[お知らせ] 教えて!シラー教授!米国株は割高ですか?割安ですか?

ビッグマック指数(BMI)

ビッグマック指数について

ビッグマック指数

為替の使い
為替の使い

ビッグマック指数は、購買力平価に基づいた指数である。世界各国のマクドナルドのビッグマックの価格を比較して、通貨の公正価値を測る指数である。為替レートを理論的に解釈するためのツールで、教科書に載るほど世界標準の指数となっている。簡単に言えば、通貨の割高・割安を測る指数だが、為替レートを正確に測定する指数ではない。

  • 当ページは、ビッグマック指数の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • 各指数・指標の解説「購買力平価説とは
  • Source:The Economist
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は上書きして掲載しています。
  • 英語:BMI/The Big Mac index
スポンサーリンク

ビッグマック指数とは?

ビッグマック指数とは、英国(イギリス)の経済誌「エコノミスト(The Economist)」が1986年に考案した、世界各国のマクドナルドの”ビッグマック”1個の価格を比較することによって経済力を測り、通貨が正しいレベルにあるかを測定するための指数です。

マクドナルドのビッグマックは、全世界でほぼ同一品質・サービスで販売されており、各国の経済状況によって単価が決定されるため、各国のビッグマックの価格を比較すれば購買力が測れる、つまり、その通貨で財やサービスを購入することができる能力が測れる、という考え方を基に考案されたのがビッグマック指数です。

発表日(公表日)

ビッグマック指数は、例年1月と7月の月末に発表・公表されます(ずれる場合もあります)。2011年以前は変則的に公表されていました。

購買力平価の解説

ビッグマック指数は購買力平価(PPP:Purchasing Power Parity)の理論に基づいており、購買力平価とは長期的な2国間の為替レートは同一商品とサービスのバスケット(ビッグマック指数の場合はハンバーガー)の価格と等しくなるレートに向かうという概念です。ただし、エコノミストはビッグマック指数が為替レートの誤差を正確に測定するものではなく、為替レートを理論的に解釈するためのツールに過ぎないとしています。一方で、ビッグマック指数は、経済の教科書に載るほど世界標準の指数となっており、学術研究の主題にもなる指数となっています。

わかりやすく簡単に

例えばボールペン1本が日本では100円で売られていて、米国で1ドルで売られていた場合、100円と1ドルで同じものが買えるため、100円と1ドルの購買力(財やサービスを購入することができる能力)は等しい、つまりドル円は1ドル=100円が釣り合いが取れている、という理論が購買力平価です。

この例は「絶対的購買力平価」というものですが、絶対的購買力平価は一物一価が成立しない限り成立しません。一物一価は、すべての財やサービスの取引が自由に行える市場では同じ商品の価格は1つになるという法則ですが、財やサービスが自由に貿易されている必要があるため、絶対的購買力平価は成立しません。

一方、「相対的購買力平価」という理論があり、これは2国間の為替レートはそれぞれの国のインフレ率によって決まるというもので、長期的な為替レートの決定理論として現在主流となっていますが、これもすべての財やサービスが同じ割合で変動する条件下を基にした理論であるため、これも厳密には成立しません。

これらのことからエコノミストが発表しているように、ビッグマック指数は為替レートを理論的に解釈するためのツールに過ぎないものの、購買力平価は為替レートを解釈する判断材料の一つであり、加えてビッグマックは全世界でほぼ同じ商品で販売されていて各国の物価水準や為替相場が比較できることから、ビッグマック指数は古くから注目されています。

ビッグマック指数の見方

ビッグマック指数は、厳密には成立しない購買力平価に基づいて、比較する通貨が過大評価されているか過少評価されているかが測れる指数です。つまり、比較する通貨の割高・割安が測れる指数です。

例えば、日本で売られているビッグマックの価格が390円、米国で売られているビッグマックの価格が5ドルであった場合、ドル円の為替レートは”1ドル=78円”が妥当ということになります(計算式:390円÷5ドル=78)。

この時、実際に為替市場で取引されているドル円の為替レートが110円であった場合「(78円÷110円)-1×100=-29.09」で、ビッグマック指数は-29.09%となります。これは、ドルに対して円が29.09%過小評価されていることを示しています。ゆえに、ビッグマック指数だけで見れば、今後円は強くなるだろう(円高)という見方になります。と同時に、物価は経済成長率が影響しますので、例えば日本の経済成長率が上昇するのであればインフレが進み、ビッグマックの価格は今後どんどん高くなるだろうという見方もできます。ただ、米国のビッグマックの価格が5ドルでドル円の為替レートが110円であれば、米国のビッグマック価格は5ドル×110円で550円となりますので、強烈なインフレがない限りそれは考えにくいです。

GDP調整後のビッグマック指数について

さて、通常のビッグマック指数は、人件費が安く貧しい国の方が裕福な国よりビッグマックの価格が安いという批判があります。そこでエコノミストはそれに対応するため、GDPで調整したビッグマック指数も公表しています。一人当たりGDPで調整したビッグマック指数であるため、エコノミストは現在の通貨の公正価値をより示す指数になっているとしています。

当ページでは、通常のビッグマック指数とGDP調整後のビッグマック指数の両方を掲載しています。

世界各国のビッグマック指数の一覧(最新版)

2021年7月公表分

表の意味

  • 現地通貨価格:現地通貨のビッグマック価格
  • ドル価格:米ドルのビッグマック価格
  • PPP:購買力平価(米ドル)
  • GDP:一人当たりGDP(米ドル)
  • ビッグマック指数(BMI):通常のビッグマック指数(米ドル)・単位(%)
  • GDP調整後BMI:GDP調整後のビッグマック指数(米ドル)・単位(%)

表の右側が画面に入りきっていない場合は、水平スクロールをご利用ください(スマホの場合は表を横スライド)。パソコンの水平スクロールの方法は以下(Windowsの場合もMacの場合も同様です)。

  • shiftを押しながらマウスのホイールを上下
現地通貨価格ドル価格PPPGDPビッグマック指数
(BMI)
GDP調整後
BMI
アラブ首長国連邦14.754.015626912.6106194731,982.23-28.927-7.801
アルゼンチン380.003.9446196267.25663728,554.64-30.18416.341
オーストラリア6.554.792962501.1592920452,824.82-15.169-8.072
アゼルバイジャン3.952.324897000.699115044,218.00-58.851-27.617
バーレーン1.503.978779840.2654867322,402.00-29.5790.453
ブラジル22.904.363026684.053097356,783.05-22.77831.512
カナダ6.775.313554671.1982300943,278.22-5.95510.225
スイス6.507.044161471.1504424886,849.4724.6756.486
チリ2,990.003.93791528529.2035412,989.60-30.30210.207
中国22.403.456950173.9646017710,483.88-38.815-0.376
コロンビア12,950.003.370543792292.03545,335.59-40.3443.455
コスタリカ2,370.003.83656555419.46902711,982.28-32.0968.632
チェコ89.004.0824470815.752212422,578.83-27.7442.881
デンマーク30.004.743908035.3097345160,494.20-16.037-14.21
エジプト42.502.712188907.522123893,586.97-51.997-14.871
ユーロ圏4.275.022587500.7557522137,918.92-11.1059.189
英国3.494.750413500.6176991240,406.28-15.9221.022
グアテマラ26.003.357091214.601769914,288.75-40.5824.424
香港21.002.701694353.7168141646,753.46-52.182-45.572
ホンジュラス87.003.6640835615.39823012,382.88-35.14916.826
クロアチア24.003.751142934.2477876114,072.08-33.6083.686
ハンガリー900.002.94459210159.29203515,820.10-47.883-20.196
インドネシア34,000.002.342001036017.699123,921.62-58.549-26.807
インド190.002.5464048833.62831861,964.88-54.931-18.362
イスラエル17.005.163955593.0088495643,688.58-8.6036.748
ヨルダン2.133.004231310.376991154,259.26-46.828-6.517
日本390.003.5475508369.026548740,146.07-37.211-24.386
韓国4,600.003.99878298814.15929231,496.77-29.225-7.765
クウェート1.254.155585110.2212389422,105.09-26.455.241
レバノン37,000.001.681818186548.67257-70.233
スリランカ700.003.50877193123.8938053,678.73-37.89810.002
モルだビア52.002.892102349.203539824,365.85-48.812-10.128
メキシコ64.003.1785053611.32743368,421.19-43.743-6.102
マレーシア9.992.364776901.7681415910,269.86-58.146-31.677
ニカラグア128.003.6357129322.65486731,869.71-35.65116.707
ノルウェー57.006.3022422710.088495667,176.4311.5448.568
ニュージーランド6.904.762725001.2212389441,127.16-15.7040.648
オマーン1.152.986625110.2035398214,215.58-47.139-17.581
パキスタン580.003.60024829102.6548671,260.01-36.27916.508
ペルー12.903.264913572.283185846,083.87-42.214-0.726
フィリピン142.002.8202581925.13274343,330.36-50.084-11.184
ポーランド13.433.437551992.3769911515,653.56-39.158-6.662
カタール13.003.570447682.3008849652,144.16-36.806-31.149
ルーマニア10.602.531222391.8761061912,797.10-55.2-29.004
ロシア169.002.2675432729.911504410,037.24-59.866-34.305
サウジアラビア14.003.732636572.4778761120,178.23-33.936-3.531
シンガポール5.904.312077471.0442477958,902.22-23.68-21.084
スウェーデン54.006.195147139.5575221251,796.389.64919.795
タイ128.003.9012496222.65486737,190.37-30.95117.001
トルコ19.992.336030853.53805318,548.18-58.654-31.096
台湾72.002.5670737112.743362828,305.92-54.565-38.937
ウクライナ65.002.3879500411.50442483,653.11-57.735-25.112
ウルグアイ225.005.1136363639.823008815,777.96-9.49338.654
米国5.655.65000000163,415.9900
ベネズエラ30,164,100.008.346483465338778.7647.725
ベトナム69,000.002.9962872112212.38943,498.98-46.968-5.846
南アフリカ33.502.284739985.929203545,067.15-59.562-29.634
世界各国のビッグマック指数の一覧表

チャート(日本のビッグマック指数・購買力平価など含む)

チャートの意味

  • ビッグマックの円価格
  • ビッグマック指数:日本のビッグマック指数(対米ドル)
  • GDP調整後ビッグマック指数:日本のGDP調整後のビッグマック指数(対米ドル)
  • 購買力平価:日本の購買力平価(米ドル)
  • 一人当たりGDP:日本の一人当たりGDP(米ドル)

ビッグマックの円価格と日本のビッグマック指数のチャート

ビッグマック指数のチャート
スポンサーリンク

日本の購買力平価と一人当たりGDPのチャート

日本の購買力平価と日本の一人当たりgdpのチャート
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました