[お知らせ] 「PCEスーパーコア」の掲載開始!
PR

潜在GDP(米国・アメリカ)

米国の潜在GDPの概要

潜在gdp

米国(アメリカ)の潜在GDPの推移と解説を掲載したページです。潜在GDPは「経済の最大の持続可能な産出量」と言われるその国の供給力を表した指標です。

  • 当ページは、米国の潜在GDPの推移(チャートと時系列)と解説を掲載したページです。
  • Source:米議会予算局(CBO:Congressional Budget Office)
  • 速報値を掲載し、改定値で修正があった場合は上書きして掲載しています
  • US potential GDP-historical data&chart

潜在GDPとは?

潜在GDP(読み方:せんざいじーでぃーぴー|英語:potential GDP)とは、景気循環の影響を均してみた平均的な供給力を表した指標です。

「需要(じゅよう)」と「供給(きょうきゅう)」の解説はこちら

潜在GDPをわかりやすく簡単に解説

潜在GDPは、簡単にいうとその国の供給力を表した指標です。潜在GDPは「経済の最大の持続可能な産出量」とも言われますが、現在の経済の実力通りのもとで発揮できる平均的な供給力を意味します。資本・生産性・労働力を目一杯利用した場合、あるいは過去の平均的な水準まで投入された場合に実現可能な総産出量を意味します。

潜在GDPは推計値?潜在GDPの公表日(発表日)は、いつ?

潜在GDPは客観的なデータとして観察できるものではないため、何らかの方法で推計されています。日本の場合は日本銀行調査統計局が定期的に推計を行っており、米国の場合はCBO(米議会予算局)が推計・公表しています。当ページでは、そのCBO公表の最新の潜在GDP(実質)の推移を掲載しています。データ更新時は、当サイトの「お知らせ」のページ(トップページ)の”更新情報”の欄や公式X(ツイッター)等でお知らせします。推計値は推計手法によって大きく異なる値をとりうるほか、様々な推計誤差が含まれますので十分な幅を持って評価する必要があります(推計手法が見直されれば修正しています)。潜在GDPの公表日は概ね2月と7月ですが、不定期ですので1カ月程度前後する場合があります。

実際のGDPと潜在GDPの違いは?

GDP(国内総生産)は、実際のGDPと潜在GDPがあります。

実際の米国のGDPである「名目GDP」と「実質GDP」は、以下のページで掲載しています。

名目GDPと名目GDP成長率(米国・アメリカ)
米国(アメリカ)の名目GDPと名目GDP成長率(伸び率)のチャートと時系列です(米商務省BEA経済分析局公表分)。最新データを速報で掲載。名目経済成長率を表す指標で計算方法などの解説も掲載。マネーストック(マネーサプライ)と比較して見よう。
実質GDPと実質GDP成長率(米国・アメリカ)
米国(アメリカ)の実質GDPと実質GDP成長率のチャートと時系列です(速報)。実質GDPとは、モノの量がどれだけ増えたかを示す指標です。実質GDP成長率は、米国の実質経済成長率を表します。わかりやすい解説も掲載。

実際のGDPは実際の需要である現実のGDPです。それに対し、潜在GDPは現在の経済の実力通りのもとで発揮できる平均的な供給力で、その国の供給力を示す指標です。ただし、推計値ですので仮想の供給力を示しています。潜在GDP、つまり供給力は短期的にはあまり変動しない特徴があります。

潜在成長率(潜在GDP伸び率)と潜在GDP

潜在成長率(せんざいせいちょうりつ)とは、潜在GDPの伸び率です。潜在成長率は「潜在GDP伸び率」とも呼ばれています。潜在GDPは、この潜在成長率の推計に用いられるほか、需給ギャップの推計にも用いられます。

米国の潜在成長率の推移と解説は、以下のページで掲載しています。

潜在成長率(米国・アメリカ)
米国(アメリカ)の潜在成長率(潜在GDP成長率)のチャートと時系列です(CBO公表分・速報)。過去から現在、そして将来の予測の推移と実質金利との比較チャートを掲載。潜在成長率は実質GDPの成長率(伸び率)。経済成長率と比較して見ましょう。

需給ギャップと潜在GDP

実際のGDPと潜在GDPの差を表した指標が「需給ギャップ(じゅきゅうぎゃっぷ)」です。

実際のGDPは需要、潜在GDPは供給ですので、需給ギャップは需要と供給のバランスを示した指標です。経済の活動水準を表しており、インフレ圧力の目安となる指標であるため注目度が高いです。需給ギャップを見れば、現在の経済が良い状態なのか悪い状態なのかがわかります。潜在GDP、つまり供給力は短期的に大きく変動するものではないので、需給ギャップは需要の強弱を見る目安となります。

米国の需給ギャップは、以下のページで掲載しています。デマンドプルインフレとコストプッシュインフレといったインフレの質の見方の解説も記載していますので参照してください。

需給ギャップ(GDPギャップ)米国・アメリカ
CBO(米議会予算局)公表の米国の需給ギャップ(GDPギャップ)のチャートと時系列です。過去から現在、今後10年間の予測値の推移を掲載。米国の需要が強いのか弱いのかがわかり、インフレ時にコストプッシュ型かデマンドプル型かを見る際にも注目されます。

チャート(潜在GDP)

米国の潜在GDPのチャート

米国(アメリカ)の潜在gdpのチャート

時系列(historical data)

CBO公表の今後10年間の潜在GDPの予測値も掲載しています。時系列データは、CBO公表とともに最新データに置き換わります。

期間潜在GDP(米国)
2034-4Q28,084.960000
2034-3Q27,961.070000
2034-2Q27,837.220000
2034-1Q27,712.650000
2033-4Q27,588.280000
2033-3Q27,463.340000
2033-2Q27,338.240000
2033-1Q27,212.790000
2032-4Q27,087.320000
2032-3Q26,961.580000
2032-2Q26,835.870000
2032-1Q26,709.950000
2031-4Q26,583.730000
2031-3Q26,457.330000
2031-2Q26,330.690000
2031-1Q26,204.220000
2030-4Q26,077.470000
2030-3Q25,950.840000
2030-2Q25,823.760000
2030-1Q25,696.670000
2029-4Q25,569.200000
2029-3Q25,441.260000
2029-2Q25,312.750000
2029-1Q25,183.910000
2028-4Q25,055.540000
2028-3Q24,926.790000
2028-2Q24,798.630000
2028-1Q24,670.440000
2027-4Q24,543.910000
2027-3Q24,416.350000
2027-2Q24,288.110000
2027-1Q24,159.380000
2026-4Q24,028.630000
2026-3Q23,898.710000
2026-2Q23,768.360000
2026-1Q23,637.930000
2025-4Q23,506.600000
2025-3Q23,375.800000
2025-2Q23,245.600000
2025-1Q23,116.580000
2024-4Q22,988.830000
2024-3Q22,862.690000
2024-2Q22,739.000000
2024-1Q22,618.150000
2023-4Q22,495.190000
2023-3Q22,369.710000
2023-2Q22,246.230000
2023-1Q22,125.820000
2022-4Q22,006.866810
2022-3Q21,894.185820
2022-2Q21,782.011210
2022-1Q21,673.978010
2021-4Q21,567.144860
2021-3Q21,461.036490
2021-2Q21,355.872470
2021-1Q21,254.623030
2020-4Q21,153.567570
2020-3Q21,052.641690
2020-2Q20,952.629010
2020-1Q20,850.066360
2019-4Q20,747.194720
2019-3Q20,643.267420
2019-2Q20,536.797850
2019-1Q20,430.440830
2018-4Q20,325.133490
2018-3Q20,220.773070
2018-2Q20,117.449220
2018-1Q20,016.510040
2017-4Q19,918.534080
2017-3Q19,823.404090
2017-2Q19,730.977710
2017-1Q19,641.429240
2016-4Q19,552.480750
2016-3Q19,464.222220
2016-2Q19,376.032570
2016-1Q19,287.689450
2015-4Q19,199.319390
2015-3Q19,110.640060
2015-2Q19,021.587420
2015-1Q18,932.381550
2014-4Q18,843.653950
2014-3Q18,755.442380
2014-2Q18,667.949930
2014-1Q18,582.072060
2013-4Q18,496.905830
2013-3Q18,412.633030
2013-2Q18,329.244980
2013-1Q18,246.141320
2012-4Q18,163.428580
2012-3Q18,082.198670
2012-2Q18,001.828780
2012-1Q17,922.486980
2011-4Q17,844.749650
2011-3Q17,768.329630
2011-2Q17,693.452510
2011-1Q17,620.923840
2010-4Q17,550.876630
2010-3Q17,483.434750
2010-2Q17,418.487910
2010-1Q17,356.748290
2009-4Q17,296.781100
2009-3Q17,237.646310
2009-2Q17,177.087720
2009-1Q17,113.130320
2008-4Q17,045.158730
2008-3Q16,971.788270
2008-2Q16,894.423400
2008-1Q16,814.127070
2007-4Q16,731.370540
2007-3Q16,648.122890
2007-2Q16,565.400440
2007-1Q16,483.839010
2006-4Q16,403.589740
2006-3Q16,324.186890
2006-2Q16,240.359210
2006-1Q16,152.343430
2005-4Q16,061.948180
2005-3Q15,968.892620
2005-2Q15,873.330390
2005-1Q15,776.041310
2004-4Q15,675.864190
2004-3Q15,573.871470
2004-2Q15,473.370370
2004-1Q15,375.237090
2003-4Q15,278.799420
2003-3Q15,184.294890
2003-2Q15,091.222150
2003-1Q14,998.239460
2002-4Q14,905.916780
2002-3Q14,813.452000
2002-2Q14,719.748100
2002-1Q14,624.267360
2001-4Q14,525.433300
2001-3Q14,421.408940
2001-2Q14,311.603360
2001-1Q14,194.964060
2000-4Q14,071.299450
2000-3Q13,940.472290
2000-2Q13,802.283820
2000-1Q13,657.543530
米国(アメリカ)の潜在GDPの時系列データ(ヒストリカルデータ)