[お知らせ] サンフランシスコ連銀が新たに算出・公表を開始したシャドーレート(プロキシファンドレート)の掲載開始!

生産者物価指数(PPI・コアPPI)米国・アメリカ

米国の生産者物価指数の概要

生産者物価指数(ppiとコアppi)米国(アメリカ)

マーケットレーダー
マーケットレーダー

米国の生産者物価指数(PPI・コアPPI)は、米国内の生産者の出荷段階の物価動向を示した指数で、モノやサービスの売値の変化を表した指標である。米国のインフレを示す指標の代表格は生産者物価指数と消費者物価指数(CPI)。生産者物価指数は川上の物価動向を示し、消費者物価指数は川下の物価動向を示す。

  • 当ページは、米国の生産者物価指数(PPI・コアPPI)の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • 各指数・指標の解説「米国生産者物価指数(PPI)とは
  • Source:BLS(U.S Bureau of Labor Statistics)労働統計局
  • 単位:%
  • 季節調整済み
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は上書きして掲載しています
  • US PPI(Producer Price Index) historical data&chart

生産者物価指数とは?

生産者物価指数(読み方:せいさんしゃぶっかしすう|英語:PPI/Producer Price Index)とは、米国(アメリカ)の労働統計局(BLS:U.S Bureau of Labor Statistics)が毎月算出・公表している米国内の生産者の卸売の物価指数です。国産品の生産者が受け取った価格の経時的な平均変化(価格変化)を測定する指数で、売り手の観点から価格変動を測定した指標です。約1万品目の販売価格を調査・平均化した指数で、米国のインフレ(インフレーション)デフレ(デフレーション)の度合いを判断する指標の一つです。

わかりやすく簡単に

生産者物価指数は出荷段階の物価動向を示した指数で、モノやサービスの売値の変化を表した指標です。製造・生産における価格の平均的な変化を示しています。

一般的には、前月比の数値が重要視されやすいです。

PPIはインフレ指標の代表格

米国のインフレを示す指標として特に重要視されているのは、生産者物価指数(PPI)と消費者物価指数(CPI)です。

米国の消費者物価指数(CPI)とコアCPIの推移はこちら

米国の消費者物価指数(CPI)とコアCPIの解説と推移は以下のページで掲載しています。

消費者物価指数(CPI・米国)
米国の消費者物価指数(CPI)のチャートと時系列です。住居費CPIと帰属家賃CPIと賃貸料CPIの推移も掲載。FRBの金融政策に影響するため注目度が非常に高い。インフレ・デフレ・ドル買い(ドル高)・ドル売り(ドル安)、原油との関係の解説も。
コアCPI(米国)
米国(アメリカ)のコアCPI(コア消費者物価指数)のチャートと時系列です。FRBが金融政策の決定で注目しているため消費者物価指数(CPI)より注目度が高いです。インフレ・デフレ・ドル買い(ドル高)・ドル売り(ドル安)などのわかりやすい解説も掲載。

物価の変動は川上から川下へ

生産者物価指数(PPI)は川上の物価動向を示し、消費者物価指数(CPI)は川下の物価動向を示します。

物価の変動は、生産者側から消費者の購入価格である消費者物価へと波及します(川上から川下へと波及します)。ゆえに、生産者物価指数は消費者物価指数を占う上で重要視されています。

生産者物価指数と消費者物価指数の関係と影響

生産者物価指数は消費者物価指数を測る上で重要な指標ですが、生産者物価指数は企業のコスト動向を示しますので、例えば生産者物価指数の伸び率が消費者物価指数の伸び率を上回って推移している場合、企業が調達コストの増加を販売価格に転嫁できていないことを示します。つまり、企業収益を圧迫していることを表しています。

企業は価格転嫁出来ているのか?平均時給と比較する

上記の通り、生産者物価指数>消費者物価指数の場合、企業が調達コストの増加を販売価格に転嫁できていないことを示しますが、米国は日本に比べてコスト増を販売価格に転嫁しやすい傾向があります。ただ、順調に利益が上がっていて余裕がある場合、価格転嫁しないこともあります。

また、消費者物価指数の伸び率が平均時給の伸び率を上回っている場合、値上げをしてしまうと購買意欲が低下してしまうため、企業は価格転嫁できない状況になりやすいです。この場合は生産者物価指数の上昇が企業収益を圧迫し、株価の下落要因となりますので注意が必要です。

米国の平均時給の解説と推移は、以下のページで掲載しています。

平均時給(米国)
米国(アメリカ)の平均時給のチャートと時系列です。1時間あたりの平均時給で人件費と個人所得の増減を示し、インフレやデフレ圧力を示します。公表日やドル買い(ドル高)・ドル売り(ドル安)など、平均時給の見方のわかりやすい解説も掲載しています。

生産者物価指数とドル

生産者物価指数の上昇はインフレ傾向を示し、生産者物価指数の低下はデフレ傾向を示しますので、生産者物価指数が市場予想より高ければドル高ドル買い)要因、生産者物価指数が市場予想より低ければドル安ドル売り)要因となりやすいです。

コアPPIとは?

食品・エネルギーの価格は季節要因の影響を受けやすいため、物価全体の動向を見るためにこれらを生産者物価指数(PPI)から除いて見る必要があります。それらを除外した指数がコアPPIです。

生産者物価指数(PPI)とコアPPI、どちらを見ればいい?

生産者物価指数(PPI)とコアPPIはどちらも重要視されますが、PPIとコアPPIの差が大きくなった場合、コアPPIが重要視されやすいです。

チャート(米国の生産者物価指数(PPI))

前月比(生産者物価指数PPIのチャート)

米国の生産者物価指数(ppi)の前月比のチャート
  • 拡大表示はこちら
  • 米国の消費者物価指数(CPI)の前月比との比較チャートにしています
  • Chart [US PPI(Producer Price Index) MoM]

前年比(生産者物価指数PPIのチャート)

アメリカの生産者物価指数の前年比のチャート
  • 拡大表示はこちら
  • 米国の消費者物価指数(CPI)の前年比との比較チャートにしています
  • Chart [US PPI(Producer Price Index)  YoY]

チャート(米国のコアPPI)

前月比(コアPPIのチャート)

米国のコアppiの前月比のチャート
  • 拡大表示はこちら
  • 米国のコアCPIの前月比との比較チャートにしています
  • Chart [US Core PPI(Producer Price Index)  MoM]

前年比(コアPPIのチャート)

アメリカのコアppiの前年比のチャート
  • 拡大表示はこちら
  • 米国のコアCPIの前年比との比較チャートにしています
  • Chart [US Core PPI(Producer Price Index) YoY]

時系列(historical data)

日付前月比
(PPI)
前年比
(PPI)
前月比
(コアPPI)
前年比
(コアPPI)
2022年10月0.28.00.06.7
2022年09月0.28.40.37.2
2022年08月-0.28.70.37.3
2022年07月-0.49.80.37.6
2022年06月1.011.30.48.2
2022年05月0.910.90.68.5
2022年04月0.410.90.28.6
2022年03月1.611.51.29.6
2022年02月0.910.30.48.7
2022年01月1.210.01.08.5
2021年12月0.49.80.68.5
2021年11月1.09.80.97.9
2021年10月0.68.80.47.0
2021年09月0.58.60.26.8
2021年08月0.78.30.66.7
2021年07月1.07.81.06.2
2021年06月1.07.31.05.6
2021年05月0.86.60.74.8
2021年04月0.66.20.74.1
2021年03月1.04.20.73.1
2021年02月0.52.80.22.5
2021年01月1.31.71.22.0
2020年12月0.30.80.11.2
2020年11月0.10.80.11.4
2020年10月0.30.50.11.1
2020年09月0.40.40.41.2
2020年08月0.3-0.20.40.6
2020年07月0.6-0.40.50.3
2020年06月-0.2-0.8-0.30.1
2020年05月0.4-0.8-0.10.3
2020年04月-1.3-1.2-0.30.6
2020年03月-0.20.70.21.4
2020年02月-0.61.3-0.31.4
2020年01月0.52.10.51.7
2019年12月0.21.30.11.1
2019年11月0.01.1-0.21.3
2019年10月0.41.10.31.6
2019年09月-0.31.4-0.32.0
2019年08月0.11.80.32.3
2019年07月0.21.7-0.12.1
2019年06月0.11.70.32.3
2019年05月0.11.80.22.3
2019年04月0.22.20.12.4
2019年03月0.62.20.32.4
2019年02月0.11.90.12.5
2019年01月-0.12.00.32.6
2018年12月-0.12.5-0.12.7
2018年11月0.12.50.32.7
2018年10月0.62.90.52.6
2018年09月0.22.60.22.5
2018年08月-0.12.8-0.12.3
2018年07月0.03.30.12.7
2018年06月0.33.40.32.8
2018年05月0.53.10.32.4
2018年04月0.12.60.22.3
2018年03月0.33.00.32.7
2018年02月0.22.80.22.5
2018年01月0.42.70.42.2
2017年12月-0.12.6-0.12.3
2017年11月0.43.10.32.4
2017年10月0.42.80.42.4
2017年09月0.42.60.42.2
2017年08月0.22.40.12.0
2017年07月-0.11.9-0.11.8
2017年06月0.12.00.11.9
2017年05月0.02.40.32.1
2017年04月0.52.50.41.9
2017年03月-0.12.30.01.6
2017年02月0.32.20.31.5
2017年01月0.61.60.41.2
2016年12月0.31.60.21.6
2016年11月0.41.30.41.6
2016年10月0.00.8-0.21.2
2016年09月0.30.70.21.2
2016年08月0.00.00.11.0
2016年07月-0.4-0.2-0.30.7
2016年06月0.50.30.41.3
2016年05月0.4-0.10.31.2
2016年04月0.20.00.10.9
2016年03月-0.1-0.1-0.11.0
2016年02月-0.20.00.01.2
2016年01月0.1-0.20.40.6
2015年12月-0.2-1.00.20.3
2015年11月0.3-1.10.30.5
2015年10月-0.4-1.6-0.30.1
2015年09月-0.5-1.1-0.30.8
2015年08月0.0-0.80.30.9
2015年07月0.2-0.80.30.6
2015年06月0.4-0.70.30.8
2015年05月0.5-1.10.10.6
2015年04月-0.4-1.3-0.20.8
2015年03月0.2-0.80.20.9
2015年02月-0.5-0.6-0.51.0
2015年01月-0.80.0-0.11.6
2014年12月-0.31.10.32.1
2014年11月-0.21.40.01.8
2014年10月0.21.50.41.8
2014年09月-0.11.60.01.6
2014年08月0.01.80.11.8
2014年07月0.11.70.21.6
2014年06月0.41.90.21.8
2014年05月-0.22.0-0.12.0
2014年04月0.62.10.51.9
2014年03月0.51.40.61.4
2014年02月-0.10.9-0.21.1
2014年01月0.21.20.21.3
2013年12月0.11.10.31.2
2013年11月-0.10.70.11.3
2013年10月-0.20.30.21.4
2013年09月-0.10.30.11.2
2013年08月0.31.40.01.1
2013年07月0.02.10.11.2
2013年06月0.82.50.21.7
2013年05月0.51.70.11.7
2013年04月-0.70.60.11.7
2013年03月-0.61.10.21.7
2013年02月0.71.70.21.7
2013年01月0.21.40.21.8
2012年12月-0.31.30.12.0
2012年11月-0.81.50.12.2
2012年10月-0.22.3-0.22.1
2012年09月1.12.10.02.3
2012年08月1.72.00.22.5
2012年07月0.30.50.42.5
2012年06月0.10.70.22.6
2012年05月-1.00.70.22.7
2012年04月-0.21.90.22.7
2012年03月0.02.80.32.9
2012年02月0.42.80.22.6
2012年01月0.13.10.42.5
米国の生産者物価指数(PPI)とコアPPIの時系列データ(ヒストリカルデータ)
テキストのコピーはできません。