[お知らせ] 騰落レシオ(NYダウ・ナスダック・S&P500)の掲載開始

日銀短観(業況判断指数DI)

スポンサーリンク

業況判断指数DIについて

日銀短観(業況判断指数di)

日本企業の経営者の最新の業況が反映される指標です。株価への影響も大きいため注目度が高いです。

  • 当ページは、日銀短観(業況判断指数DI)の解説と推移(チャートと時系列)を掲載したページです。
  • 各指数・指標の解説「日銀短観(企業短期経済観測調査)とは
  • Source:日本銀行
  • 大企業製造業業況判断指数DI(最近/先行)の推移を掲載しています。
スポンサーリンク

日銀短観とは(概要)

日銀短観(読み方:にちぎんたんかん)とは、日本銀行が四半期ごとに公表している、3,6,9,12月に行う企業への業況調査(アンケート調査)です。正式には「全国企業短期経済観測調査」といいます。3,6,9,12月に行った調査を、4月初・7月初・10月初・12月央に公表されています。

業況判断指数DIとは

日銀短観では、業況判断指数「DI」が算出・公表されています。DI(英語:Diffusion Index)とは、企業の業況感や設備、雇用人員の過不足などの各種判断を指数化したものです。簡単にいうと、企業の好況感比率です。

DIの計算方法

業況調査では、企業の収益を中心とした業況について「良い・さほど良くない・悪い」の3つの選択肢が用意されています。この選択肢毎の回答社数を単純集計し、全回答社数に対する回答社数構成百分比を算出してから以下の式で算出されてます。

  • DI=「良い」の回答社数構成百分比ー「悪い」の回答社数構成百分比

例えば、100社(全回答社数)の中で、「良い」と回答した企業が20社あり(回答者数構成百分比は20%となる)、「悪い」と回答した企業が25社あれば(回答者数構成百分比は25%となる)、「20%-25%」で、DIは「-5%ポイント」となります。

DIは注目度が高い(時系列の見方)

このDIは、景気を判断する指標として注目度が高いです。というのも、日銀短観の業況調査の回収率は常に100%近くありますので、企業経営者の最新の業況が反映されていると捉えられているためです。ゆえに、株価への影響も高い指標となっています。

当ページでは、最も注目度が高い大企業製造業のDIの推移を掲載しています。大企業製造業のDIは、日本企業の景況感(業況感)の現実的な数値として捉えられています。DIは「最近」と「先行」が公表されています。「最近」は企業の足元の動向が数値として表れており、「先行」は先行きの見通しが数値として表れています。

見方は、例えば下の表の「2019年9月」の欄が「5/2」となっていますが、前の数値の”5”が「最近」、後の数値の”2”が「先行」を示しています。

スポンサーリンク

チャート(日銀短観・業況判断指数DI)

日銀短観業況判断指数diチャート
  • 拡大表示はこちら
  • チャートは「拡大表示はこちら」で拡大できます。拡大表示されたチャートにカーソルを合わせれば、カーソルの位置のデータが表示されます。

時系列

スポンサーリンク
日付最近先行
2021年06月1413
2021年03月54
2020年12月-10-8
2020年09月-27-17
2020年06月-34-27
2020年03月-8-11
2019年12月00
2019年09月52
2019年06月77
2019年03月128
2018年12月1915
2018年09月1919
2018年06月2121
2018年03月2420
2017年12月2621
2017年09月2219
2017年06月1715
2017年03月1211
2016年12月108
2016年09月66
2016年06月66
2016年03月63
2015年12月127
2015年09月1210
2015年06月1516
2015年03月1210
2014年12月129
2014年09月1313
2014年06月1215
2014年03月178
2013年12月1614
2013年09月1211
2013年06月410
2013年03月-8-1
2012年12月-12-10
2012年09月-3-3
2012年06月-11
2012年03月-4-3
2011年12月-4-5
2011年09月24
2011年06月-92
2011年03月6-2
2010年12月5-2
2010年09月8-1
2010年06月13
2010年03月-14-8
2009年12月-24-18
2009年09月-33-21
2009年06月-48-30
2009年03月-58-51
2008年12月-24-36
2008年09月-3-4
2008年06月54
2008年03月117
2007年12月1915
2007年09月2319
2007年06月2322
2007年03月2320
2006年12月2522
2006年09月2421
2006年06月2122
2006年03月2022
2005年12月2119
2005年09月1918
2005年06月1817
2005年03月1414
2004年12月2215
2004年09月2621
2004年06月2221
2004年03月1212
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました