[お知らせ] 「当期純利益(S&P500)」の掲載を開始

タームプレミアム(期間プレミアム)米国

タームプレミアムの概要

タームプレミアム

金利

タームプレミアムは、期間のリスクに伴う上乗せの利回りです。タームプレミアムは長期金利の構成要素の一つで、長期金利は予想短期金利の平均とタームプレミアムに分解できます。

タームプレミアムの上昇によって長期金利が上昇している場合、株価はこれを嫌がりますので警戒しておく必要があります。株価にも大きく影響する最重要指標ですので、以下のわかりやすい解説を読んで必ずチェックしましょう。

  • 当ページは、米国(アメリカ)のタームプレミアムの解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • Source:Federal Reserve Bank of New York
  • NY連銀(ニューヨーク連銀)公表のタームプレミアムを掲載しています。
  • 速報値を掲載し、修正があった場合は修正値を上書きして掲載しています。
  • 単位:%
  • ACMモデル
  • Term Premium(us) historical data&chart

タームプレミアムとは?その意味

タームプレミアム(英語:Term Premium)とは、期間(ターム)のリスクに伴う報酬(プレミアム)です。日本語では「期間プレミアム」と訳され、タームリスク(期間のリスク)に伴う上乗せの利回りを意味します。タームプレミアムは、リスクプレミアムの一種です。

リスクプレミアムの推移はこちら

リスクプレミアムの解説と推移(チャートと時系列)は、以下のページで掲載しています。

リスクプレミアム(米国)
米国(アメリカ)のリスクプレミアムのチャートと時系列です(速報)。リスクプレミアムとは?水準や目安、計算方法、求め方、リスクプレミアムがマイナスの意味、株のバブルの見分け方、長期金利との関係、FRBの融資による影響などわかりやすい解説も掲載。

タームプレミアムで何がわかる?わかりやすく簡単に解説

例えば長期債(長期の債券)を保有する場合、保有する期間が長いので保有リスクが高くなります。リスクが高い分、利回りが高くなければ投資家は魅力を感じませんので、保有期間分のリスクに伴う利回りが上乗せされます。それがタームプレミアムです。

長期債を購入する場合と、長期債と同じ期間だけ短期債を連続して購入する場合を比べると、長期債を保有した方が短期債を連続して購入するよりも価格の変動リスクや流動性リスクなどのリスクが高くなりますので、その分の利回りが上乗せされます。その上乗せ分がタームプレミアムです。購入する長期債の保有期間リスクに伴う上乗せ利回りです。違う言い方をすれば、長期のタームリスクを取る対価がタームプレミアムです。

タームプレミアムはプラスが普通

タームプレミアムはプラスであることが普通です。長期のタームリスクを取る対価がタームプレミアムですので、期間の長い債券になるほど上乗せ利回りが高くなるのが普通だからです。

タームプレミアムのマイナスは何を意味する?

タームプレミアムはマイナスになることがあります。期間の長い債券を買うのですから、それだけリスクを取る、リスクを取るのですからそれだけのリターンがあって当然です。ゆえに、タームプレミアムはプラスが当たり前で、マイナスは「異常」を意味します。

タームプレミアムがマイナスということは、どういう意味なのでしょうか?

タームプレミアムがマイナスということは「リスクを取ればリターンがマイナスになる」ということです。リスクを取っているのにリターンがマイナスになる状態ですので「異常」です。

なぜマイナスになるのか?その原因

タームプレミアムは何故マイナスになるのでしょうか?

米国のタームプレミアムは米国債(米国の国債)への需給が影響しますので、米国債の購入が集中的に増えればマイナスになることがあります。これまで、タームプレミアムがマイナスとなった大きな要因は量的緩和(QE)です。量的緩和によるカネ余りによって資金が国債に集まった時にタームプレミアムがマイナスになりました。

タームプレイミアムと長期金利の関係

タームプレミアムは、長期金利の構成要素とされています。「予想短期金利(投資家が予想する将来の短期金利)の平均(予想平均短期金利ともいう)」と「タームプレミアム」が長期金利の構成要素とされています。予想短期金利は「期待短期金利」とも呼ばれています。

つまり、長期金利は、予想短期金利の平均とタームプレミアムに分解できるということです。短期金利は中央銀行(米国の場合はFRB)が政策金利によって誘導していますので、予想短期金利は「予想政策金利」あるいは「期待政策金利」とも呼ばれています。

長期金利の構成要素の解説は、各中央銀行がレポートで公表していますので、詳しく知りたい方はそちらを参照してください(日本銀行も公表しています)。

予想短期金利の推移はこちら

NY連銀が公表している予想短期金利の平均の推移は、以下のページで掲載しています。

予想短期金利(米国)
NY連銀公表の米国(アメリカ)の予想短期金利(期待短期金利)のチャートと時系列です(求め方と計算式の解説含む)。長期金利の構成要素で、予想平均短期金利、予想政策金利・期待政策金利とも呼ばれています。タームプレミアムも掲載しています。

タームプレミアムの上昇要因・下落要因

タームプレミアムは、米国債の買い手が減れば上がり、買い手が増えれば下がります。つまり、米国債の需給が影響します。

FRBの利上げ・利下げ・量的緩和(QE)とタームプレミアムの需給

タームプレミアムは米国債の需給で上下しますが、その大きな要因となりやすいのがFRBの政策金利引き上げ(利上げ)、政策金利引き下げ(利下げ)、量的緩和(QE)などです。それらへの期待によって米国債への需要が高まればタームプレミアムは低下、逆であれば上昇します。もちろん、その他の要因による米国債への需給によっても上下します。

金利は経済を反映する?しない?

一般的に金利の上昇・低下で米国経済の先行きを測ることが多いですが、米国債の需給関係を表すタームプレミアムによって金利は上昇・低下しますので、金利の上昇・低下だけで単純に米国経済の先行きは測ることはできません。

金融緩和・金融引き締めとタームプレミアムの関係

中央銀行が金融緩和を行えば(米国債を買えば)タームプレミアムを低下、あるいはタームプレミアムの上昇を抑え込むことができます。一方、タームプレミアムの上昇は金融環境が引き締まっている(金融引き締め)ことを意味します。タームプレミアムは国債の買い手が減れば上昇します。つまり、FRBが米国債の購入を減額すれば上昇します。タームプレミアムの上昇によって長期金利(名目金利)が上昇している場合、株価はこれを嫌がりますので警戒しておく必要があります。

タームプレミアムの目安

米国債(10年物)のタームプレミアムの目安となるのは、米国の10年物価連動国債利回り(インフレ連動国債利回り)とされています。

米国の10年物価連動国債利回りの推移はこちら

米国の10年物価連動国債利回り(インフレ連動国債利回り)の推移は、以下のページで掲載しています(解説含む)。

10年物価連動国債(インフレ連動国債)利回り・米国
米国(アメリカ)の10年物価連動国債(インフレ連動国債)利回りのチャートと時系列です(米財務省とFRB公表分)。物価連動国債利回りは実質金利の指標。期待インフレ率(ブレークイーブンインフレ率)との関係や計算式、長期金利との関係の解説も掲載。

タームプレミアムの水準

タームプレミアムの目安となるのは米国の10年物価連動国債利回りですので、タームプレミアムがそれより高い水準か低い水準かを見る必要があります。また、過去のタームプレミアムの水準と比較して高いか低いかも見る必要があります。

例えば、タームプレミアムが低い水準の場合、タームプレミアムは国債の需給によって上下しますので、タームプレミアムが跳ね上がる可能性が出てきます。その場合、長期債の債券価格が急激に下がる可能性があり、そうなると他資産へ大きな影響が出ると考えられます。株価にとっては急落のリスクが高まるため警戒が必要です。

当ページのタームプレミアムについて(NY連銀公表)

当ページで掲載しているタームプレミアムは、米国の金融政策の実務を取り仕切っているNY連銀が公表しているタームプレミアムです。米国のタームプレミアムを見る場合は、通常これを見ます。

NY連銀公表のこのタームプレミアムは、NY連銀のエコノミストであるTobias Adrian、Richard Crump、Emanuel Moenchが5要素の期間構造モデル(ACMモデル)に基づいて算出している推定値です。その分析方法はNY連銀のホームページで公表されていますので、詳しく知りたい方はそちらを参照してください。

タームプレミアムを見る場合の注意点

NY連銀公表のタームプレミアムおよび予想短期金利は、上記の解説の通りACMモデルに基づいた推定値であり、タームプレミアムと予想短期金利で構成される長期金利は、実際の長期金利とは異なります。ACMモデルにおける適合水準ということで、この適合水準(推定値)より高い水準か低い水準かという視点で見るものです。

チャート(タームプレミアム)

タームプレミアムのチャート
  • 拡大表示はこちら
  • タームプレミアム(10年)」の月次データを掲載しています。
  • タームプレミアムは、期間構造モデル(ACMモデル)に基づいた推定値です。これは月に1度の頻度で再推定され、過去の数値は修正される可能性があります。当ページでは修正値を上書きして掲載していますので、常に最新のデータに更新されています。
  • Chart [Term Premium(us)]
  • チャートの灰色の期間が米国の景気後退期間です。景気後退期間の解説と推移は、以下のページを参照してください。
景気後退期間(米国・アメリカ)
米国(アメリカ)の景気後退と景気拡大の期間のチャートと時系列です(速報)。全米経済研究所(NBER)公表分。米国の景気後退はいつからいつまで?過去から現在までの景気拡大と景気縮小の推移がわかります。景気循環や公表日のわかりやすい解説付き。

現在のタームプレミアムの値・速報(リアルタイム)

2022年10月5日現在(最新の日次データ)
-0.3925
現在のタームプレミアム(日次データ)realtime data for the Term Premium(us)

時系列(historical data)

日付タームプレミアム
2022.09.30-0.453442
2022.08.31-0.692616
2022.07.29-0.807401
2022.06.30-0.285194
2022.05.31-0.325531
2022.04.29-0.338824
2022.03.31-0.804188
2022.02.28-0.727651
2022.01.31-0.589759
2021.12.31-0.607572
2021.11.30-0.646784
2021.10.29-0.405023
2021.09.30-0.233955
2021.08.31-0.409507
2021.07.30-0.414261
2021.06.30-0.194447
2021.05.280.210688
2021.04.300.239557
2021.03.310.372566
2021.02.26-0.031680
2021.01.29-0.451746
2020.12.31-0.731998
2020.11.30-0.887490
2020.10.30-0.834795
2020.09.30-1.096348
2020.08.31-1.029737
2020.07.31-1.290420
2020.06.30-1.146710
2020.05.29-1.169285
2020.04.30-1.214240
2020.03.31-1.120801
2020.02.28-1.203481
2020.01.31-1.043623
2019.12.31-0.712469
2019.11.29-0.935406
2019.10.31-0.976884
2019.09.30-1.082558
2019.08.30-1.212769
2019.07.31-0.856501
2019.06.28-0.745805
2019.05.31-0.748374
2019.04.30-0.495038
2019.03.29-0.647124
2019.02.28-0.458489
2019.01.31-0.529539
2018.12.31-0.469558
2018.11.30-0.319483
2018.10.31-0.165590
2018.09.28-0.292204
2018.08.31-0.398396
2018.07.31-0.316171
2018.06.29-0.325826
2018.05.31-0.356947
2018.04.30-0.285530
2018.03.29-0.349399
2018.02.28-0.146106
2018.01.31-0.284703
2017.12.29-0.411277
2017.11.30-0.293157
2017.10.31-0.199576
2017.09.29-0.148350
2017.08.31-0.262082
2017.07.31-0.060893
2017.06.30-0.104556
2017.05.31-0.139207
2017.04.28-0.022808
2017.03.310.062040
2017.02.280.078981
2017.01.310.241040
2016.12.300.249197
2016.11.300.198450
2016.10.31-0.214479
2016.09.30-0.460966
2016.08.31-0.555852
2016.07.29-0.552691
2016.06.30-0.449391
2016.05.31-0.224117
2016.04.29-0.122967
2016.03.31-0.105605
2016.02.29-0.181626
2016.01.290.043431
2015.12.310.174412
2015.11.300.194660
2015.10.300.247146
2015.09.300.267599
2015.08.310.328823
2015.07.310.315055
2015.06.300.554967
2015.05.290.314231
2015.04.300.212966
2015.03.310.031616
2015.02.270.007951
2015.01.30-0.199963
2014.12.310.106359
2014.11.280.341635
2014.10.310.552542
2014.09.300.637701
2014.08.290.510766
2014.07.310.782320
2014.06.300.935399
2014.05.300.947511
2014.04.301.155054
2014.03.311.223096
2014.02.281.409812
2014.01.311.475818
2013.12.311.938806
2013.11.291.848384
2013.10.311.505015
2013.09.301.540960
2013.08.301.548442
2013.07.311.502718
2013.06.281.240265
2013.05.310.944976
2013.04.300.404368
2013.03.280.629727
2013.02.280.691184
2013.01.310.804945
2012.12.310.465750
2012.11.300.252909
2012.10.310.341276
2012.09.280.321084
2012.08.310.223440
2012.07.310.126062
2012.06.290.227635
2012.05.310.140665
2012.04.300.753761
2012.03.301.082033
2012.02.290.750196
2012.01.310.660663
2011.12.300.666372
2011.11.300.966328
2011.10.311.116053
2011.09.300.718791
2011.08.311.337752
2011.07.292.060363
2011.06.302.364334
2011.05.312.159302
2011.04.292.306919
2011.03.312.204172
2011.02.282.232648
2011.01.312.495551
2010.12.312.215757
2010.11.301.902878
2010.10.291.864059
2010.09.301.537570
2010.08.311.337194
2010.07.301.984925
2010.06.301.859964
2010.05.282.120111
2010.04.302.394460
2010.03.312.600331
2010.02.262.640367
2010.01.292.597293
タームプレミアムの月次の時系列データ(ヒストリカルデータ)
テキストのコピーはできません。