[お知らせ] 株価暴落の予兆シグナル「証拠金債務残高」の掲載を開始

指標(日本)

スポンサーリンク
  • 日経平均のPER・EPS・PBR・配当利回り
    日経平均株価が割安か割高かのバリュエーションを計る指標の一覧です。PERは、昨今何倍から何倍の間で推移しているかの傾向をを見て割安・割高の判断をする指標です。EPSは、断続的に上昇していれば株価上昇要因。ただし資産売却が多い局面でも上がるので注意が必要です。PBRは、1倍以下であれば割安を示しますが、リーマンショック時に0.8倍まで下がったことがあります。日本は配当利回りが世界的に見て低いので魅力は薄いです。株価が下がって配当が上がることはクラッシュ前によくあるのでチェックしておきましょう。
  • PER(TOPIX・トピックス)
  • PER(東証二部・マザーズ・ジャスダック)
  • EPS(TOPIX・トピックス)と会社数
  • EPS(東証二部・マザーズ・ジャスダック)と会社数
  • PBR(TOPIX・トピックス)
  • PBR(東証二部・マザーズ・ジャスダック)
  • 売買代金
    売買代金は、市場で売買が成立した金額です。市場のエネルギーを計ることができる指標です。現在は、東証一部の売買代金が2兆円以上なら市場は活況、2兆円以下なら閑散と判断するのが一般的です。
  • 時価総額(東証一部)
    時価総額は企業価値を評価する指標です。東証一部の時価総額は、名目GDPと比較して割高かを見るのが一般的です。
  • バフェット指標(バフェット指数)ー日本株
    著名投資家ウォーレン・バフェット氏が注目しているバフェット指標の日本株版です。マーケットの過熱感を示す指標です。
  • 騰落レシオ
    騰落レシオは、120%以上で買われ過ぎ、100%でフラット、70%以下で売られ過ぎを示す指標です。騰落レシオは底値圏では一致指標となりやすいですが、高値圏では先行しやすい指標と見るのが一般的です。
  • 騰落レシオ(東証二部)
    東証二部の騰落レシオです。
  • 騰落レシオ(マザーズ)
    マザーズの騰落レシオです。
  • 騰落レシオ(ジャスダック・JASDAQ)
    ジャスダックの騰落レシオです。
  • 投資部門別売買状況
    投資家別の売買状況です。現在どの投資家が買い向かっているのか、売り向かっているのかがわかる需給指標です。市場のリード役を探る上で有効となりやすい指標です。
  • 信用取引残高
    信用取引状況を示した指標一覧です。需給指標で、将来の買い圧力・売り圧力、相場の天井や底を計る指標として見られています。
  • 空売り比率 →売買代金の推移との比較チャートを追加!
    通常は20~30%で推移しやすい指標です。20%割れで相場が天井圏になりやすく、30%以上になれば相場が底値圏になりやすいと見るのが一般的です。ただし、昨今は30%以上で推移しています。空売り規制や日銀のETF買いで浮動株が減少してボラティリティが高まっていることが要因と見られています。
  • 空売り比率(業種別・全33業種) NEW!
    全33業種の業種別の空売り比率です。
  • プット・コール・レシオ(PCR)
    相場に弱気な投資家が増えれば上昇、強気な投資家が増えれば低下する指標です。通常は0.10-1.00で推移します。急落時は4以上も。底値圏で急上昇しピークをつけやすく、相場転換時にPCRは反対に動き始めやすい傾向があります。
  • 裁定取引
    裁定取引の状況を示した指標一覧です。需給指標の代表的な指標で、先高・先安・急落リスクなどを見ることができます。見方や水準のわかりやすい解説も掲載していますので参考にしてください。
  • 移動平均線(日経平均株価)
    一定期間のフェアバリューを示す移動平均線。5日・10日・25日・75日・100日・200日移動平均線を掲載。
  • 移動平均乖離率
    通常、日経平均株価は移動平均乖離率±5%で推移しやすい傾向があります。変動が大きい時で±7%あたりでおさまり、±10%は行き過ぎの傾向があります(個別銘柄の場合は水準が異なります)。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました