[お知らせ] 日本国債VIX指数の掲載開始!

イールドカーブ(日本)

日本のイールドカーブ(利回り曲線)について

日本のイールドカーブ

コクサイダー
コクサイダー

現在の日本のイールドカーブ(利回り曲線)と、過去(1ヶ月前・6カ月前・1年前)のイールドカーブが比較して見れるページです。過去から現在のイールドカーブの変化がわかり、順イールド・逆イールド・フラット化・スティープ化も一目瞭然です。

日本のイールドカーブは、日銀(日本銀行)のイールドカーブコントロール(以下に解説)によって調節されています。

イールドカーブの解説

当サイト「株式マーケットデータ」では、米国のイールドカーブも掲載しています。イールドカーブの解説はわかりやすく簡単に、以下の米国のイールドカーブのページに掲載していますので参照してください。当ページでは、日銀のイールドカーブコントロールについて簡単に触れておきます。

イールドカーブ(利回り曲線・米国)
米国(アメリカ)のイールドカーブ(利回り曲線)のチャートと時系列です(速報)。米財務省公表分、現在と過去が比較できます。短期金利と長期金利の関係の分析、国債への投資の指標、そして将来の米国の景気動向やFRBの金融政策を予測する際に見られます。

イールドカーブコントロールとは?

イールドカーブコントロール(YCC:Yield Curve Control)とは、金融市場調節で長期金利短期金利の操作を行うことです。イールドカーブコントロールは「長短金利操作(ちょうんたんきんりそうさ)」とも呼ばれています。日銀(日本銀行)は、このイールドカーブコントロールを2016年9月21日の日銀金融政策決定会合で導入を決定しました。

長期金利と短期金利を操作する

イールドカーブコントロールは、毎回の日銀金融政策決定会合で決定する金融市場調節方針で、日銀当座預金(日本銀行当座預金)に適用する短期金利と10年国債金利の操作目標の2つの金利水準が示され、国債の買い入れ額のメドを示した上で長期金利の操作方針を実現するよう運営されています。短期金利は日銀当座預金のうち、政策金利残高にマイナス金利が適用され、長期金利(10年国債金利)はゼロ程度で推移するよう買い入れが調整されています。

日銀当座預金とは?
日銀当座預金とは、日銀が金融機関等から受け入れている当座預金です。日銀は準備金制度で対象となる金融機関に、預金等の一定比率以上を日銀に預け入れることを義務化しています。この金額の最低金額を「法定準備預金額」といい、この法定準備預金額を超えて日銀に預け入れている当座預金、または準備預り金を「超過準備(ちょうかじゅんび)」といいます。この超過分には金利が付されます。

スティープ化が狙い・時に指値オペも

イールドカーブコントロールは、日銀の金融政策でイールドカーブがフラット化したため導入された金融政策で、イールドカーブを立たせる「スティープ化」を狙いとしています。また、日銀はイールドカーブコントロールを行うにあたり、日銀が指定する利回りで国債を買い入れる「指値オペ」も導入しています。

イールドカーブのフラット化やスティープ化の解説も、上記のリンク先「イールドカーブ(利回り曲線・米国)」のページに記載していますので参照してください。

日本国債利回りの推移

日本国債利回りの解説と推移(チャートと時系列)は、以下のページで掲載しています。

日本の国債利回り(2年債・5年債・10年債・30年債)
日本国債の新発債の利回りの推移(チャートと時系列)です。国債のわかりやすい解説も掲載。2年国債・5年国債・10年国債・30年国債の利回りと利回り差を掲載。特に新発10年国債利回りは日本の長期金利の指標となっていますので注目度が高いです。

チャート(日本のイールドカーブ)

日本のイールドカーブ(利回り曲線)のチャート
  • 拡大表示はこちら
  • 過去分はそれぞれ月末時点です(例えば、現在が2021年9月15日であれば、”6カ月前”のイールドカーブは2021年3月末時点のイールドカーブを表示しています。「月末時点」とは、その月の最終営業日を指します)
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました