本文へスキップ

グローバル製造業PMIの推移・時系列

グローバル製造業PMIJPMorgan Global Manufacturing PMI

<スマホ対応>
https://stock-marketdata.com/



グローバル製造業PMI

  • 各指数・指標の解説「PMI(購買担当者景気指数)
  • JPモルガン・グローバル製造業PMI(購買担当者景気指数):JPMorgan Global Manufacturing PMI
  • データ(date)の改定値が変更となった場合は上書きしています。
  • 米国製造業PMIの推移は「米国製造業PMI」で掲載しています。

用語


わからない用語があればこちらで検索してください。


グローバル製造業PMIとは(わかりやすく簡単に解説)

グローバル製造業PMIは、英調査会社IHSマークイット(Markit)が公表している、世界の製造業の景況感(センチメント)を示した指標です。世界の製造業の景気状況を示しています。

PMI(購買担当者景気指数)とは、購買担当者に景況感をアンケート調査して、受注や受注残、生産生産、価格や購買数量などの指数の一定のウェイトをかけて指数化したものです。購買担当者は、需要や取引先の動向を見極めて仕入れを行うため、今後の景況感を敏感に反映しやすいとされており、マクロ指標の先行指標として将来の景気を占う経済指標として用いられています。


グローバル製造業PMIの水準と株価との関係

PMIは、50を景況感の分岐点としており、50を上回れば景況感が良い、50を下回れば景況感が悪いという見方をする指標です。グローバル製造業PMIは、50を上回れば世界的に景気拡大感が強まりリスクオンになりやすい、50を下回れば世界的に景気減速感が強まってリスクオフになりやすいことを示します。

また、グローバル製造業PMIがピークから下降が続いている過程では世界の景況感への懸念から株価は下がりやすくなる傾向があり、逆にグローバル製造業PMIがボトムをつけて上昇する過程では世界の景況感の改善が期待される傾向があります。グローバル製造業PMIは、リーマンショック後に35を割ったことがあります。


景気循環の起点となりやすい

製造業は世界の景気循環の起点となりやすい傾向があります。個人消費より変動が大きく、サービス業とは違って貿易を通じて世界の経済活動と連動しやすいためです。グローバル製造業PMIの景況感が貿易量の上下に影響しやすい傾向があります。 また、グローバル製造業PMIは、世界の実質GDPに先行しやすい傾向もあります。






チャート







年月 グローバル製造業PMI
2020年3月 47.6
2019年2月 47.1
2020年1月 50.4
2019年12月 50.1
2019年11月 50.3
2019年10月 49.8
2019年9月 49.7
2019年8月 49.5
2019年7月 49.3
2019年6月 49.4
2019年5月 49.8
2019年4月 50.4
2019年3月 50.5
2019年2月 50.6
2019年1月 50.8
2018年12月 51.4
2018年11月 52.0
2018年10月 52.0
2018年9月 52.2
2018年8月 52.6
2018年7月 52.8
2018年6月 53.0
2018年5月 53.1
2018年4月 53.5
2018年3月 53.4
2018年2月 54.2
2018年1月 54.4
2017年12月 54.5
2017年11月 54.0
2017年10月 53.5
2017年9月 53.2

当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。






ナビゲーション



バナースペース


charTrade(チャートレード)


charTrade(チャートレード)とは、チャートを見てトレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

charTradeは、姉妹サイト「投資戦略」で展開中!

charTradeのPR動画はこちら


Infomation

当サイトは

の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの記事を活用します。

https://stock-marketdata.com/