[お知らせ] 本当の期待インフレ率はどれだ?FRBの共通インフレ期待指数の掲載開始!

対外直接投資(日本)

スポンサーリンク

日本の対外直接投資について

対外直接投資
為替の使い
為替の使い

日本の対外直接投資を見れば、日本円と外貨の実需がわかる。対外直接投資は、為替の需給(需要と供給)の基礎となるもの。「円売り外貨買い(円売りドル買い)」圧力や、「円買い外貨売り(円買いドル売り)」圧力が測れる。

  • 当ページは、日本の対外直接投資の解説と推移(グラフと時系列)を掲載したページです。
  • 各指数・指標の解説「対外直接投資とは
  • Source:財務省
  • 対外直接投資(実行ー回収)
  • 対外直接投資の暦年と月次を掲載
  • 速報値を掲載し、確報値で修正があった場合は上書きして掲載しています。
  • 英語:direct foreign investment(japan)
スポンサーリンク

対外直接投資とは?

対外直接投資(たいがいちょくせつとうし)とは、日本企業(国内企業)による海外への直接投資です。

わかりやすく簡単に

対外直接投資は、日本企業が海外に子会社や支店を設立したり、海外企業に資本参加・買収(M&A)等を行うための投資、ということです。つまり、日本企業が海外で事業を行うための海外への投資です。

グリーンフィールド投資とは・M&A投資とは

海外に子会社や支店を設立する投資を「グリーンフィールド投資」といい、海外企業に資本参加・買収(M&A)等を行うための投資を「M&A投資」といい、対外直接投資はこの2つに大別されます。

対内直接投資より対外直接投資を見る

対外直接投資に対して、海外から日本への直接投資を対内直接投資といいますが、対内直接投資は額が少なくあまり影響力はないので、対外直接投資を見るのが基本です。

日本の対外直接投資

近年の日本の対外直接投資は、対米・対欧州で約6-7割を占めています。また、非製造業による投資が伸びており、グリーンフィールド投資よりM&A投資が多くなっています。自社をグローバル展開するためにグローバル企業を買収する動きが多くなっており、製造業では電気自動車などの成長分野への投資が多い傾向があります。

大型のM&Aがあれば対外直接投資が大きく増える

上述の通り、日本の対外直接投資はM&A投資が増えている状況です。また、当ページ下部の対外直接投資のグラフ(暦年)を見ると、近年は対外直接投資の増加傾向が顕著ですが、2019年に大きく増加しています。これは武田薬品工業がシャイアーを買収したことが大きく影響しています。

なぜ対外直接投資が増えている?その理由

近年、対外直接投資が増えている状況ですが、なぜ対外直接投資が増えているのでしょうか?対外直接投資が増えているということは日本から海外にお金が流れているということです。日本の対外直接投資はグローバル化を図る企業の投資であったり、成長分野への投資が主ですので、対外直接投資が増えているということは企業のグローバル化の動きが活発であったり、成長性を取り込もうとする動きが活発であることを示します。日本から海外、つまりバリュー(価値)からグロース(成長性)にお金が流れていることを示しています。

スポンサーリンク

対外直接投資のグラフの見方

対外直接投資は、”日本から海外への投資”です。対外直接投資がプラスであれば買い越し、対外直接投資がマイナスであれば売り越しを示します。近年はプラスで上昇している傾向ですので、日本から海外にお金が流れている量が増えている、ということです。

さて、「対外直接投資がプラスであれば買い越し」と書きましたが「プラスであれば日本から海外に資金流出」と言い換えることもできます。ゆえに、対外直接投資がプラスであれば資金流出、対外直接投資がマイナスであれば資金流入、を意味します。

対外直接投資とドル円

対外直接投資は、為替の需給(需要と供給)の基礎となるものです。為替需給のうち、最もドル円に影響力を与えるのが日本の対外直接投資ですので、非常に注目度が高いです。

円売りとドル買い(円安ドル高)・円買いとドル売り(円高ドル安)

円売りや円買い、ドル売りやドル買い、円安ドル高、円高ドル安の解説は、以下のページを参照してください。

日本の対外直接投資は日本から海外への直接投資ですので、これを見れば日本円と外貨の実需がわかります。海外への直接投資を行う場合、外貨が必要になります。円を売って対象となる外貨を買う必要がありますので、日本の対外直接投資の買い越し(増加)は「円売り・外貨買い」圧力となります。対象がドルであれば「円売り・ドル買い(円安ドル高)」圧力となります。逆に、日本の対外直接投資の売り越し(減少)は「円買い・外貨売り」圧力となります。対象がドルであれば「円買い・ドル売り(円高ドル安)」圧力となります。対外直接投資の見方は、まずこれがベースになります。

為替の使い
為替の使い

ドル円の推移は、以下のページで掲載。

ドル円・ユーロ円 ・ユーロドル
各通貨ペアの為替レート当ページは、ドル円・ユーロ円 ・ユーロドルの推移(チャートと時系列)を掲載したページです。日米金利差の推移ドル円に相関性・連動性の高い日本と米国(アメリカ)の金利差の推移は、以下のページ...

対外直接投資が増加・減少してもドル円が動かない理由

上述の「円売りとドル買い・円買いとドル売り」の欄で解説したように、日本の対外直接投資の増加・減少は円や外貨の実需を示しますので為替相場の上昇・下落圧力となりやすいですが、例えば対象がドルと見られる大型M&Aの案件があっても、近年はドル円が動かない場合があります。これは、日本企業が海外企業を買収する資金の調達方法が多様化したためと考えられています。例えば、海外での売り上げが多い日本企業であれば、すでに外貨を持っていますのでそれを買収資金に充てる、外貨建て社債を発行するなどです。日本企業としては、大型M&Aの報道が出て買収する前に円安に進んでしまうと、買収資金がより必要になってしまいますので、そうならないように工夫をすることが多くなっています。

グラフ(対外直接投資・日本)

スポンサーリンク

月次

日本の対外直接投資のグラフ・チャート
  • 拡大表示はこちら
  • グラフは拡大表示することができます。拡大されたグラフにカーソルを合わせれば、カーソルの位置のデータが表示されます。
  • 「K」は千単位

暦年

対外直接投資(年)

時系列

単位:億円

月次

スポンサーリンク
日付対外直接投資(日本)
2021年08月19,253
2021年07月19,244
2021年06月7,326
2021年05月11,925
2021年04月13,264
2021年03月20,685
2021年02月12,878
2021年01月28,091
2020年12月18,596
2020年11月8,690
2020年10月6,993
2020年09月7,920
2020年08月10,083
2020年07月19,644
2020年06月30,916
2020年05月13,694
2020年04月17,753
2020年03月23,273
2020年02月12,302
2020年01月13,309
2019年12月35,233
2019年11月17,351
2019年10月8,988
2019年09月8,495
2019年08月24,409
2019年07月15,673
2019年06月16,295
2019年05月20,913
2019年04月22,225
2019年03月27,175
2019年02月13,303
2019年01月72,380
2018年12月10,945
2018年11月27,826
2018年10月8,651
2018年09月17,595
2018年08月13,750
2018年07月14,778
2018年06月18,843
2018年05月13,622
2018年04月9,853
2018年03月13,340
2018年02月10,546
2018年01月17,292
2017年12月26,000
2017年11月8,474
2017年10月10,055
2017年09月15,590
2017年08月9,194
2017年07月13,758
2017年06月16,244
2017年05月18,883
2017年04月7,852
2017年03月31,044
2017年02月25,864
2017年01月12,304
2016年12月22,358
2016年11月13,365
2016年10月16,202
2016年09月45,724
2016年08月-12,595
2016年07月24,373
2016年06月16,067
2016年05月10,567
2016年04月8,659
2016年03月21,146
2016年02月16,795
2016年01月10,841
2015年12月15,368
2015年11月12,877
2015年10月17,150
2015年09月12,038
2015年08月15,545
2015年07月13,464
2015年06月7,198
2015年05月24,477
2015年04月11,036
2015年03月11,195
2015年02月14,161
2015年01月13,081
2014年12月14,529
2014年11月15,076
2014年10月16,421
2014年09月7,546
2014年08月8,285
2014年07月10,809
2014年06月7,440
2014年05月9,962
2014年04月23,164
2014年03月9,617
2014年02月8,755
2014年01月15,018
2013年12月20,663
2013年11月7,316
2013年10月10,075
2013年09月8,370
2013年08月7,542
2013年07月38,870
2013年06月11,601
2013年05月11,239
2013年04月15,808
2013年03月9,734
2013年02月3,751
2013年01月7,993
2012年12月12,053
2012年11月4,884
2012年10月9,834
2012年09月8,328
2012年08月6,830
2012年07月5,859
2012年06月10,741
2012年05月9,462
2012年04月8,187
2012年03月3,476
2012年02月8,465
2012年01月5,878
2011年12月9,176
2011年11月14,190
2011年10月6,567
2011年09月12,971
2011年08月6,013
2011年07月10,450
2011年06月7,528
2011年05月6,865
2011年04月7,426
2011年03月2,818
2011年02月3,888
2011年01月4,516
2010年12月9,259
2010年11月5,412
2010年10月10,946
2010年09月5,385
2010年08月3,961
2010年07月5,005
2010年06月6,888
2010年05月4,754
2010年04月4,403
2010年03月5,734
2010年02月5,896
2010年01月1,504
2009年12月3,640
2009年11月5,666
2009年10月7,812
2009年09月9,643
2009年08月3,609
2009年07月9,997
2009年06月5,830
2009年05月1,689
2009年04月6,741
2009年03月10,259
2009年02月1,664
2009年01月2,222
2008年12月26,110
2008年11月5,034
2008年10月25,018
2008年09月6,154
2008年08月4,623
2008年07月6,252
2008年06月6,038
2008年05月3,393
2008年04月2,479
2008年03月7,106
2008年02月7,932
2008年01月14,408
2007年12月11,331
2007年11月5,989
2007年10月3,299
2007年09月3,749
2007年08月5,033
2007年07月3,791
2007年06月5,272
2007年05月8,078
2007年04月15,699
2007年03月8,118
2007年02月4,936
2007年01月10,855
2006年12月6,375
2006年11月9,326
2006年10月9,433
2006年09月6,771
2006年08月4,945
2006年07月3,363
2006年06月8,262
2006年05月5,514
2006年04月2,542
2006年03月8,404
2006年02月-952
2006年01月3,722
2005年12月8,734
2005年11月4,807
2005年10月3,626
2005年09月5,217
2005年08月6,609
2005年07月4,444
2005年06月3,930
2005年05月3,212
2005年04月4,283
2005年03月5,304
2005年02月3,674
2005年01月3,364
2004年12月5,797
2004年11月3,486
2004年10月2,330
2004年09月3,853
2004年08月3,543
2004年07月4,706
2004年06月4,417
2004年05月3,099
2004年04月5,460
2004年03月3,597
2004年02月2,342
2004年01月1,363
2003年12月4,297
2003年11月2,487
2003年10月2,501
2003年09月4,591
2003年08月1,660
2003年07月6,653
2003年06月3,960
2003年05月2,206
2003年04月2,832
2003年03月5,178
2003年02月1,410
2003年01月2,163
2002年12月4,893
2002年11月3,634
2002年10月2,178
2002年09月2,845
2002年08月2,016
2002年07月1,986
2002年06月2,366
2002年05月2,277
2002年04月3,274
2002年03月3,256
2002年02月3,780
2002年01月6,490
2001年12月4,115
2001年11月3,032
2001年10月3,645
2001年09月3,661
2001年08月1,690
2001年07月3,531
2001年06月-33
2001年05月1,374
2001年04月2,689
2001年03月4,290
2001年02月2,483
2001年01月12,534
2000年12月3,818
2000年11月2,188
2000年10月3,429
2000年09月12,886
2000年08月2,454
2000年07月7,032
2000年06月2,473
2000年05月3,184
2000年04月2,488
2000年03月4,561
2000年02月2,146
2000年01月1,858
1999年12月2,930
1999年11月1,823
1999年10月1,655
1999年09月1,168
1999年08月3,281
1999年07月1,773
1999年06月2,180
1999年05月7,597
1999年04月1,345
1999年03月1,621
1999年02月736
1999年01月1,674
1998年12月4,266
1998年11月939
1998年10月2,221
1998年09月-3,044
1998年08月1,482
1998年07月2,590
1998年06月2,102
1998年05月1,877
1998年04月2,559
1998年03月5,575
1998年02月2,507
1998年01月2,235
1997年12月2,734
1997年11月1,839
1997年10月2,256
1997年09月2,732
1997年08月2,530
1997年07月2,724
1997年06月3,348
1997年05月2,085
1997年04月3,242
1997年03月1,545
1997年02月1,388
1997年01月2,529
1996年12月2,961
1996年11月1,598
1996年10月1,081
1996年09月1,753
1996年08月2,481
1996年07月2,680
1996年06月2,724
1996年05月2,598
1996年04月2,765
1996年03月2,293
1996年02月4,009
1996年01月1,673
日本の対外直接投資の時系列データ(月次)

暦年

スポンサーリンク
日付対外直接投資(日本)
2020年183,174
2019年282,440
2018年177,041
2017年195,262
2016年193,502
2015年167,591
2014年146,622
2013年152,960
2012年93,998
2011年92,408
2010年69,147
2009年68,772
2008年114,546
2007年86,150
2006年67,705
2005年57,205
2004年43,995
2003年39,939
2002年38,997
2001年43,012
2000年48,516
1999年27,783
1998年25,309
1997年28,954
1996年28,617
日本の対外直接投資の時系列データ(暦年)
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました