[お知らせ] 景況感のピークアウト後、株価は上昇する?下落する?

成長株と割安株どちらが優位?グロース/バリュー相対株価の掲載開始

追加指標
スポンサーリンク

ページ紹介

当サイト「株式マーケットデータ」の以下のページで、グロース/バリュー相対株価の掲載を開始しました。

グロース/バリュー相対株価
米国(アメリカ)の「グロース/バリュー相対株価」の推移(チャートと時系列)を掲載。グロース株(成長株)への投資が優位か、バリュー株(割安株)への投資が優位かわかります。実質金利との連動性、日本株との関係・影響のわかりやすい解説も掲載。

「グロース/バリュー相対株価」ページは、

メニュー米国市場

グロース/バリュー相対株価のページ紹介

メニューの「米国市場」のページ内にある「株価指数(米国)」の欄にあります。

スポンサーリンク

グロース/バリュー相対株価

グロースバリュー相対株価

今回掲載を開始した「グロース/バリュー相対株価」は、グロース株(成長株)への投資が優位か、バリュー株(割安株)への投資が優位かがわかる指標です。

これまで当サイトでは「グロース株指数」と「バリュー株指数」を掲載していましたが、これはそれぞれS&P500の構成銘柄のうち、グロース株を対象にした指数とバリュー株を対象にした指数で、このグロース株指数をバリュー株指数で割ったものが、今回掲載を開始した「グロース/バリュー相対株価」です。つまり、米国のグロース株とバリュー株、どちらが優位かを示した指標です。

グロース株が優位かバリュー株が優位かを測る指標としてはこれが最もポピュラーで、通常はこれを見ます。メディアでもよく出てきますね。

一方、バリュー株指数をグロース株指数で割った「バリュー/グロース相対株価」もよく出てくると思いますが、どっちをどっちで割るかの違いだけで意味は同じものですので、当サイトでは「グロース/バリュー相対株価」を掲載しました。

なせ「グロース/バリュー相対株価」の方にしたかというと、「グロース/バリュー相対株価」は「ST倍率」との連動性もありますので、比較する際に見やすいからです。

「グロース/バリュー相対株価」が「ST倍率」と連動性があるということは、日本株とも関係があるということです。ST倍率の「T」はTOPIX(トピックス)ですから。

その解説も「グロース/バリュー相対株価」のページに記載しておきましたし、通常は米国の実質金利と連動しやすい指標ですので、その解説も記載しています。ただ、金利にまともに連動するかと言えばそうでもなくて、そもそもバリュー株はどういった時に買われやすいか、グロース株はどういった時に買われやすいかということをわかった上で見ないと、金利だけアテにして判断してたらダメという解説も記載しておきましたので、是非参照してください。

スポンサーリンク

さて、当サイト「株式マーケットデータ」の各ページの上部には、以下の画像の赤で囲った箇所にフォロー欄がありますので、よかったらご利用されているSNSでフォローしていただけると幸いです。

フォロー欄の紹介

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました