[お知らせ] 「仮需比率」の掲載開始!
PR

売買高・出来高(プライム・スタンダード・グロース)

  1. 日本市場の売買高(出来高)の概要
  2. 売買高とは?(出来高とは?)
  3. 売買高(出来高)で市場エネルギーを測ろう!
    1. 売買代金の推移はこちら
    2. 売買高(出来高)の急増は相場つきが変わりやすい
  4. 相場転換のシグナルにもなる・売買高(出来高)と株価の見方
  5. 「プライム市場」「スタンダード市場」「グロース市場」の株価指数の推移はこちら
  6. チャート(日本市場の売買高・出来高)
    1. [日次] プライム市場の売買高(出来高)のチャート
    2. [日次] スタンダード市場の売買高(出来高)のチャート
    3. [日次] グロース市場の売買高(出来高)のチャート
  7. チャート(前市場区分の売買高・出来高)
    1. [日次] 東証一部の売買高(出来高)のチャート(過去データ)
    2. [日次] 東証二部の売買高(出来高)のチャート(過去データ)
    3. [日次] ジャスダックの売買高(出来高)のチャート(過去データ)
    4. [日次] マザーズの売買高(出来高)のチャート(過去データ)
  8. 時系列(historical data)
    1. 2024年(プライム・スタンダード・グロースの売買高(出来高))
    2. 2023年(プライム・スタンダード・グロースの売買高(出来高))
    3. 2022年(プライム・スタンダード・グロースの売買高(出来高))
    4. 2022年(東証一部・東証二部・ジャスダック・マザーズの売買高(出来高))
    5. 2021年

日本市場の売買高(出来高)の概要

売買高(出来高)プライム・スタンダード・グロース

JPX(日本取引所グループ)公表の日本市場の売買高(出来高)の推移です。売買代金とともに市場の投資家の売買に対する意欲の強さ(市場エネルギー)を見ることができる指標です。エネルギー指標は昔から相場転換のシグナル・株価の先行指標になりやすいため注目されています。”相場転換のシグナルにもなる・売買高(出来高)と株価の見方”の欄は要チェックです。

  • 当ページは、プライム市場・スタンダード市場・グロース市場の売買高(出来高)の推移(グラフと時系列)を掲載したページです。
  • 売買高(出来高)は株価に先行しやすい、相場転換のシグナルとなりやすい傾向があります。その解説は「出来高とは」のページを参照してください。
  • 各指数・指標の解説
    売買代金・売買高・売買単位とは
  • Source:JPX(Japan Exchange Group, Inc.:日本取引所グループ)
  • 東証の市場再編に伴い、当ページは「売買高・出来高(東証一部・東証二部・ジャスダック・マザーズ)」から「売買高・出来高(プライム・スタンダード・グロース)」に変更しました。
  • 市場再編で東証一部・東証二部・ジャスダック・マザーズの各市場は廃止されましたが、市場再編前の2022年4月1日分までの「東証一部・東証二部・ジャスダック・マザーズ」の売買高(出来高)も掲載し、市場再編の2022年4月4日からは「プライム市場・スタンダード市場・グロース市場」の売買高(出来高)を掲載しています。
  • Trading volume Japan index(Prime Market,Standard Market,Growth Market,TOPIX,2nd Section,JASDAQ,Mothers) historical data&chart

売買高とは?(出来高とは?)

売買高(読み方:ばいばいだか|英語:trading volume)とは、市場で売買が成立した量(株数)です。「出来高(できだか)」とも呼ばれています。株式が売買された量を示す指標で、売りと買いが合致した数量で示されます。つまり、取引が成立した株数が売買高です。

売買高(出来高)で市場エネルギーを測ろう!

売買高(出来高)は「売買代金」と並んで、量的なエネルギーを測る指標の代表格です。つまり、市場のエネルギーを測ることができる指標です。一般的な指標は株価に注目した指標が多いですが、売買高は市場のエネルギーに着目した指標です。売買高が多いほど取引が活発、売買高が少ないほど取引が低迷していることを示します。

売買代金の推移はこちら

売買高と同様にエネルギー指標の代表格である売買代金の推移は、以下のページで掲載しています。

売買代金(プライム・スタンダード・グロース・日経平均)
日本のプライム・スタンダード・グロース市場と日経平均の売買代金の推移(グラフとチャート・時系列)です。売買代金の移動平均線や東証一部・東証二部・ジャスダック・マザーズの売買代金も掲載。売買代金と株価の関係・見方のわかりやすい解説も掲載。

売買高(出来高)の急増は相場つきが変わりやすい

売買高(出来高)が急増した場合、良くも悪くも市場の売買が活発であることを示します。金融市場で何か良い材料が出て買いが入っているのかもしれませんし、悪い材料が出て売りが入っているのかもしれません。よって、売買高(出来高)が急増した後は、これまでの相場つきが変わりやすくなります。

相場転換のシグナルにもなる・売買高(出来高)と株価の見方

売買高(出来高)と株価の見方・関係を一覧で記載します。必ずそうなるというものではありませんが、一般的な見方は以下の通りです。

  • 売買高(出来高)の増加とともに株価が上昇していれば、相場は強く株価の上昇が続きやすい。
  • 売買高(出来高)の低下とともに株価が上昇していれば、相場の天井は近い。
  • 売買高(出来高)の低下とともに株価が下落していれば、相場は弱く株価の下落が続きやすい。
  • 売買高(出来高)の増加とともに株価が下落していれば、相場の大底は近い。

「プライム市場」「スタンダード市場」「グロース市場」の株価指数の推移はこちら

2022年4月4日の東証の市場再編の新市場区分「プライム市場」「スタンダード市場」「グロース市場」の解説と、市場再編とともに新設された

  • プライム市場の株価指数である「プライム市場指数」と「プライム市場コンポジット指数」
  • スタンダード市場の株価指数である「スタンダード市場指数」と「スタンダード市場TOP20」
  • グロース市場の株価指数である「グロース市場指数」と「グロース市場Core指数」
プライム市場指数・スタンダード市場指数・グロース市場指数
日本のプライム市場指数・プライム市場コンポジット指数・スタンダード市場指数・スタンダード市場TOP20・グロース市場指数・グロース市場コア指数の推移(チャートと時系列)の一覧です。相対チャートや比較チャート、各指数のわかりやすい解説も掲載。

チャート(日本市場の売買高・出来高)

[日次] プライム市場の売買高(出来高)のチャート

プライム市場の売買高(出来高)のチャート

[日次] スタンダード市場の売買高(出来高)のチャート

スタンダード市場の売買高(出来高)のチャート

[日次] グロース市場の売買高(出来高)のチャート

グロース市場の売買高(出来高)のチャート

チャート(前市場区分の売買高・出来高)

[日次] 東証一部の売買高(出来高)のチャート(過去データ)

東証一部の売買高・出来高のチャート

[日次] 東証二部の売買高(出来高)のチャート(過去データ)

東証二部の売買高・出来高のチャート

[日次] ジャスダックの売買高(出来高)のチャート(過去データ)

ジャスダック売買高・出来高のチャート

[日次] マザーズの売買高(出来高)のチャート(過去データ)

マザーズの売買高・出来高のチャート

時系列(historical data)

表の右側が画面に入りきっていない場合は、水平スクロールをご利用ください(スマホの場合は表を横スライド)。パソコンの水平スクロールの方法は以下(Windowsの場合もMacの場合も同様です)。

  • shiftを押しながらマウスのホイールを上下
  • 単位:万株
  • 市場再編に伴い、売買高(出来高)の単位が「千株」から「万株」に変更しています。

2024年(プライム・スタンダード・グロースの売買高(出来高))

日付 プライム スタンダード グロース
06.18 141,403 38,016 19,558
06.17 157,082 41,492 17,614
06.14 215,662 41,004 17,633
06.13 161,802 48,951 18,996
06.12 150,127 43,685 12,814
06.11 137,719 47,267 15,412
06.10 132,952 39,465 14,270
06.07 134,640 38,667 13,182
06.06 165,286 39,074 14,881
06.05 171,743 41,178 16,694
06.04 170,486 39,645 12,265
06.03 167,604 36,572 9,966
05.31 298,398 39,656 12,818
05.30 170,870 37,315 12,988
05.29 179,926 44,193 15,806
05.28 150,047 45,360 14,657
05.27 137,756 42,923 15,981
05.24 139,976 44,082 19,012
05.23 156,422 57,447 13,951
05.22 154,459 47,166 12,865
05.21 157,678 48,402 11,362
05.20 180,371 45,056 12,560
05.17 184,255 43,724 10,257
05.16 221,709 47,106 11,504
05.15 214,682 44,458 12,615
05.14 211,328 43,697 11,182
05.13 197,474 42,537 9,608
05.10 232,067 42,527 9,598
05.09 170,146 45,120 7,972
05.08 169,499 46,279 8,189
05.07 165,038 42,105 8,804
05.02 149,274 38,467 8,791
05.01 162,301 34,704 9,957
04.30 207,443 39,766 7,294
04.25 186,122 42,805 10,059
04.24 159,431 40,708 10,395
04.23 174,055 42,868 10,549
04.23 143,044 43,275 8,981
04.22 170,828 42,291 7,756
04.19 216,875 46,409 13,040
04.18 152,028 45,807 11,545
04.17 177,851 43,860 12,938
04.16 197,840 43,801 13,977
04.15 160,886 43,664 11,972
04.12 163,518 45,515 11,306
04.11 160,735 45,722 10,850
04.10 146,306 51,269 10,767
04.09 155,143 54,095 10,991
04.08 156,579 42,267 13,432
04.05 182,633 39,754 13,181
04.04 198,441 44,684 14,380
04.03 179,795 41,782 15,015
04.02 173,605 46,188 13,822
04.01 189,505 42,173 12,560
03.29 175,159 36,028 13,121
03.28 198,744 34,382 11,548
03.27 189,669 35,549 11,392
03.26 157,175 38,448 12,837
03.25 161,094 43,477 12,741
03.22 192,481 40,748 12,412
03.21 221,465 39,937 16,533
03.19