っている所に違いがあります。Qレシオは、簿価ベースのPBRより実質的な評価ができるメリットがあります。






一方、純資産を時価評価するのは困難です。そのため、正確なQレシオの算出も困難です。ゆえに、一般的には、時価総額負債の簿価の合計を純資産の簿価で割って算出されます。計算式は以下の通りです。

  • 時価総額と負債の簿価合計÷純資産の簿価

Qレシオは、1倍以下であれば株価は割安、1倍以上であれば割高と見る指標ですが、歴史的に見るとQレシオの値は0.70程度が平均的です。また、一般的に投資結果を予測できていない指標ですので信頼度に欠け、参考程度の指標として見ておいた方が無難です。というのも、Qレシオは、日本が1980年代末にバブルとなっていた頃、従来のPBRやPERでは割高感が説明できなくなっていたことから持ち出された株価指標です。Qレシオの登場後、株価はすぐに天井を打ち、大きな下落相場に移行しました。
Qレシオは、過去のボトムは概ね約0.30程度。1982年には0.28をつけています。ピークは2001年の1.69でしたが、2019年以降それを突破しました。



Qレシオのチャート







年月日 Qレシオ
2020.7.1 2.34
2020.4.1 2.08
2020.1.1 1.59
2019.10.1 2.15
2019.7.1 1.89
2019.4.1 1.90
2019.1.1 1.84
2018.10.1 1.56
2018.7.1 1.23
2018.4.1 1.15
2018.1.1 1.15
2017.10.1 1.16
2017.7.1 1.13
2017.4.1 1.11
2017.1.1 1.12
2016.10.1 1.07
2016.7.1 1.07
2016.4.1 1.08
2016.1.1 1.08
2015.10.1 1.06
2015.7.1 1.02
2015.4.1 1.12
2015.1.1 1.15
2014.10.1 1.18
2014.7.1 1.16
2014.4.1 1.19
2014.1.1 1.16
2013.10.1 1.13
2013.7.1 1.07
2013.4.1 1.04
2013.1.1 1.06
2012.10.1 0.97
2012.7.1 0.98
2012.4.1 0.95
2012.1.1 0.98
2011.10.1 0.90
2011.7.1 0.84
2011.4.1 0.97
2011.1.1 0.98
2010.10.1 0.94
2010.7.1 0.87
2010.4.1 0.79
2010.1.1 0.93
2009.10.1 0.89
2009.7.1 0.86
2009.4.1 0.72
2009.1.1 0.59
2008.10.1 0.64
2008.7.1 0.77
2008.4.1 0.87
2008.1.1 0.85
2007.10.1 0.89
2007.7.1 0.94
2007.4.1 0.94
2007.1.1 0.91
2006.10.1 0.90
2006.7.1 0.87
2006.4.1 0.87
2006.1.1 0.94
2005.10.1 0.90
2005.7.1 0.93
2005.4.1 0.92
2005.1.1 0.93
2004.10.1 0.95
2004.7.1 0.88
2004.4.1 0.95
2004.1.1 0.97
2003.10.1 0.98
2003.7.1 0.89
2003.4.1 0.86
2003.1.1 0.75
2002.10.1 0.80
2002.7.1 0.76
2002.4.1 0.92
2002.1.1 1.07
2001.10.1 1.07
2001.7.1 0.94
2001.4.1 1.13
2001.1.1 1.05
2000.10.1 1.20
2000.7.1 1.48
2000.4.1 1.60
2000.1.1 1.69
1999.10.1 1.59
1999.7.1 1.36
1999.4.1 1.45
1999.1.1 1.36
1998.10.1 1.33
1998.7.1 1.15
1998.4.1 1.31
1998.1.1 1.28
1997.10.1 1.18
1997.7.1 1.23
1997.4.1 1.17
1997.1.1 1.02
1996.10.1 1.09
1996.7.1 1.09
1996.4.1 1.09
1996.1.1 1.05
1995.10.1 1.03
1995.7.1 0.99
1995.4.1 0.93
1995.1.1 0.88
1994.10.1 0.83
1994.7.1 0.85
1994.4.1 0.82
1994.1.1 0.86
1993.10.1 0.91
1993.7.1 0.88
1993.4.1 0.87
1993.1.1 0.87
1992.10.1 0.85
1992.7.1 0.77
1992.4.1 0.74
1992.1.1 0.75
1991.10.1 0.74
1991.7.1 0.65
1991.4.1 0.61
1991.1.1 0.61
1990.10.1 0.54
1990.7.1 0.48
1990.4.1 0.58
1990.1.1 0.55
1989.10.1 0.58
1989.7.1 0.56
1989.4.1 0.52
1989.1.1 0.49
1988.10.1 0.49
1988.7.1 0.48
1988.4.1 0.50
1988.1.1 0.49
1987.10.1 0.47
1987.7.1 0.61
1987.4.1 0.58
1987.1.1 0.57
1986.10.1 0.48
1986.7.1 0.44
1986.4.1 0.49
1986.1.1 0.47
1985.10.1 0.43
1985.7.1 0.37
1985.4.1 0.40
1985.1.1 0.38
1984.10.1 0.36
1984.7.1 0.36
1984.4.1 0.35
1984.1.1 0.37
1983.10.1 0.40
1983.7.1 0.42
1983.4.1 0.43
1983.1.1 0.39
1982.10.1 0.35
1982.7.1 0.30
1982.4.1 0.28
1982.1.1 0.29
1981.10.1 0.33
1981.7.1 0.31
1981.4.1 0.37
1981.1.1 0.39
1980.10.1 0.40
1980.7.1 0.38
1980.4.1 0.35
1980.1.1 0.32
1979.10.1 0.35
1979.7.1 0.35
1979.4.1 0.34
1979.1.1 0.35
1978.10.1 0.34
1978.7.1 0.36
1978.4.1 0.35
1978.1.1 0.34
1977.10.1 0.37
1977.7.1 0.39
1977.4.1 0.41
1977.1.1 0.41
1976.10.1 0.46
1976.7.1 0.45
1976.4.1 0.46
1976.1.1 0.47
1975.10.1 0.42
1975.7.1 0.39
1975.4.1 0.45
1975.1.1 0.40
1974.10.1 0.31
1974.7.1 0.33
1974.4.1 0.47
1974.1.1 0.54
1973.10.1 0.58
1973.7.1 0.70
1973.4.1 0.68
1973.1.1 0.76
1972.10.1 0.83
1972.7.1 0.74
1972.4.1 0.74
1972.1.1 0.75
1971.10.1 0.73
1971.7.1 0.69
1971.4.1 0.72
1971.1.1 0.74
1970.10.1 0.69
1970.7.1 0.63
1970.4.1 0.55
1970.1.1 0.70
1969.10.1 0.75

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。


バナースペース


Infomation

当サイトは、

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。


charTrade(チャートレード)

charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、こちらで展開中!