本文へスキップ

米国(アメリカ)サービス業PMI(購買担当者景気指数)の推移・時系列

米国サービス業PMIIHS Markit U.S. Services Purchasing Managers Index

<スマホ対応>
https://stock-marketdata.com/



米国サービス業PMI

  • 各指数・指標の解説「米国サービス業PMIとは
  • ISM製造業景況指数との違いや見方については「ISM非製造業景況指数とは」も参照してください。
  • 米国サービス業PMI:Markit United States Services Purchasing Managers Index
  • 米国(アメリカ)
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は改定値を上書きして掲載しています。

用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


米国サービス業PMIとは(見方や株価・ドルへの影響をわかりやすく解説)

米国サービス業PMIは、米国のサービス部門の景況感を示す指標です。景況感の指標は景気動向を計るための重要な経済指標としてとらえられており、米国の景気動向に先行するマインド指標として扱われています。米国サービス業PMIは、サービス部門の民間企業約400社の購買担当者にアンケート調査し、それを指数化した指標です。対象としているセクターは、消費者(小売り除く)、輸送、情報、通信、金融、保険、不動産、ビジネスサービス。調査回答は月後半に収集され、指数は前月と比較した変化を示します。

米国サービス業PMIは、0から100の間で推移し、50を超えれば前月と比較して全体的な増加を示し(景況感が良好)、50未満は減少(景況感の悪化)を示しています。見方は、事前の市場予想と比較することが重要で、市場予想値より高ければ好感、低ければ失望されやすいです。通常は、市場予想より高ければドル買いドル高)要因、低ければドル売りドル安)要因となります。ドルの価値を示す指標として「ドルインデックス(ドル指数)」がありますので、併せて見ておいた方がいいです。


米国サービス業PMIとISM非製造業景況指数の違い

米国サービス業PMIと似た指標に「ISM非製造業景況指数」があります。「非製造業」とは、主にサービス業のことを指します。
ISM非製造業景況指数は、大企業を中心としたサーベイであるのに対し、米国サービス業PMIは、ISM製造業景況指数より調査対象が多く、中小企業も含まれるため(民間企業の情報しか含まれていない)、米国のサービス部門全体を反映しやすい特徴があります。そのため、ISM非製造業景況指数と米国サービス業PMIはセットで見た方がいいです。






米国サービス業PMIのチャート(ISM非製造業景況指数との比較)







2020 2019
12月 52.8
11月 51.6
10月 50.6
9月 54.6 50.9
8月 55.0 50.7
7月 50.0 53.0
6月 47.9 51.5
5月 37.5 50.9
4月 26.7 53.0
3月 39.8 55.3
2月 49.4 56.0
1月 53.4 54.2
2018 2017 2016 2015 2014
12月 54.4 53.7 53.9 54.3 53.3
11月 54.7 54.5 54.6 56.1 56.2
10月 54.8 55.3 54.8 54.8 57.1
9月 53.5 55.3 52.3 55.1 58.9
8月 54.8 56.0 51.0 56.1 59.5
7月 56.0 54.7 51.4 55.7 60.8
6月 56.5 54.2 51.4 54.8 61.0
5月 56.8 53.6 51.3 56.2 58.1
4月 54.6 53.1 52.8 57.4 55.0
3月 54.0 52.8 51.3 59.2 55.3
2月 55.9 53.8 49.7 57.1 53.3
1月 53.3 55.6 53.2 54.2 56.7
2013 2012
12月 55.7 53.0
11月 55.9 53.8
10月 49.3 52.7
9月 57.7 50.7
8月 56.7 52.0
7月 57.2 51.2
6月 56.3 53.2
5月 54.9
4月 53.8
3月 53.2
2月 53.9
1月 53.1

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。






ナビゲーション



バナースペース


charTrade(チャートレード)


charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、姉妹サイト「投資戦略」で展開中!

charTradeのPR動画はこちら


Infomation

当サイトは

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。

https://stock-marketdata.com/